(54)【考案の名称】電力回生照明装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、自然光や人工光の光エネルギーを太陽電池モジュールによる電気エネルギーとして蓄電し、該電力をLEDへ送電し再利用するシステムに関する。
【0028】
人工光エネルギーを太陽電池モジュール1で電力エネルギーとして蓄電池2へ蓄電し、その電力エネルギーをLEDへ送電することで人工的な光のエネルギーが発生する、このようにして、光のエネルギーと電力エネルギーが交互にエネルギー変換できる構造の装置で光のエネルギーと電力エネルギーのどちらかを補給することでエネルギーの循環が可能である産業へ利用できる。
【0029】
1.太陽電池モジュール
2.蓄電池
3.LED
4.配線
5.スイッチ
6.台
7.支持体又は、筐体

【従来の技術】

【0002】
従来、太陽電池モジュール1と蓄電池2とLED3で構成する構造の夜間照明装置は存在する。
【0003】

【効果】

【0024】
LED3より放射された光が効率よく太陽電池モジュール1へ照射することで電力は高効率で発電する、その電力を蓄電池2へ蓄電し、蓄電した電力をLED3へ通電する、そのLED3の放射光が太陽電池モジュール1により電力に変換され、さらに、その電力が蓄電されることで、電力の回生利用が可能となる電力回生照明装置。
【0025】
現在太陽電池モジュール1における変換効率は23%くらいであるから、LED3点灯時における太陽電池モジュール1の発電量は微量であるが、太陽電池モジュール1の変換効率が上昇すれば電力の回生量も向上する、したがって、本構造の電力回生照明装置の性能は向上する。

(57)【要約】

【課題】照明用LEDの放射光エネルギーを太陽電池モジュールで電力エネルギーに変換し蓄電池へ蓄電し、その電力でLEDを点灯し光エネルギーを出力する電力回生照明装置を提供する。【解決手段】照明用LED3の放射光エネルギーを太陽電池モジュール1で電力エネルギーに変換し蓄電池2へ蓄電し、その電力でLEDを点灯し、さらに、その光エネルギーを太陽電池モジュールで電力として蓄電池へ蓄電し、その蓄電電力をLEDへ送電し、LEDの放射光で光エネルギーとすることで光のエネルギーと電力エネルギーの循環構造を可能とした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):