(54)【考案の名称】可搬型ソーラー電源装置

(73)【実用新案権者】株式会社美和技研

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、移動式のソーラー電源装置の、移動、設置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
近年、建物の屋根や、広大な平地等にソーラーパネルを並べて、太陽光による発電をするシステムが注目されている。
【0003】
しかし、従来の太陽光発電システムは、太陽光を受光するソーラーパネルを固定するため、発電された電力を使用する場所が制限されてきた。
【0004】
前記問題を解決するために、太陽光発電を任意の場所で行うことができる、移動式のソーラー発電機が発明されている(特許文献1)。
【0005】
また、上記発明の課題点であった十分な発電量を得られない問題を解決するために、折り畳み式のソーラーパネルを取り付けた移動式のソーラーパネルの開発がされた(実用新案文献1)。
【0006】
しかしながら、考案の詳細な説明4ならびに5で記載の移動式ソーラーシステムは、四輪タイヤの手押し式で、砂利、草地、砂地等の悪路での運搬に問題があった。
【0007】
また、考案の詳細な説明4ならびに5で記載の移動式ソーラーシステムは、太陽光発電の性質上、太陽光を広い面積のソーラーパネルに照射して発電する必要があるため、設置時に不安定な足場などでは、十分な安定性が保てず、また、前記移動式ソーラーシステムが突風、強風などの突発的、または持続的な強い風にさらされた際、転倒する危険性について言及していなかった。
【0008】

【効果】

【0015】
本考案の可搬型ソーラー電源装置は、以下の効果が得られる。
1.ソーラー電源装置を、二輪台車式の可搬型にすることにより、一般的な広場や道路だけでなく、凹凸が激しく路面状況の悪い場所や、砂地、草木の生い茂った悪条件な場所への移動がよりスムーズなものになり、例えば、災害の被災地、山間部、海辺など電源供給量が乏しい場所への速やかな電源供給を可能とする。
2.また、本考案の二輪台車式の運搬方法を採用する事で、より小回りが利き、細い路地や、湾曲した道等を移動する際にも便利である。また、日照角度の調整をする際にも、ソーラーパネルを展開した状態で、大型二輪タイヤの一方を軸に、もう一方の大型二輪タイヤと全方位移動可能な補助キャスターで荷台を回転させることで、容易にソーラーパネルの向きを変える事が出来る。
3.不安定な足場、突風、持続的な強風などで転倒の危険性があった、本考案より以前の移動式ソーラー電源装置に比べ、本考案の可搬型ソーラー電源装置は、アジャスタ式のスタンドを装備し、車高長、固定幅を状況に応じて調整する事により、上記記載の危険な状況を回避し、より安全に固定する事ができる。
4.上記アジャスタ式のスタンドを収納する際、本考案の可搬型ソーラー電源装置の底面部へ、折り畳み式の収納形態をとる事により、アジャスタ式スタンドから下方に伸びる固定脚を地面と水平にし、ソーラーパネルを展開した状況での移動、方向転換時に固定脚の地面との接触、引っかかりを防止する。また、移動、方向転換後にアジャスタ式スタンドを展開するだけで、速やかに本考案の可搬型ソーラー電源装置を固定する事が出来る。
5.前記制御ボックスに、畜電量を表示するバッテリ残量計を配置する事により、過充電の回避や、電力使用可能期間の目安を立てる事が出来、効率的に電気の使用と充電をする事が出来る。

(57)【要約】

【課題】任意の場所で十分な蓄電量を保有し、電源装置を使用出来るのみならず、砂利道、草地など、さまざまな悪条件下での容易な運搬と、設置時に十分な安定性を保つことができる移動式ソーラー電源装置を提供する。【解決手段】開閉角度調節可能なソーラーパネル11の荷台16に、太陽光により発電された電力を蓄電するためのバッテリ、蓄電した電源を使用する為のコンセントと、バッテリの残量計が付いた制御ボックス21を取り付ける。運搬手段として、荷台に二輪のタイヤ13、補助用のキャスターと運搬用ハンドル15を取り付け、キャスター付き二輪台車式の可搬型とし、荷台に収納可能で、固定時に足の長さと固定幅を調節できるアジャスタ式のスタンド31を取り付ける。また、制御ボックスを、角度調整が可能な収納式にする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):