(54)【考案の名称】収納袋の展開折り畳み構造

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、物品を収納する収納袋に関し、特に、展開或いは折り畳みがしやすく、且つ複合的な用途に用いることができる、収納袋の展開折り畳み構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
体積を小さくし、しまいやすくするため、現在、既に多くの種類の従来型折り畳み式収納箱が存在している。例えば、従来における設計は、軟質の布地から作られた矩形の箱体からなり、前記箱体上端の四辺にそれぞれ上水平棒が設けられ、前記箱体下端の相対する両辺にそれぞれ下水平棒が設けられ、前記箱体における四つの垂直辺にそれぞれ立棒が設けられる。さらに、隣接する前記上水平棒の端部間、隣接する前記下水平棒の端部間、及び前記立棒と上・下水平棒の端部間には、適切な距離が保たれる。前記箱体の垂直壁面には、それぞれ対角に交差した折線が形成される。以上の構造に基づき、軟質の前記箱体は、前記立棒と前記上水平棒と前記下水平棒に支えられることにより、物品を入れるための収納箱を成すとともに、捻って扁平状に折り畳むことができる。
【0003】
また、従来における改良型収納箱は、収納箱の箱体に蓋体が被せられ、前記箱体内の各角に直立した支え棒が設けられ、前記支え棒によって前記蓋体の四つの角が支えられる。
【0004】
従来の収納箱は、部品が多く構造が複雑であるため、使用時に不便で扱いにくく、部品がなくなりやすいといった問題があり、且つ製造コストが高くなる。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
そこで、本考案は、自由に展開或いは折り畳むことができ、構造が簡素で扱いが簡便であることにより、製造コストを下げるとともに大きな収納スペースを作り出し、且つ携帯に便利な収納袋、及び持ち運び収納袋として利用することができる、収納袋の展開折り畳み構造を提供することを目的とする。

(57)【要約】

【課題】本考案は、展開或いは折り畳みがしやすく、且つ複合的な用途に用いることができる、収納袋の展開折り畳み構造を提供する。【解決手段】本考案は、フレーム体と、袋体とからなる。前記フレーム体は、さらにコの字型を呈する第一フレーム及び第二フレームからなる。前記第一・二フレームの二つの自由端の間は、可動に結合されるとともに、互いに重なった状態に折り畳むことができる。前記袋体は、軟質の材料から作られるとともに、上端に開口が設けられ、且つ前記開口の周辺と前記第一・二フレームの下端が結合される。以上の構造により、フレーム体が展開すると同時に、袋体が広がって収納スペースを形成することができる。また、フレーム体が折り畳まれた時、同時に袋口も折り畳まれ、持ち運び収納袋として使用することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):