(54)【考案の名称】線香が倒れない線香立て

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
(1)この考案は、一般家庭の仏壇にある線香立ての構造に関するものである。
(2)線香が倒れない線香立ての、構造に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、線香立ての器の中には、灰か砂を入れて、その中に線香を刺して立てていた。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
線香が倒れて、器から落ちて周囲に火が移り火災に至るのを防ぐ。

【効果】

【0005】
線香が倒れて落ちることによる火災を防ぐ効果がある。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本考案の平面図である。
【図2】本考案の立断面図である。
【図3】網Aの平面図である。
【図4】網Bの平面図である。
【図5】網Cの平面図である。
【図6】網Dの平面図である。
【図7】網Eの平面図である。
【図8】網Fの平面図である。

【0007】
以下、本考案を実施すするための形態について説明する。
線香立ての器(1)の中に、極細金属線(4)を張った網の層で構成する本考案の本体を入れる。
網は、上から(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)に配置するものである。
各網(A)(B)(C)(D)(E)(F)は、極細金属線(4)の方向が直角に交差する配置である。
上から見ると、図1のごとく網に見える。
線香(5)を、この網(A)(B)(C)(D)(E)(F)の目に立てる。
本考案は、以上のような構造である。
【0008】
1 線香立ての器
2 線香立て本体脚
3 網の金属枠
4 極細金属線
5 線香

(57)【要約】

【課題】仏壇の線香が倒れない、安全な線香立てを提供する。【解決手段】線香立ての器1の中に、灰の代わりに極細金属線4の網の層A、B、C、D、E、Fを置いて、線香5を網の目に立てる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):