(54)【考案の名称】カレンダー

(73)【実用新案権者】有限会社サンケイプリント社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、3ヶ月分を一覧可能なカレンダーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来使用されているカレンダーには、1ヶ月毎に1枚で表示されるもの、又は2ヶ月毎に1枚に表示されるもの、さらに1年分の12ヶ月が1枚で表示されるもの等があった。これらのカレンダーの基本的な使用方法は、表示されている当月が終了した時に1枚ずつ破いて破棄し、翌月を表示することである。
一般にカレンダーには先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などが忘れないように記入され、このため多少の記入用余白が設けてあるカレンダーのほうが利用者の利便性が高く重宝されている。この点、1年分の12ヶ月を1枚で表わしたカレンダーは大型の紙面を使用しているが、12ヶ月分を表示しているため予定などを記入する余白はないことが多い。
また、複数枚一綴りのカレンダーの場合、1枚に当月分のみでなく、将来月(少なくとも翌月)の予定や行事を記入できるとさらに利用者の利便性が高まり好ましい。
一方、上記のとおりカレンダーは当月が終了した時に破棄するものであるから過去月(前月)に何があったかという過去の行事や行為については思い出せないことが多い。このため日にちを置いて繰返して行事や行為があり、これを予定としてカレンダーに記入する場合などには、過去月(前月)に記入した予定や行事をそのまま参照できることに一定の利便性が生ずる。
【0003】
上記の事情から、1枚に3ヶ月分を表示するカレンダーが求められ、その関連技術として、最初の1枚に3ヶ月分を横方向(左から昇順)に一列に並べて印刷し、各月ごとに他の部分と切り離し可能な縦横方向のミシン線を利用して、終了した月(例えば1月)の該当部分を切り離すと、次の1枚の3ヶ月後の月(例えば4月)の部分が視認可能となり、常に3ヶ月分を一覧可能なカレンダーを提供する技術が開示されている(特許文献1参照)。
【0004】

【効果】

【0009】
本考案によれば、切り取り動作はすべて横方向の一回の動作で済み、かつ、前頁の残存領域の見た目のバランスもよく、少なくとも1年間における将来月が存在する場合には当月分及び少なくとも1ヶ月分の将来月を含む3ヶ月分を一覧可能なカレンダーを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案の実施の形態に係るカレンダーの正面図である。
【図2】本考案の実施の形態に係るカレンダーの各頁における切り取り方法を説明する図である。
【図3】本考案の実施の形態に係るカレンダーの各頁における取り除き方法を説明する図である。
【図4】本考案の実施の形態に係るカレンダーの斜視図である。

【0011】
以下、本考案の一実施の形態を図面を参照しつつ説明する。本実施形態のカレンダーCは、5頁一綴りの七曜表示のカレンダーであり、3ヶ月分を一覧表示することができる。本実施形態のカレンダーCは、カレンダー用紙取付部材100と、七曜表示の印刷が施された各カレンダー用紙10〜50からなる。
【0012】
カレンダー用紙取付部材100は、厚紙などの平板状部材(ここでは横420mm×縦25mm、厚み寸法略3mm)からなり、紙製であるので資源ごみ・燃やすごみとして環境に優しい。なお、材質はその他のものであってもよい。
また、カレンダー用紙取付部材100には、穴部101が設けられ、釘や画鋲などで壁に留めたり、紐を通して吊り下げたりすることができる構成となっている。なお、穴部の位置や形状・数は任意であり、種々の態様が適用可能である。さらに、穴部101はカレンダー用紙取付部材100の上部に突設する部分に設けられることであってもよい。
【0013】
カレンダー用紙取付部材100に各カレンダー用紙10〜50が取り付けられている(図4も参照)。各カレンダー用紙10〜50のカレンダー用紙取付部材100への取り付け方法は周知の手法が用いられてよく、例えば糊付けされている。
カレンダー用紙は、1頁目のカレンダー用紙10と、2頁目のカレンダー用紙20と、3頁目のカレンダー用紙30と、4頁目のカレンダー用紙40と、5頁目のカレンダー用紙50とから構成されている。各頁は、略A2サイズ(横420mm×縦594mm)の矩形であり、上下方向の上部略1/3の位置に横一線となるミシン目による切取線(図中では破線で表示。)が設けられる。なお、各頁の形状は、矩形に限らず、半円形やその他、任意の形状であってもよい。また、切取線は分離可能に形成されていればどのような態様でもよく、折込線・切込線や薄部・凹部・開口部などにより実現されてもよい。
【0014】
1頁目のカレンダー用紙10には、上記の切取線よりも上方の領域11(ここでは横420mm×縦180mm)に最初の月である「1月」の日付が1月のタイトルと共に七曜表示され、さらに、各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。なお、最初の月は「1月」に限らず、「4月」や「9月」等であってもよい。
また、1頁目のカレンダー用紙10には、上記の切取線よりも下方の領域12(ここでは横420mm×縦360mm)に、表紙となるような文字や図形などがあらわされていてもよい。
なお、1頁目のカレンダー用紙10には、領域12のさらに下方にフッター領域(ここでは横420mm×縦49mm)が設けられて所定の文字や図形などがあらわされることであってもよい。後述する、2〜5頁目のカレンダー用紙20〜50についても同様にフッター領域(ここでは横420mm×縦49mm)が設けられてよい。
【0015】
2頁目のカレンダー用紙20には、上記の切取線よりも上方の領域21(ここでは横420mm×縦180mm)に前頁(1頁目)の該領域(領域11)に表示された月から3ヶ月後の月である「4月」の日付が4月のタイトルと共に七曜表示され、さらに、各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。
また、2頁目のカレンダー用紙20には、上記の切取線よりも下方の領域22(ここでは横420mm×縦360mm)のうち上下方向の上部略1/2の領域には、最初の月の1ヶ月後の月である「2月」の日付が2月のタイトルと共に七曜表示され、さらに、各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。さらに、領域22のうち上下方向の下部略1/2の領域には、最初の月の2ヶ月後の月である「3月」の日付が3月のタイトルと共に七曜表示され、さらに、各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。が表示され、
【0016】
3頁目のカレンダー用紙30には、上記の切取線よりも上方の領域31(ここでは横420mm×縦180mm)に前頁(2頁目)の該領域(領域21)に表示された月から3ヶ月後の月である「7月」の日付が7月のタイトルと共に七曜表示され、さらに、各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。
また、3頁目のカレンダー用紙30には、上記の切取線よりも下方の領域32(ここでは横420mm×縦360mm)のうち上下方向の上部略1/2の領域には、前頁(2頁目)の該領域に表示された月から3ヶ月後の月である「5月」の日付が5月のタイトルと共に七曜表示され、さらに、各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。さらに、領域32のうち上下方向の下部略1/2の領域には、前頁(2頁目)の該領域に表示された月から3ヶ月後の月である「6月」の日付が6月のタイトルと共に七曜表示され、さらに、各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。
【0017】
4頁目のカレンダー用紙40には、上記の切取線よりも上方の領域41(ここでは横420mm×縦180mm)に前頁(3頁目)の該領域(領域31)に表示された月から3ヶ月後の月である「10月」の日付が10月のタイトルと共に七曜表示され、さらに、各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。
また、4頁目のカレンダー用紙40には、上記の切取線よりも下方の領域42(ここでは横420mm×縦360mm)のうち上下方向の上部略1/2の領域には、前頁(3頁目)の該領域に表示された月から3ヶ月後の月である「8月」の日付が8月のタイトルと共に七曜表示され、さらに、各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。さらに、領域42のうち上下方向の下部略1/2の領域には、前頁(3頁目)の該領域に表示された月から3ヶ月後の月である「9月」の日付が9月のタイトルと共に七曜表示され、さらに、各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。
【0018】
5頁目のカレンダー用紙50には、上記の切取線よりも上方の領域51(ここでは横420mm×縦180mm)には、任意の表示がなされてよいが、例えば翌年の最初の月である「1月」の日付が1月のタイトルと共に七曜表示され、さらに、各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられていると利用者の利便性が高まる。
また、5頁目のカレンダー用紙50には、上記の切取線よりも下方の領域52(ここでは横420mm×縦360mm)のうち上下方向の上部略1/2の領域には、前頁(4頁目)の該領域に表示された月から3ヶ月後の月である「11月」の日付が11月のタイトルと共に七曜表示され、さらに、各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。さらに、領域52のうち上下方向の下部略1/2の領域には、前頁(4頁目)の該領域に表示された月から3ヶ月後の月である「12月」の日付が12月のタイトルと共に七曜表示され、さらに、各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。
【0019】
次に、上記のような構成の本実施形態のカレンダーCの使用方法を図2及び図3も参照して説明する。
【0020】
まず、カレンダーCの使用開始時には1頁目のカレンダー用紙10の上記の切取線よりも下方の領域12を利用者は手指によって上記の切取線に沿って切り取る(図2参照)。これにより、2頁目のカレンダー用紙20の上記の切取線よりも下方の領域22が露出して視認可能となる。したがって、当月分「1月」と、将来月の翌月分「2月」と、将来月の翌々月分「3月」の計3ヶ月分を一覧表示することとなる。各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。
3ヶ月分であるが見易く表示するとともに、横一直線等で切り取りできるので切り取り・取り除き動作が最小回数かつ小さな力で可能となり利用者の負担が軽減される。また、当月分の利用が可能となることはもちろん、翌月分・翌々月分の将来月が表示されるので予定などを記入することもできて利便性が向上する。さらに、1頁目のカレンダー用紙10うち切り取られなかった残存領域(領域11)の見た目の左右バランスが悪いという状態は回避され、高いデザイン性を実現している。
【0021】
次に、1頁目のカレンダー用紙10の領域11に表示される月である「1月」が終了した時には、該領域11を利用者は手指によってカレンダーCのカレンダー用紙取付部材100から取り除く(図3参照)。なお、カレンダー用紙取付部材100から取り除くための切取線などが別途設けられていてもよい。これにより、2頁目のカレンダー用紙20の上記の切取線よりも上方の領域21が露出して視認可能となる。したがって、当月分「2月」と、将来月の翌月分「3月」と、将来月の翌々月分「4月」の計3ヶ月分を一覧表示することとなる。各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。
ここでも、横一直線等で切り取りできるので切り取り・取り除き動作が最小回数かつ小さな力で可能となり利用者の負担が軽減される。
【0022】
また、2頁目のカレンダー用紙20の領域22のうち上下方向の上部略1/2の領域に表示される月である「2月」が終了した時には、何もしない。それでも、当月分「3月」と、将来月の翌月分「4月」と、過去月の前月分「2月」の計3ヶ月分を一覧表示することとなる。
ここでも、当月分の利用が可能となることはもちろん、少なくとも翌月分の将来月が表示されるので予定などを記入することもできて利便性が向上する。
【0023】
次に、2頁目のカレンダー用紙20の領域22のうち上下方向の下部略1/2の領域に表示される月である「3月」が終了した時には、2頁目のカレンダー用紙20の領域22を利用者は手指によって上記の切取線に沿って切り取る。これにより、3頁目のカレンダー用紙30の上記の切取線よりも下方の領域32が露出して視認可能となる。したがって、当月分「4月」と、将来月の翌月分「5月」と、将来月の翌々月分「6月」の計3ヶ月分を一覧表示することとなる。各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。
3ヶ月分であるが見易く表示するとともに、横一直線等で切り取りできるので切り取り・取り除き動作が最小回数かつ小さな力で可能となり利用者の負担が軽減される。また、当月分の利用が可能となることはもちろん、翌月分・翌々月分の将来月が表示されるので予定などを記入することもできて利便性が向上する。さらに、2頁目のカレンダー用紙20うち切り取られなかった残存領域(領域21)の見た目の左右バランスが悪いという状態は回避され、高いデザイン性を実現している。
【0024】
次に、2頁目のカレンダー用紙20の領域21に表示される月である「4月」が終了した時には、該領域21を利用者は手指によってカレンダーCのカレンダー用紙取付部材100から取り除く。なお、カレンダー用紙取付部材100から取り除くための切取線などが別途設けられていてもよい。これにより、3頁目のカレンダー用紙30の上記の切取線よりも上方の領域31が露出して視認可能となる。したがって、当月分「5月」と、将来月の翌月分「6月」と、将来月の翌々月分「7月」の計3ヶ月分を一覧表示することとなる。各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。
ここでも、横一直線等で切り取りできるので切り取り・取り除き動作が最小回数かつ小さな力で可能となり利用者の負担が軽減される。
【0025】
また、3頁目のカレンダー用紙30の領域32のうち上下方向の上部略1/2の領域に表示される月である「5月」が終了した時には、何もしない。それでも、当月分「6月」と、将来月の翌月分「7月」と、過去月の前月分「5月」の計3ヶ月分を一覧表示することとなる。
ここでも、当月分の利用が可能となることはもちろん、少なくとも翌月分の将来月が表示されるので予定などを記入することもできて利便性が向上する。
【0026】
次に、3頁目のカレンダー用紙30の領域32のうち上下方向の下部略1/2の領域に表示される月である「6月」が終了した時には、3頁目のカレンダー用紙30の領域32を利用者は手指によって上記の切取線に沿って切り取る。これにより、4頁目のカレンダー用紙40の上記の切取線よりも下方の領域42が露出して視認可能となる。したがって、当月分「7月」と、将来月の翌月分「8月」と、将来月の翌々月分「9月」の計3ヶ月分を一覧表示することとなる。各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。
3ヶ月分であるが見易く表示するとともに、横一直線等で切り取りできるので切り取り・取り除き動作が最小回数かつ小さな力で可能となり利用者の負担が軽減される。また、当月分の利用が可能となることはもちろん、翌月分・翌々月分の将来月が表示されるので予定などを記入することもできて利便性が向上する。さらに、3頁目のカレンダー用紙30うち切り取られなかった残存領域(領域31)の見た目の左右バランスが悪いという状態は回避され、高いデザイン性を実現している。
【0027】
次に、3頁目のカレンダー用紙30の領域31に表示される月である「7月」が終了した時には、該領域31を利用者は手指によってカレンダーCのカレンダー用紙取付部材100から取り除く。なお、カレンダー用紙取付部材100から取り除くための切取線などが別途設けられていてもよい。これにより、4頁目のカレンダー用紙40の上記の切取線よりも上方の領域41が露出して視認可能となる。したがって、当月分「8月」と、将来月の翌月分「9月」と、将来月の翌々月分「10月」の計3ヶ月分を一覧表示することとなる。各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。
ここでも、横一直線等で切り取りできるので切り取り・取り除き動作が最小回数かつ小さな力で可能となり利用者の負担が軽減される。
【0028】
また、4頁目のカレンダー用紙40の領域42のうち上下方向の上部略1/2の領域に表示される月である「8月」が終了した時には、何もしない。それでも、当月分「9月」と、将来月の翌月分「10月」と、過去月の前月分「8月」の計3ヶ月分を一覧表示することとなる。
ここでも、当月分の利用が可能となることはもちろん、少なくとも翌月分の将来月が表示されるので予定などを記入することもできて利便性が向上する。
【0029】
次に、4頁目のカレンダー用紙40の領域42のうち上下方向の下部略1/2の領域に表示される月である「9月」が終了した時には、4頁目のカレンダー用紙40の領域42を利用者は手指によって上記の切取線に沿って切り取る。これにより、5頁目のカレンダー用紙50の上記の切取線よりも下方の領域52が露出して視認可能となる。したがって、当月分「10月」と、将来月の翌月分「11月」と、将来月の翌々月分「12月」の計3ヶ月分を一覧表示することとなる。各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。
3ヶ月分であるが見易く表示するとともに、横一直線等で切り取りできるので切り取り・取り除き動作が最小回数かつ小さな力で可能となり利用者の負担が軽減される。また、当月分の利用が可能となることはもちろん、翌月分・翌々月分の将来月が表示されるので予定などを記入することもできて利便性が向上する。さらに、4頁目のカレンダー用紙40うち切り取られなかった残存領域(領域41)の見た目の左右バランスが悪いという状態は回避され、高いデザイン性を実現している。
【0030】
次に、4頁目のカレンダー用紙40の領域41に表示される月である「10月」が終了した時には、何もしない。それでも、当月分「11月」と、将来月の翌月分「12月」と、過去月の前月分「10月」の計3ヶ月分を一覧表示することとなる。
ここでも、当月分の利用が可能となることはもちろん、少なくとも翌月分の将来月が表示されるので予定などを記入することもできて利便性が向上する。
一方、4頁目のカレンダー用紙40の領域41に表示される月である「10月」が終了した時には、該領域41を利用者は手指によってカレンダーCのカレンダー用紙取付部材100から取り除くことであってもよい。なお、カレンダー用紙取付部材100から取り除くための切取線などが別途設けられていてもよい。これにより、5頁目のカレンダー用紙50の上記の切取線よりも上方の領域51が露出して視認可能となる。したがって、領域51に翌年の最初の月である「1月」の日付が1月のタイトルと共に七曜表示されている場合等には、当月分「11月」と、将来月の翌月分「12月」と、将来月の翌々月分「1月」の計3ヶ月分を一覧表示することとなる。各日付には先の予定・行事(スケジュール)や特記事項などを記入可能な程度の余白が設けられている。
ここでも、横一直線等で切り取りできるので切り取り・取り除き動作が最小回数かつ小さな力で可能となり利用者の負担が軽減される。
【0031】
また、5頁目のカレンダー用紙50の領域52のうち上下方向の上部略1/2の領域に表示される月である「11月」が終了した時には、何もしない。それでも、当月分「12月」と、過去月の前月分「11月」と、前々月分「10月」の計3ヶ月分を一覧表示することとなる。なお、1年間における将来月が存在する場合には少なくとも翌月分の将来月を表示するが、「12月」は1年間における将来月が存在しない場合に該当する。もちろん、上記の領域51に翌年の最初の月である「1月」の日付が1月のタイトルと共に七曜表示されている場合等には、当月分「12月」と、将来月の翌月分「1月」と、過去月の前月分「11月」の計3ヶ月分を一覧表示することとなる。
【0032】
その他、一々例示はしないが、本考案は、その趣旨を逸脱しない範囲内において、各構成部分の大きさや形状を含む種々の変更が加えられて実施されてよい。
【0033】
C カレンダー
10、20、30、40、50 カレンダー用紙
11、21、12、22 領域
100 カレンダー用紙取付部材
101 穴部

(57)【要約】

【課題】切り取り動作はすべて横方向の一回の動作で済み、かつ、前頁の残存領域の見た目のバランスもよく、少なくとも1年間における将来月が存在する場合には当月分及び少なくとも1ヶ月分の将来月を含む3ヶ月分を一覧可能なカレンダーを提供する。【解決手段】カレンダーCは、5頁一綴りの七曜表示のカレンダーであり、3ヶ月分を一覧表示することができる。カレンダーCは、カレンダー用紙取付部材100と、七曜表示の印刷が施された各カレンダー用紙10〜50からなる。カレンダー用紙取付部材100は、厚紙などの平板状部材(ここでは横420mm×縦25mm、厚み寸法略3mm)からなり、紙製であるので資源ごみ・燃やすごみとして環境に優しい。なお、材質はその他のものであってもよい。また、カレンダー用紙取付部材100には、穴部101が設けられ、釘や画鋲などで壁に留めたり、紐を通して吊り下げたりすることができる構成となっている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):