(54)【考案の名称】書籍

(73)【実用新案権者】加藤製本株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、書籍に関する。より具体的には、同一書籍の多部数発行のために機械製本されて発行される、丸背かつフランス装(小口折りを含む)を有する書籍に関する。なお、本願において書籍とは、本、書物、図書、雑誌、パンフレットなどを広く含む概念である。

【従来の技術】

【0002】
現在、書籍には様々な形式のものが存在するが、製本形式により分けると、上製本と並製本が存在する。
【0003】
上製本は、ハードカバー(堅表紙)とも呼ばれる製本形式であり、表紙はたとえばボール紙などの芯紙を表紙用紙で包んで構成され、本文よりも表紙が一回り大きい寸法で製造される。本文と見返しのきき紙は全面的に接着して製本される。表紙と本文の寸法との差の部分は「チリ」と呼ばれる。上製本の背の形状には、平らな背で構成される角背と、背と小口が丸みを帯びて構成された丸背とが存在する。
丸背の場合、上製ラインにより丸み出し行程を必要とするが、より高級感を出すことが出来る。背の構成としても、フォローバック、タイトバック、フレキシブルバックなどが存在する。上製本は比較的高価になるため、より効率的に製造する技術などが公開されている(例えば、特許文献1参照。)。上製本は、本文よりも大きく堅い表紙を有し、頑丈であるために長期保存に適し、百科事典や辞書などによく使用される。
【0004】
一方、並製本は、ソフトカバーとも呼ばれる製本形式であり、表紙には芯紙は使用されず、本文と同寸法で仕上げられる。製本工程では、本文と表紙が同時に仕上げられ、背は角背のみとなる。並製本は、製造工程が短く安価であるため、雑誌や廉価な文庫本などに好んで用いられる。
【0005】
以上の通り、製本形式には上製本と並製本が存在し、製造機械及び製造ラインは明確に区別されている。このため、上製本には上製ラインを利用し、並製本には並製ラインを使用せざるを得ない。そのため、上記以外の製本形式として、例えば表紙自体が本文寸法より大きく仕上げ、天地または小口を折り返した、デザインの自由度の高い表紙(フランス装などと呼ばれる)を使用した製本形式が知られているが、これらは並製ラインによって製造された場合、角背に限定される。一方、仮に上製ラインを使用した場合、見返しと表紙は全面的に接着されるが、これでは表紙の裏側(内側)を閲覧することは不可能であり、フランス装の特徴である表紙の自由度及び美観が大きく損なわれる。すなわち、いわゆる新書や文庫本など、数百冊〜数百万冊以上の同一物の量産が必要不可欠である機械製本書籍については、製本形式により形態が特定されてしまうために、新たな形態的特徴を付加することが難しい。
【0006】
しかしながら、現在、出版業界においては、電子書籍などが認知されてきたこともあり、将来的に製本書籍の需要が減少することが危惧されている。さらに、量販のために同一物が多部数発行される製本書籍に関して、さらなるコストダウンが要求され、製本環境は厳しさを増している。
【0007】
したがって、高コスト化することなく、従来にはない形態上のインパクトを有し、かつ読みやすい新たな機械製本書籍を提供する必要性が生じている。
【0008】

【効果】

【0020】
上記の構成により、ソフトカバーであるにも関わらず、丸背で構成され、外観上美しく、書籍の開きもよく、指触りもよく、高級感のある構成を採用することが可能である。また、上製本に比して、表紙に芯紙が必要となることもないため、費用的に高額となることがない。
【0021】
さらに、本体の背固めには好ましくは PUR 糊を使用し、更に伸縮性の高い皺紙が利用されることで、伸びが良いので丸みを出すのに適している。そのため、より美しい丸みを出すことが可能である。
【0022】
書籍の側面のみで糊付けされる事で、好ましくは書籍の背と表紙を接着する必要がなく、此れがために、上製本のフォローバックの利点である本の開きが良く読みやすいという効果を享受出来る。
【0023】
本文よりも寸法の大きい、様々な寸法の表紙(小口折り表紙も含む)を採用することが出来るので、ソフトカバーであるにもかかわらず、天地側、小口側共に十分なチリを付ける事が出来、上製本の様な高品質な外観を奏することが可能である。さらに表紙の裏側についても、デザインの一部として利用することが可能である。また、表紙自体についても、例えば、小口の折り返し部にハート型を設けるなど、種々のデザインが可能である。
【図面の簡単な説明】
【0024】
【図1】本考案の実施の一例を示す図である。
【図2】本考案の別の実施の一例を示す図である。
【図3】本考案の実施の一例を示す断面図である。
【図4】本考案の本体と背部材を示す図である。
【図5】本考案の製造行程の一部を示す図である。

【0025】
以下、本考案の実施の一例を図面にしたがって説明する。図1は、本考案の実施の一例を示す図である。図2は、図1とは別の実施の一例を示す図である。図3は、本考案の実施の一例を示す断面図である。図4は、本考案の本体と背部材を示す図である。図5は本考案の製造行程の一部を示す図である。
【0026】
図に示すように、本考案の機械製本書籍1は、本体2の背が丸背3で構成されている。そして、二つ折りにされ表紙側のきき紙4と本文7側の遊び紙5からなり、本文7の開始頁側および終頁側に各々設けられた一対の見返し紙6とを有している。
【0027】
そして、本文7と一対の見返し6は背において背部材8と接着され、背部材8は一対の見返し6のきき紙4の面部分へ背から延長してPUR糊で接着されている。皺紙で構成された背部材8は書籍の開閉方向に対して伸縮性を有しているため、開閉がより容易である。
【0028】
表紙9は、芯紙を有さない一枚のソフトカバー用紙によって構成され、本文7および見返し6に対して小口方向及び天地方向に突出しており、表紙9の小口側10及び/又は天地側11は内側へ折り返されている。実施の形態によって、小口側10及び/又は天地側11が接着されるが、図1の例では、天地側11が接着されている。表紙9は折り返された状態でも本文より寸法が大きく、小口側10及び天地側11にチリが設けられている。
【0029】
一対の見返し6のきき紙4と表紙9は、背に近接した位置に、長手方向に直線状に接着されているため、全面は接着されておらず開閉可能である。さらに、背と表紙9が接着されていないため、フォローバック型となっており、書籍の開きが良い。
【0030】
本考案の機械製本書籍1の製造には、市販の上製本の製造ラインが使用される。まず、上製本の仕様と同様に、本文7及び見返し6の背にPUR糊を塗布し、皺紙(背部材8)を接着し、丸みだし行程により丸背状態の本体2を作成する(図4)。図5に示すように、その後の上製ライン上に、一対のノズル式の糊付け装置12を設置し、本体2の両側から縦目に沿って直線上に糊付けを行う。この時、背部材8から5ミリ以内の範囲で直線状に接着剤が塗布されているので、表紙を開いたときに背部材8が見えることがない。そして、吸引装置で吸付し、フィンガー装置を利用して上方から表紙9を提供し、本体2に表紙9を押圧して相互に接着させる。この時に本体と表紙が接着されないよう、上製ラインの接着ローラーに糊は塗布されない。このような治具の設置及び上製ラインの調整を経ることにより、一つの製本ラインにより本考案の製本書籍を作成することが可能である。
【0031】
1 機械製本書籍
2 本体
3 丸背
4 きき紙
5 遊び紙
6 見返し
7 本文
8 背部材
9 表紙
10 小口側
11 天地側
12 ノズル式の糊付け装置


(57)【要約】

【課題】高コスト化することなく機械製本が可能であるにもかかわらず、従来にはない形態的インパクトを有し、かつ読みやすい新たな機械製本書籍を提供する。【解決手段】丸背3で構成された本体2と、本体2は背において背部材と接着され、背部材は本体2の面部分へ背から延長して接着され、かつ背部材は書籍の開閉方向に対して伸縮性を有しており、芯紙を有さない一枚の用紙から構成され、小口方向及び/又は天地方向に突出した本体寸法より大きな表紙9を有し、表紙9の少なくとも1つの小口側及び/又は天地側が内側へ折り返されており、本体2と表紙9は、背に近接した位置に、長手方向に直線状に接着されており、全面は接着されておらず開閉可能であることからなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):