(54)【考案の名称】メッセージカード

(73)【実用新案権者】株式会社アイワコピー

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、メッセージカードに係り、特に一枚の折り畳まれたカードから構成されたメッセージカードに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から、花やリボンなどの装飾機能とメッセージの機能を合わせ持つメッセージカードが知られている。
【0003】
例えば、特許文献1には、シート状のベース本体と、該ベース本体の任意の辺から折り返し部を介して設けられた複数の可動片と、前記各可動片を係止する係止部分と、ベース本体あるいは可動片の少なくともどちらか一方に設けられたメッセージやイラスト等の記載部と、前記ベース本体を任意の包装物に取り付ける取付機構手段より構成され、前記記載部は各可動片を折り返した状態で可動片により隠れると共に、可動片を開いた状態で目視可能な位置に取付けられたものであり、ベース本体及び各可動片は各可動片を折り返した状態で花やリボン等の任意形状を形成したメッセージカードが開示されている。
【0004】
また、特許文献1では、メッセージの記載部を隠すため付帯されている可動片が、折り返し部で容易に開閉できるよう、ベース本体の裏面にある接着層に厚みを設ける、または折り返し部に接近しない接着層を有した構成も開示されている。
【0005】
より具体的には、プレゼント装飾に用いるようなリボンや花等を模したカード本体の中央部にメッセージを書き込める記載部を設け、可動片を折り返し部で折り、メッセージを書込んだ記載部が、容易に開いたりしないように係止部にて係止する構成よりなるものである。
【0006】

【効果】

【0016】
本考案によれば、外周面部が付勢されて、常時においては、立体感を出しながら底面部を覆い隠すことができ、隣接する外周面部が重ねられた部分を外方向に引くことで覆っている外周面部を簡単に外して、底面部を露見させることが可能となる。
また、形状がコンパクトになると共に、覆いを解除しやすく、外形線が合わされて、同じ外形線となって、まとまりよくきれいにでき、意匠効果が良好で、三次元形状(立体的)にすることが確実にできると共に、外周面部の付勢で、常時においては底面部を覆い隠すことができ、覆ったときと開いたときの装飾機能を十分に醸し出すことができる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】折り曲げる前の一枚のシートを示す説明図である。
【図2】折り畳む状態を示す説明図である。
【図3】折り畳む状態を示す説明図である。
【図4】折り畳む状態を示す説明図である。
【図5】折り畳む状態を示す説明図である。
【図6】折り畳んだ状態を示す斜視図である。
【図7】折り畳んだ状態を示す側面図である。

【0018】
以下に、本考案のメッセージカードについて説明する。なお、以下に説明する部材やその構成等は、本考案を限定するものではなく、本考案の趣旨に沿って各種改変することができることは勿論である。
【0019】
図は、本考案の一実施形態を示すものであり、図1は折り曲げる前の一枚のシートを示す説明図、図2乃至図5は折り畳む状態を示す説明図、図6は折り畳んだ状態を示す斜視図、図7は折り畳んだ状態を示す側面図である。なお図1乃至図3において、実線は谷折りを示し、破線は山折りを示すものである。
【0020】
本考案のメッセージカードCは、図1で示すように、一枚のシートからなるもので、底面部10と、外周面部20と、切り込み部30と、から構成されている。
底面部10はメッセージを記載することができるように平面状に形成されているもので、外周には複数の辺11,12,13,14,15を有するように形成されている。この複数の辺11〜15は谷折り部を形成している。本実施形態では、5つの辺を備えた正五角形をしている。また本実施形態では底面部が白色で、記載されたメッセージを読みやすく形成されているが、記載した文字が認識できるものであれば、白色ではなく薄い彩色などが施されていてもよい。なお底面部の形状は、本実施形態のように五角形に限らず四角形以上の多角形、例えば六角形やそれ以上でもよい。
【0021】
本実施形態の外周面部20(21,22,23,24,25)は、それぞれ上記底面部10の辺(11〜15)を境界にして、外周側に連続して、延出して形成されているものである。外周面部20(21〜25)の両面には装飾用の花、写真、模様、彩色の少なくとも一つ以上が形成されてる。外周面部20(21〜25)で底面部10(メッセージ部)を覆っているときには、外周面部20(21〜25)の裏面の花、写真、模様、彩色が視認でき、開いたときには、外周面部20(21〜25)の表面の花、写真、模様、彩色が視認できるように構成されている。
【0022】
本実施形態の外周面部20では、外周が円形状のものとして、同じ形状で形成している。そして、外周面部20(21〜25)には、底面部10の隣接する辺と辺との当接位置(つまり、辺11と辺12との当接位置,辺12と辺13との当接位置,辺13と辺14との当接位置,辺14と辺15との当接位置,辺15と辺11との当接位置)から各辺11〜15に対して所定角度で山折り部21a,22a,23a,24a,25aが形成されている。
【0023】
そして辺11〜14の長さは、外周面部20に形成された山折り部21a〜25aの長さ以下に形成している。換言すれば、山折り部21a〜25aの長さは辺11〜15の長さと同等以上の長さとしている。これにより、折り畳んだ時に、立体形状としながらも、底面部10を十分に覆うことが可能となる。
なお本実施形態では円形状にしているが、これに限らず外周が波形状にしたり、外周に矩形の凹凸を形成したりすることが可能である。
【0024】
本実施形態の切り込み部30(31,32,33,34,35)は、図1で示すように、外周面部20(21〜25)の間で、底面部10の辺と辺との境界部に向け且つ前記境界部に至らない範囲(つまり、辺11と辺12との当接位置,辺12と辺13との当接位置,辺13と辺14との当接位置,辺14と辺15との当接位置,辺15と辺11との当接位置よりそれぞれ外周側の位置)で形成されている。
【0025】
そして、外周面部20の間であって境界部に至らない範囲の切り込み部30のない部分には、谷折り部41,42,43,44,45が形成されている。この谷折り部41〜45により立体形状が確保され、同時に外周面部20(21〜25)を山折り部21a〜25aで折り曲げたときに付勢力を与えるように構成される。
そして、この谷折り部41,42,43,44,45で折り曲げられることにより、谷折り部41,42,43,44,45を介して隣接する外周面部20が重ねられて形成されている。
【0026】
次に、図1と、図2乃至図5の折り畳む状態を示す説明図に基づいて、本考案の折り畳まれたメッセージカードCについて説明する。図2は各山折り部及び谷折り部を少し折り曲げた状態の説明図であり、図3は折り曲げる途中の斜視図であり、図4は各山折り部及び谷折り部をより大きく折り曲げた状態の説明図であり、図5は完成間際の折り曲げ状態の説明図である。
【0027】
先ず、図1及び既に説明した一枚のシートを折り畳むことで、メッセージカードが形成されるものである。各折り曲げは次のようにして行われる。
各外周面部20(21〜25)は底面部10と辺11〜15で谷折りに折り曲げられる。
隣接する各外周面部20(21〜25)同士は、切り込み部30(31〜35)のない部分の谷折り部41〜45を谷折りで折り曲げられる。
また各外周面部20(21〜25)に形成された山折り部21a〜25aを、山折りで折り曲げられる。
【0028】
このように、図3、図4のように重ねるが、このとき、図5で示すように、谷折り部41〜45で折り曲げられた隣接する外周面部20(21〜25)が重ねられて形成されている。
そして、図6及び図7で示すように、メッセージカードCが三次元の立体的なものとして、形成される。
【0029】
10 底面部
11,12,13,14,15 辺
20(21,22,23,24,25) 外周面部
21a,22a,23a,24a,25a 山折り部
30(31,32,33,34,35) 切り込み部
41,42,43,44,45 谷折り部
C メッセージカード

(57)【要約】

【課題】係止部を設ける必要がなく、メッセージを覆った場合の立体感を出しながらデザイン性の自由度を確保して、メッセージを読むときも装飾機能を醸し出すことのできるメッセージカードを提供する。【解決手段】メッセージカードCは、外周面部は底面部10と辺11、14、15で谷折りに折り曲げられ、外周面部21〜25間であって切り込み部31〜35のない部分の谷折り部で折り曲げられ、山折り部21a〜25aで外周面部を山折りされ、外周面部21〜25間であって谷折り部で折り曲げられた隣接する外周面部21〜25が重ねられて形成されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):