(54)【考案の名称】太陽光パネルによる発電の再利用システム

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】株式会社 SUZUSAN

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、太陽光発電により照明を点灯させ、その照明の灯りを太陽光パネルに当てて発電させる太陽光パネルによる発電の再利用システムに関する。

【従来の技術】

【0002】
太陽光パネルにより得られた電力により照明を点灯させることは、広く行われている。しかしながら、この方法は雨の日とか夜間は発電することができない。

【効果】

【0010】
本考案によれば、夜間若しくは雨の日でも太陽光発電で発電させることができるので、多くの電気を蓄電器に蓄えることができる。

(57)【要約】

【課題】夜間でも発電することができるようにして、蓄電器に多くの電力を蓄電できるようにした太陽光パネルによる発電の再利用システムを提供する。【解決手段】太陽光パネル1と、太陽光パネルで発電した電気を蓄える蓄電器3と、蓄電器からの電気で点灯するLED照明灯4とを具備し、LED照明灯による灯りを更に太陽光パネル1′に当てて発電させるようにし、蓄電器に多くの電力を蓄電できるようにした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):