(54)【考案の名称】2台同時に充電できる駐車場用の充電スタンド

(73)【実用新案権者】日本システムバンク株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、電気を動力とする電気自動車(EVおよびPHV)の充電スタンドに関する。

【従来の技術】

【0002】
燃費が安価で、環境にも優しい電気自動車が今後大きく普及していくと考えられるが、その普及促進のカギは、いつでもどこでも充電ができるよう街中に数多くの充電スタンドを設置するなどインフラを整備することである。電気自動車の燃料代に相当する充電代金は、ガソリン等の数分の一と安価なことが最大のメリットの一つであるが、充電サービスを事業として見ると利益は少ないとう課題がある。したがって、充電設備は経済的なものでなければならない。

【0003】
充電スタンドを、誰でも使える公共の場に設置する場合、経済性の面から一つのスタンドから複数の電気自動車に充電できるものが望まれる。特に駐車場に設置するスタンドの場合には、二つ並んだ車室の間に充電スタンドを設置し、コンセントに接続した充電ケーブルを左右に引き出してそれぞれの電気自動車に接続する形式が望ましいが、両車室で同時に充電作業が行われる場合でも、相互に干渉されず使い勝手の良いもの、および2車室の中間においても車両がぶつからないように設置幅の狭いものが望まれる。


【0004】

【効果】

【0010】
本考案によれば、製造業者は安価な小さな角型の筐体を使った2車室用の充電スタンドを提供でき、利用者は自車室用の充電用コンセントを隣接車室用の充電用コンセントと間違うことなく使うことができる。このため、充電料金を駐車料金に加えて課金するような場合でも、誤って他の車室の車両に課金するようなミスを防ぐことができる。さらに同時に2車室で充電作業が行われる場合にも、相手方の作業と干渉することなくスムーズに充電準備ができる。さらに、充電用コンセントを二つ並べて設けた充電スタンドよりも、設置する横幅を狭くできるので、車両が充電スタンドにぶつかるようなトラブルを防ぐ効果もある。

【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】は、既に販売され、駐車場に設置されている2車室用充電スタンドを示す図である。
【図2】は、本考案で利用する段違いの隣り合う2面に充電用コンセントを有する角形の充電スタンドを示す図である。
【図3】は、本考案の、充電スタンドを駐車場の隣り合う2車室の中間に配置する方法を示す図である。

【0012】
図1は、既に市販され、駐車場に設置されている2台同時充電可能な充電スタンドとその配置状況を示している。1は充電スタンド本体、2、3は充電ケーブルを接続するコンセント、4、5は隣り合う二つの車室、6は 二つの車室の境界線、7、8は充電ケーブルをコンセントにつなぐプラグ部分、9、10は充電制御用のCCID装置、11、12は充電ケーブルである。この充電スタンドは、図示のとおり2車室の境界線上に置かれており、二つのコンセントから、両側の車室に止めた電気自動車に充電ケーブルをつなぎ、充電が可能なようになっている。
【0013】
このような従来の充電スタンドでは、充電スタンドを小型にしようとすると、二つのコンセントが接近するので、ほぼ同時2車室で充電しようとすると、ケーブルの接続作業がお互いに干渉しやりづらいといった欠点があった。接続作業を楽にしようとしてコンセント2、3の距離を離すと、充電スタンドの横幅が大きくなり、コスト高や、車両が駐車時に充電スタンドに接触するトラブルが起こるなどの欠点があった。
【0014】
図2は、本考案で利用する角形の充電スタンド21を示すもので、該充電スタンドは架台51の上に直立している。充電スタンドには、充電ケーブル接続ボックス22、23が角形筐体の隣り合う2面に段違いに設けられている。また同接続ボックスの開口部は充電中には扉26、27によって閉じられ、且つ電磁ロック装置33でロックされる。 扉の中は、コンセントにケーブル31を接続するプラグ29と充電制御用のCCID装置30とを収める収納部になっている。
【0015】
充電ケーブル接続ボックス23の下部のボックスには、コンセント2、3への電力の供給と充電ケーブル接続ボックス22、23の扉26、27の電磁ロック装置を制御する制御部が収められている。
【0016】
充電ケーブル31は、扉26の下部の充電ケーブル引き出し口32から引き出される。充電ケーブル接続ボックス22の扉26を閉じて充電を始めると、扉26は電磁ロックされる仕組みにしてあるので、いたずらでコンセントからプラグを外されたり、高価なケーブルが盗難されたりすることを防止できる。
【0017】
図3は、本考案の充電スタンドを駐車場の隣接する2車室4、5の境界線6上に設置する形態を示す図である。その特徴は、角形充電スタンドの角部50とその対角を結ぶ対角線が、二つの車室の境界線6に平行になるように設置するところにある。このように設置すれば、充電ケーブル接続ボックス22、23の開口部がそれぞれ充電する2車室の方向にほぼ45度の角度で向くようになる。従って、たとえ2車室で同時に充電をはじめるためにケーブル接続作業を始めても、互いにその作業が干渉することがなくなり、誤って他車室用のコンセントに充電ケーブルを接続するようなケースを防ぐこともできる。
【0018】
さらに本考案の角形の充電スタンドの設置法は、コンセントを横に並べて設置した従来の図1の充電スタンドに比べて、設置幅を小さくできるので、駐車しようとした車に充電スタンドの本体をぶつけられる危険性も大きく軽減される。

【産業上の利用可能性】
【0019】
本考案は、駐車場において隣接する二車室で電気を動力とする自動車(電気自動車あるいはプラグインハイブリッド車)を充電するのに適した経済的、且つ安全確実な充電スタンドの設置法を提供するものであり、製造業の生産活動を増進するほか、電気自動車に便利で安全な充電システムを提供することから、大いに産業発展に貢献し、CO削減など環境改善にも貢献できる。

【0020】
1 従来の充電スタンド 2、3 コンセント 4、5 隣り合う駐車場の車室
6 隣り合う2車室の境界線 7、8 ケーブル接続用プラグ
9.10 充電制御用CCID装置 11、12充電用ケーブル

21 充電スタンド本体 22、23 充電ケーブル接続ボックス
24 制御部 25 架台 26、27 充電ケーブル接続ボックスの扉
28 コンセント装置 29 接続プラグ 30 充電制御用CCID装置
31充電ケーブル 32 充電ケーブルの引き出し口 33 電磁ロック装置
50 角形充電スタンドの角部 51 架台


(57)【要約】

【課題】駐車場において、隣接の2車室で電気自動車の充電をおこなうことができる使い勝手の良い充電スタンドを提供する。【解決手段】駐車場で同時に隣接の2車室4,5で電気自動車の充電をおこなうことができる角型の充電スタンド21において、充電ケーブル31の接続部を二つ、高さの異なる2面に設け、同充電スタンドを駐車場の平行する2車室の境界線6上に設置する際、2面がそれぞれほぼ45度の角度で対応する2車室の方向に向くように設置する。2車室で同時に充電ケーブルの接続作業をする場合においても、ケーブルの接続作業が他方の干渉を受けずに行うことができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):