(54)【考案の名称】太陽電池モジュール用ジャンクションボックス

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】浙江佳明▲天▼和▲縁▼光伏科技有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、PVモジュール装置の技術分野に係わり、特に太陽電池モジュール用ジャンクションボックスに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
太陽電池モジュール用ジャンクションボックスは、太陽光発電・ソーラーパネルに装着される導電接続用の部品である。太陽電池モジュール用ジャンクションボックス内には配線部品が設けられる。配線部品は導電性を有する導体を給電線路と接続する際に用い、給電線路を介して太陽電池パネルによる発電が電力網に導入される。
【0003】
従来、ジャンクションボックスが長期使用後で放熱効果が劣り、ハイパワー太陽電池モジュールの使用ニーズを満たすことができない。また、ジャンクションボックスは使用後の温度が高くなるので、ジャンクションボックスのシール性能に関して長期使用後にIP67テストを通過しにくいという問題がある。
【0004】
このように、太陽電池モジュール用ジャンクションボックスの長時間使用後の高温問題をどう解決するのかが問題となる。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
本考案は上記課題に鑑みてなされたものであり、本考案は、太陽電池モジュール用ジャンクションボックスにおいてその構造設計により、太陽電池モジュール用ジャンクションボックスが長時間使用後において高温となることを防止した太陽電池モジュール用ジャンクションボックスを提供することを目的とする。

【効果】

【0009】
本考案は、太陽電池モジュール用ジャンクションボックスを提供し、胴体及び当該胴体に設けられた導電部品を備える。従来技術における太陽電池モジュール用ジャンクションボックスが長時間使用後での高温課題を解決するために、本考案では、従来の太陽電池モジュール用ジャンクションボックスの構造に基づき、以下のような構造最適化を行う。すなわち、胴体や、底蓋に導電部品を取り囲むのが導電部品に高い熱伝導率を有する熱伝導ゴムである。また、導電部品はスプリット型構造設計であり、4つの導電性シートを備える。熱伝導ゲルは、またサーマルシリカと言われる。それは有機珪素ゲルを主体にする材料であり、熱伝導性材料などの高分子材料を添加、混練することによる珪素ゲルの製造を用いることができ、良好な熱伝導性、電気絶縁性を有する。本考案では、胴体や、底蓋に導電部品を取り囲む熱伝導ゲルが設けられることで、導電部品から発生した熱量を適切に胴体に伝導でき、導電部品の蓄熱を減らし、また、封止に効果的な役割を果たすことができる。その結果、太陽電池モジュール用ジャンクションボックスにおいて長期使用後での高温度の発生を避けることができる。導電部品はスプリット型構造設計が採用され、かつ4つの導電性シートを備え、導電性シートがそれぞれ独立して設けられる。導電中で、導電性シートが独立動作され、放出された熱が互いに干渉されない。このため、折よく熱伝導ゲルにより発散され、さらに生じる熱蓄積を避けられ、本考案の放熱効果が向上される。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案の実施例に係る太陽電池モジュール用ジャンクションボックスの胴体の構造を示す模式図である。
【図2】本考案の実施例に係る太陽電池モジュール用ジャンクションボックスの底蓋の構造を示す模式図である。
【図3】本考案の実施例に係る太陽電池モジュール用ジャンクションボックスの導電部品の構造を示す模式図である。

【0011】
本考案は、太陽電池モジュール用ジャンクションボックスを提供するために、該太陽電池モジュール用ジャンクションボックスにおいて胴体や、底蓋に熱伝導ゲルを設けることによって、太陽電池モジュール用ジャンクションボックスの長時間使用後での高温課題を解決するものである。
【0012】
以下、図面を参照して本考案の好適な実施の形態に関して説明する。
【0013】
最初に、図1と図2を参照して説明する。ここで、図1は本考案の実施例に係る太陽電池モジュール用ジャンクションボックスの胴体の構造を示す模式図である。また、図2は本考案の実施例に係る太陽電池モジュール用ジャンクションボックスの底蓋の構造を示す模式図である。
【0014】
本考案は、太陽電池モジュール用ジャンクションボックスであり、胴体1、及び胴体1に設けられた導電部品を備える。胴体1にはまた、導電部品と熱伝導ゲル(熱伝導ゴム素材)4をカプセル化するための底蓋3が設けられる。従来技術における太陽電池モジュール用ジャンクションボックスが長時間使用した場合の「発熱問題」を解決するために、本考案では従来の太陽電池モジュール用ジャンクションボックスの構造に基づき、以下のような構造最適化を行う。すなわち、胴体1や、底蓋3に対して、導電部品を取り囲み、導電部品に熱伝導率を実施するための熱伝導ゴムが設けられる。
【0015】
熱伝導ゲル4は、サーマルシリカを用いることができる。熱伝導ゲル4は、有機珪素ゲルを主体にする材料に、熱伝導性材料などの高分子材料を添加、混練することによる珪素ゲルの製造を用いることができ、良好な熱伝導性、電気絶縁性を有する。胴体1や、底蓋3に導電部品を取り囲む熱伝導ゲル4が設けられる。熱伝導ゲル4により、導電部品から発生した熱量を適切に胴体1や、底蓋3に伝導でき、その結果、導電部品の蓄熱を減らすだけなく、また、封止に効果的な役割を果たすことができる。そして、太陽電池モジュール用ジャンクションボックスにおいて長期使用後での高温度の発生を避けることができる。
【0016】
導電部品はスプリット型構造設計が採用され、かつ4つの導電性シート2を備える。導電性シート2はそれぞれ独立して設けられる。導電中で、導電性シート2が独立動作され、放出された熱が互いに干渉されない。このため、折よく熱伝導ゲルにより発散され、さらに生じる熱蓄積を避けられ、本考案の放熱効果が向上される。
【0017】
図3は本考案の実施例に係る太陽電池モジュール用ジャンクションボックスの導電部品の構造模式図である。さらに生じる熱蓄積を減らすために、本考案の実施例の導電部品はチップ構造の導電部品となる。通常、作動による自己発熱がある部品(本考案で導電部品)の表面積が大きくなるとき、当該部品は大きな放熱面積を有しており、蓄熱を減らすことができる。したがって、本考案はチップ構造の導電部品が採用されることにより、さらに本考案の放熱効果を高めることができる。
【0018】
本考案のより好ましい実施態様に当たって、よりよい放熱効果を果たすために、また太陽電池モジュール用ジャンクションボックスの胴体の側面に通風・排気装置が設けられるものである。この場合、例えば冷却ファン、つまり通風・排気装置及び胴体内の気体流動を増加させることにより、温度の低下を達成することができ、太陽電池モジュール用ジャンクションボックスにおける長期使用後での高温度の発生を避けることができる。
【0019】
上記の構造に基づき、本考案の実施の形態において太陽電池モジュール用ジャンクションボックスは、胴体1と、熱伝導ゲル4と、導電部品と、ダイオードと、底蓋3と、上カバーとを備える。外部接続ケーブルが導電部品と接続され、ダイオードが導電部品と溶接される。その後、導電部品を単体ブロック的に胴体1に装着される。それから胴体1の内部に熱伝導ゲル4が設けられ、お客様が取付けを行う場合にはバスバーと導電性部品を溶接した後で密封キャップを被せると使用できるようになる。
【0020】
1 胴体
2 導電性シート
3 底蓋
4 熱伝導ゲル

(57)【要約】

【課題】長時間使用後に高温となることを防止した太陽電池モジュール用ジャンクションボックスを提供する。【解決手段】胴体及び胴体に設けられた導電部品を備える太陽電池モジュール用ジャンクションボックスにおいて、胴体及び底蓋3に、導電部品を取り囲み、且つ導電部品と熱伝導する熱伝導ゲル4が設けられ、導電部品はスプリット型構造設計であり、4つの導電性シートを有する。この構成により、太陽電池モジュール用ジャンクションボックスにおいて長時間使用後に高温となることを防止できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):