(54)【考案の名称】紙製記録媒体

(73)【実用新案権者】サンスター文具株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、衛生的に使用することができると共に、不要な罫線のみを選択的且つ容易に消すことが可能な紙製記録媒体に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、この種の紙製記録媒体として、黒鉛を用いて罫線が引かれたノートが知られている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
しかしながら、特許文献1に記載のノートにおいては、鉛筆やシャープペンシル等で記入した文字や図表等を消しゴムで消す際に、必要な罫線までも一緒に消えてしまい、罫線のみを消すことができないという問題があった。
【0004】
また、罫線のみを消そうとすると、文字等を記入する前に予め罫線を消しておく必要があるので、作業が煩雑になるという問題があった。
【0005】
また、罫線を消してしまうと、罫線に沿って文字等を記入することができないので、文字等を記入した箇所の規則性が失われて、書かれた内容が分かり難くなるという問題があった。
【0006】
また、罫線を引く際に黒鉛を用いていることから、使用時に手や衣服等が汚れやすく衛生面に問題があるだけでなく、黒鉛に起因する汚れがノートの商品価値を低下させるという問題もあった。

【効果】

【0011】
感温変色性組成物を含有する印刷用インキを用いて罫線が印刷されていることから、摩擦熱等によって前記印刷用インキの変色温度より高温になると、前記印刷用インキの色が透明な状態に保持されるので、前記印刷用インキを用いて印刷された罫線のみを選択的且つ容易に消して、その状態を保持することができる。
【0012】
また、文字等を記入した後に、前記印刷用インキを用いて印刷された罫線のみを選択的に消すことができるので、文字等を記入した箇所の規則性を失うことはなく、書かれた内容の理解を妨げることは無い。
【0013】
また、前記印刷用インキを用いているので、利用者の身体やノート等の紙製記録媒体に付着することはなく、衛生的に利用することができると共に、紙製記録媒体の商品価値を下げることは無い。

(57)【要約】

【課題】衛生的に使用することができると共に、不要な罫線のみを容易に消すことが可能な紙製記録媒体を提供する。【解決手段】紙製記録媒体を適用したノート10は、複数枚のシート11を重ねて、長さ方向略中央において幅方向に沿って接合することにより形成されており、ノート10の一番表側には表紙が設けられ、一番裏側には裏表紙が設けられている。また、シート11の両面には、ノート10の幅方向に沿って一定の間隔ごとに、所定の長さの罫線12が引かれており、本実施形態に係るノート10においては、感温変色性組成物を含有する印刷用インキを用いて罫線12が印刷されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):