(54)【考案の名称】ポップアップ式両矢印型粘着付箋

(73)【実用新案権者】功寰貿易股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、粘着付箋の改良に関わり、言い換えれば、文書での表示や区別などに使用されるもので、両先端にそれぞれ矢印部が設けられている長形のフィルムが備わり、該フィルムの片面に各種蛍光顔料で作られた色付け層、それに対向した他面に、粘着用の粘着剤層を備えてなり、該色付け層と粘着剤層は、フィルムの占める面積が同様で、一端の矢印部は、その半分または半分以上の面積を占めており、残りの面積及び他端の矢印部は無色層でかつ無粘着剤層で、しかも透明または半透明タイプのものに関する。

【従来の技術】

【0002】
よく見られる粘着付箋は細長い紙で、該紙の片面は全部、色付け層になっているのに対して、他面の局所に粘着剤層が設けられ、そして、粘着剤層は、紙全体の面積の約1/4か1/5だけ占めてなり、このような粘着付箋は、粘着剤層の占める面積が小さく、粘着力が弱くて、書類や紙の片側に貼り付けたら、容易に剥がれてしまうこと、次に、該粘着付箋の数枚を積層させてなる粘着付箋セットは長形の両先端縁が平らな形をしており、それを取りにくく、一番上の一枚の粘着付箋を引き取るのが比較的に難しいこと、更に、該粘着付箋の表面全体は色付られ、先端も同じ形をしており、どっちが粘着剤層なのか、どっちが無粘着層なのか識別しにくく、使用の時、迷ったりすること、その上、透明なポリマーで作られた透明なメモ・付箋の場合も同じく矩形で、片面に色付きの矢印部があり、その他の部分は、透明のままでなるもので、そのような透明メモ・付箋は、上述した付箋より見た目がよい割に、矩形でかつ両先端が平ら形をしていることで、それを取って使用するとき、どっちを取るか迷ったりする場合もあること、なお、該粘着剤層の部分は設計上、透明付箋・メモ全体の半分を超えないように設けられているから、同じく粘着力がよくないという欠点があること。

(57)【要約】

【課題】よりよい粘着力を有し、糊が手にも付かないこと、それに対応の付箋ケースを使用して、より多様化で柔軟に利用可能で、優れた利便性の向上につながるポップアップ式両矢印型粘着付箋を提供する。【解決手段】複数枚の粘着付箋を一定の高さまで相互に重ねてなり、各枚の粘着付箋は、透明または半透明の長形のフィルム1で作られたものであり、該フィルムの両先端にそれぞれ、使用時の指示用の矢印部が設けられ、それに、該フィルムの片面は、各種蛍光色で作られた色付け層12で、他面は粘着剤層13に設けられており、該色付け層と該粘着剤層の範囲は同様で、相互対応するように設けられており、該フィルムの表面の範囲は、何れかの一端の矢印部を含み、フィルムの長さの半分または半分以上を占める必要があり、残りの面積は無色層でかつ無粘着剤層で、透明または半透明タイプに設けられてもよい。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):