(54)【考案の名称】立体名刺

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、名刺の構造に係り、特に折り畳み可能な名刺に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
一般に、名刺とは矩形の紙に名前や所属、連絡先などが印刷されたカードである。初対面の人同士で、名刺をお互い交換する場面がよくみられる。
【0003】
単に名前等が記載されただけである既存の名刺では、記載された名前や所属の情報と、その人物の顔と、を結び付けて記憶する必要がある。顔写真を付した名刺もあるが、一般的な名刺の大きさから、挿入可能な写真はごく小さなものとなってしまう。さらに、最低限必要な記載を行うためのスペースが、写真を挿入することによって圧迫される場合もありうる。
【0004】
加えて、企業活動を行っていくうえで、取引相手に特別な印象を与えることで、他の競合相手との差別化を図ることが可能となる。
【0005】
このような課題を達成するために、二つ折り状の名刺であって、名刺を開いた際に内面に設置された顔写真が立体的に飛び出すような工夫をした名刺が発明されている。(特許文献1)
【0006】
特許文献1のように名刺を形成することで、受け取り側は記載された人物の顔をいつでも確認することが可能となる。加えて、一般的な名刺にはない工夫を凝らした機能によって、競合相手の名刺との差別化を図ることができ、名刺を渡した相手に強い印象を与えることが可能となる。
【0007】

【効果】

【0018】
本考案によれば、内部に立体部を備えた折り畳み可能な名刺であって、その立体部の設置に工夫を行うことで、既存の立体名刺より更に多くの記載可能領域と立体部の大きさを確保することができ、多くの情報を記載可能とした立体名刺を提供することを可能とする。
【図面の簡単な説明】
【0019】
【図1】本考案の実施形態1における名刺の折り畳み時を示した斜視図である。
【図2】本考案の実施形態1における名刺の展開時を示した斜視図である。
【図3】本考案の実施形態1における名刺の展開時を示した斜視図である。
【図4】本考案の実施形態2における名刺の展開時を示した斜視図である。

【0020】
以下に、本考案の実施形態について図1ないし図4を参照して説明する。
<実施形態1>
図1ないし図3を参照して、実施形態1である、自動起立をする立体部を備えた、二つ折り名刺についての説明を行う。
図1において、符号1は名刺を、符号2は立体部を、符号3は名刺の内面を示している。次いでこれらを説明する。
【0021】
名刺1は、折り畳み可能な名刺部分である本体部11と、立体部2からなる立体名刺である。本体部11は2枚の名刺が結合した折り畳み可能な名刺である。第一の名刺11a、及び第二の名刺11bの二枚の名刺は合同な長方形であって、名刺の折り目12がその長方形の長辺を形成している。
【0022】
立体部2は、本体部11が展開された際に起立して、立体表示を行う部分である。追加の記載可能領域である表示部21と、設置部22、脚部23を備えている。表示部21は設置部22と脚部23によって本体部11の内面3に固定されている。立体部2は二つ折りになっており、その折り目を第一折り目2aとする。符号2bは、設置部22と脚部23によって形成される第二折り目を示している。第二折り目2bを展開軸として、可動の立体部2が起立する。
【0023】
図3に記載のように、脚部23がなく、表示部21と設置部22のみにより立体部2が構成されていてもよい。符号2cは、表示部21と設置部22によって形成される第二折り目の別形態である。
【0024】
内面3は、第一の名刺11a側である第一の内面3aと、第二の名刺11b側である第二の内面3bと、に分けることができる。第一の内面3a及び、第二の内面3bには立体部2を設置するための設置部22が固定されている。
また、名刺の折り目12と、第二折り目2bもしくは第二折り目2cの延長線と、が成す角を角度αとする。
【0025】
次いで本実施形態における名刺の動きについて説明する。
図1aに示すように、名刺1は、折り畳み時に一般的な名刺の形状である長方形を形成するように、二つ折りにされている。
【0026】
本実施形態においては、折り畳み時の名刺1の形状は長方形であるが、正方形やその他の形状にしても構わない。また、第一の名刺11aと第二の名刺11bの形状も合同なものでなくても構わない。第一の名刺11aと第二の名刺11bの短辺によって名刺の折り目12が形成されていても構わないが、折り畳み時に立体部2を本体部11の内部に収容する場合、表示部21が横長の形状となってしまうため、あまり好ましくない。
【0027】
立体部2は、図1bのように設置部22によって第一の内面3a、第二の内面3bにそれぞれに設置され、表示部21が表に来るよう山折りにされて本体部11の内側に収容されている。設置部22は後述の理由により、角度αが鈍角を成すように設置されている。
【0028】
図2もしくは図3のように名刺1を展開すると、立体部2は展開する力に連動し、第二折り目2bもしくは第二折り目2cを展開軸として、名刺の折り目12から離れる方向に起立し、表示部21に記載された情報が開示される。ここで、角度αが直角になるように設置部22が配置されていると、自動で立体部2を起き上がらせることが出来ない。
【0029】
そして展開された名刺1を閉じると、立体部2は第二折り目2bもしくは第二折り目2cを軸として、名刺の折り目12の方向へ二つに折り畳まれながら収納され、図1の状態へ戻る。
【0030】
実施形態1では、立体部が名刺の展開によって自動で起立するよう構成した。そのような構成とすることで、折り畳み可能な名刺の内面側にある、記載可能領域を大きく確保することが可能となる。加えて、特殊なギミックを名刺に取り入れることにより、名刺交換などの際に、相手に特別な印象を与ることが可能となる。
【0031】
<実施形態2>
図4を参照しながら本考案の実施形態2について説明する。なお、本説明内では、上述した実施形態1と基本的に同一の構成要素については、同一の符号を付してその説明を簡略化する。
【0032】
本実施形態では、実施形態1の変形例である、展開可能な立体部を備えた、二つ折り名刺についての説明を行う。
本実施形態では、立体部2は脚部23を持っておらず、表示部21の延長上に設置部22が形成されている。また、設置部22は、角度αが直角になるように固定されている。
【0033】
名刺1を展開すると図4aのように、表示部21の裏面が開示される。そして、手動で立体部2を持ち上げると図4bのように、第二折り目2cを展開軸として、立体部2を更に展開することができて、表示部21を視認することが可能となる。また、ここから逆の手順を踏むことで、立体部2を本体部11内部へ収容することができる。
【0034】
本実施形態では、角度αが直角であることで、手動で立体部を展開するようにしている。このような構成とすることによって、折り畳み可能な名刺の内側付された記載可能領域を最大限に確保しながら、単純な技術で作成可能なギミックを備えた名刺の提供が可能となる。
【産業上の利用可能性】
【0035】
本考案を利用することで、経歴や写真などこれまでスペースの関係上名刺に記載できていなかった情報を記載した名刺の提供が可能となる。また、営業やプライベートでの名刺交換の際に、特別な印象を与える名刺の提供が可能となる。
【0036】
1 名刺
11 本体部
11a 第一の名刺
11b 第二の名刺
12 名刺の折り目
2 立体部
2a 第一折り目
2b 第二折り目(脚部23あり)
2c 第二折り目(脚部23なし)
21 表示部
22 設置部
23 脚部
3 内面
3a 第一の内面
3b 第二の内面
α 角度



(57)【要約】

【課題】折り畳み可能な名刺であって、記載可能領域と立体部の大きさを更に十分に確保することで、多くの情報を記載可能とした立体部を有した名刺を提供する。【解決手段】本体部11の内側に立体部2を備えた折り畳み可能な名刺であって、立体部2は、本体部11の内側に固定された設置部22を有し、名刺の展開時に、本体部11の名刺の折り目12に沿った方向にさらに展開可能であることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):