(54)【考案の名称】ソーラーテーブル

(73)【実用新案権者】トヤマキカイ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、ソーラーテーブルに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
近年、再生可能エネルギーとして太陽光発電が広く利用されるようになっており、家屋の屋根を始めとして様々な場所に太陽電池モジュールが設置されている。例えば、屋外において、電線を敷設することなく電気を供給できることから、カーポート等の照明等に利用することが提案されている(例えば、特許文献1,2参照)。
【0003】

【効果】

【0011】
本考案によれば、屋外において、テーブルとして使用できるとともに、1枚の太陽電池モジュールを簡単かつ安価に支持して太陽光発電による電気を得ることができる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案のソーラーテーブルの一実施形態を示す斜視図である。
【図2】図1のソーラーテーブルのA−A線断面図である。
【図3】図1のソーラーテーブルの分解斜視図である。
【図4】連結フレームと連結部材との関係を示す分解斜視図である。

【0013】
以下、本考案の実施の形態を図面に基づいて説明する。
【0014】
図1乃至図3には、本考案のソーラーテーブル1の一実施形態が示されている。
【0015】
このソーラーテーブル1は、1枚の太陽電池モジュール2と、複数本の連結フレーム3,3Aと、交差する連結フレーム3,3Aを連結する連結部材4と、連結フレーム3Aに固定されて太陽電池モジュール2を支持する支持材5とから構成されている。
【0016】
太陽電池モジュール2は、矩形状に形成された太陽電池パネル21及び該太陽電池パネル21の周縁に装着された枠材22から構成される従来公知の製品であって、太陽電池パネル21の裏面には、電気を取り出すための端子ボックス及びケーブル(図示せず)が設けられている。
【0017】
連結フレーム3,3Aは、設定寸法に切断して使用されるアルミの引抜き成形品であって、断面方形に形成され、その各辺には、略あり状のガイド溝3aが長手方向に沿って形成されている。
【0018】
この場合、連結フレーム3は、各辺にそれぞれ1条のガイド溝3aが形成された断面正方形状であり、連結フレーム3Aは、対向する一対の辺にそれぞれ1条のガイド溝3aが形成され、他の対向する一対の辺にそれぞれ2条のガイド溝3aが形成された断面長方形状であって、本実施形態においては、後述するように、太陽電池モジュール2の支持枠10には連結フレーム3Aが採用され、支柱13、支持脚14及び補強脚15には、連結フレーム3が採用されている。ただし、支柱13等において、連結フレーム3Aの使用を妨げるものではない。
【0019】
連結部材4は、図4に示すように、L字状に形成された連結材41と、連結フレーム3,3Aのガイド溝3aに対応して断面略台形状に形成され、雌ねじが形成されたナット42と、該ナット42の雌ねじにねじ結合可能な雄ねじが形成されたボルト(六角穴付き)43とからなり、連結材41の両端にはボルト43を挿通可能な取付穴41aが形成されている。
【0020】
ここで、ナット42は、上方より見て、ガイド溝3aの開口幅に略対応する横寸法と、ガイド溝3aの幅に略相当する縦寸法とを有する平行四辺形に形成されている。また、ナット42の上面には、ガイド溝3aの開口幅に相当する間隔の段差部が形成されている。これにより、ナット42にボルト43をねじ結合し、ナット42を開口を通してガイド溝3aに挿入して長手方向に沿って任意の位置に移動させた後、ボルト43をねじ込むと、ナット42の長い側の対角線の頂点がガイド溝3aの内面に接触して回転が阻止されるとともに、前述した段差部がガイド溝3aの開口と平行に対向するように設定されている。すなわち、連結材41の取付穴41aにボルト43を挿通するとともに、ボルト43にナット42をねじ結合し、ナット42を連結フレーム3,3Aのガイド溝3aの開口に沿わせてその内部に挿入した後、任意の位置に移動させてボルト43を締付方向に回転させることにより、ガイド溝3aからの抜け出しを防止する位置で回転を阻止してナット42にねじ結合できることから、連結フレーム3,3Aに連結材41を固定することができる。この際、ナット42の段差部がガイド溝3aの開口に嵌まり込み、確実に回転が阻止されて位置決めされる。
【0021】
支持材5は、垂直片及び水平片からなる断面L字状に形成され、垂直片には、ボルト43を挿通可能な取付穴が形成されている。したがって、支持材5の垂直片の取付穴にボルト43を挿通し、ボルト43にナット42をねじ結合した後、連結フレーム3Aのガイド溝3aにナット42を挿入してボルト43を締付方向に回転させることにより、連結フレーム3Aに支持材5を固定することができる。
【0022】
次に、太陽電池モジュール2、連結フレーム3,3A、連結部材4、支持材5を用いてソーラーテーブル1を組み立てる要領を説明する。
【0023】
まず、対向する一対の辺に2条のガイド溝3aを形成した連結フレーム3Aから太陽電池モジュール2の縦横寸法に対応する内寸の支持枠10を形成する。具体的には、連結フレーム3Aを、太陽電池モジュール2の長辺側寸法に対応する長さに切断して2本の長辺側支持フレーム11を用意するとともに、太陽電池モジュール2の短辺側寸法に連結フレーム3Aの幅寸法の2倍の長さを加えた長さに切断して2本の短辺側支持フレーム12を用意する。次いで、2本の長辺側支持フレーム11を縦長方向を上下方向に向けて太陽電池モジュール2の短辺側寸法に相当する間隔をおいて前後に配置するとともに、それらの左右各端部にそれぞれ短辺側支持フレーム12を配置し、方形に枠組みする。
【0024】
次いで、連結材41の取付穴41aにボルト43を挿通するとともに、ボルト43にナット42をねじ結合した後、直交する長辺側支持フレーム11と短辺側支持フレーム12との交差部において、下方のガイド溝3aに合わせて連結材41をあてがい、ナット42をそれぞれ支持フレーム11,12の下方のガイド溝3aにその開口を通して挿入する。そして、ボルト43を六角レンチを用いてねじ込めば、ナット42がボルト43にねじ結合されて連結材41を挟み込むことから、支持フレーム11,12を連結部材4を介して直交状態に互いに固定することができる。同様に、長辺側支持フレーム11と短辺側支持フレーム12との他の交差部においても、連結部材4を介して互いに直交状態に固定する。これにより、2本の長辺側支持フレーム11及び2本の短辺側支持フレーム12を方形に枠組みした支持枠10を形成することができる。
【0025】
また、支持枠10を構成する各長辺側支持フレーム11の内面に設定間隔をおいて複数個の支持材5を配置し、その取付孔に挿通されたボルト43にねじ結合されたナット42を下方のガイド溝3aに挿入した後、ボルト43をねじ込み、支持材5を固定する。
【0026】
この場合、支持枠10の長辺側支持フレーム11に固定された支持材5の水平片の上面(支持面)は、連結材41よりも若干上方に位置するとともに、該支持材5の水平片に太陽電池モジュール2を載置した際、太陽電池モジュール2の上面が支持枠10を構成する支持フレーム11,12、すなわち、連結フレーム3Aの上面と面一に位置するか、若干低く位置するように、太陽電池モジュール2の高さに基づいて設定されている。
【0027】
なお、支持枠10に固定される支持材5の数は、太陽電池モジュール2の寸法及び重量等に基づいて設定される。例えば、実施例においては、長辺側支持フレーム11に長さ方向に間隔をおいて2個設けた場合を例示したが、短辺側支持フレーム12に設けてもよく、両方の支持フレーム11,12にそれぞれ設けてもよい。
【0028】
支持枠10が形成されたならば、連結フレーム3を設定長さに切断して左右2本ずつ合計4本の支柱13を用意し、左右各2本の支柱13の上端面を、支持枠10を構成する各短辺側支持フレーム12における略中間部の下面に長手方向に設定間隔をおいてそれぞれ突き当て、それらの交差部において、連結材41をあてがい、短辺側支持フレーム12のガイド溝3a及び支柱13のガイド溝3aにナット42をそれぞれ挿入するとともに、ボルト43を順にねじ込み、短辺側支持フレーム12,12に対してそれぞれ2本の支柱13を連結部材4を介して互いに固定する。
【0029】
さらに、連結フレーム3を設定長さに切断して左右の支持脚14を用意し、その略中間部の上面の設定位置に支柱13の下端面を突き当て、それらの交差部において、連結材41をあてがい、支持脚14のガイド溝3a及び支柱13のガイド溝3aにナット42をそれぞれ挿入するとともに、ボルト43を順にねじ込み、左右2本の支柱13,13に対して左右の支持脚14を連結部材4を介して互いに固定する。次いで、連結フレーム3を支持枠10の長辺側内寸に相当する長さに切断して補強脚15を用意し、その左右各端面を左右の支持脚14の長さ方向略中間部の内側面にわたって配置し、左右の支持脚14及び補強脚15の交差部において、連結材41をあてがい、その取付穴41aに挿通されたボルト43にねじ結合されたナット42を支持脚14のガイド溝3a及び補強脚15のガイド溝3aにそれぞれ挿入し、それぞれボルト43をねじ込んで各連結材41を順に固定し、左右の支持脚14に対して補強脚15を連結部材4を介して互いに固定する。
【0030】
この後、太陽電池モジュール2を支持枠10内に落とし込めば、太陽電池モジュール2は、支持枠10を構成する長辺側支持フレーム11に固定された支持材5上に支持されることにより、ソーラーテーブル1を組み立てることができる。
【0031】
これにより、昼間において、太陽電池モジュール2が太陽光発電を行なうことから、発電された電気をその場で消費したり、図示しないバッテリーに貯えて非常用電源として利用したり、別途照明設備を付設して夜間の照明等に利用することができる。すなわち、電力会社との契約を要することなく、かつ、架線工事を行なうことなく発電した電気を利用することができ、コストを削減することができる。
【0032】
例えば、ソーラーテーブル1を家庭の庭等の他、キャンプ場、オープンカフェ、アミューズメントパーク、イベント会場や道の駅等の集客施設に設置することにより、テーブルとして利用することができるとともに、スマートフォン等の電子機器、電動自転車や電動車椅子等のバッテリーの充電ステーションとして利用したり、照明設備を付設して夜間における防犯灯や庭園灯等に活用することができる。
【0033】
また、ソーラーテーブル1を太陽電池モジュール2、連結フレーム3,3A、連結部材4、支持材5から形成できることから、構成部品を共通化して部品点数を削減することができるとともに、格別な技術を要することなく誰でも簡単かつ短時間に組み立てることができ、テーブルそのもののコストも削減することができる。
【0034】
なお、照明設備としてLEDテープを利用すると、ソーラーテーブル1を構成する任意の連結フレーム3,3Aのガイド溝3aに配設することができることから、新たな照明設備の設置空間を必要とせずに周囲を照明することができ、好ましい。この場合、LEDテープは、太陽電池モジュール2のケーブルに直接接続し、あるいは、発電した電力を蓄電するバッテリーに接続して使用することができる。
【0035】
また、前述した実施形態においては、太陽電池モジュール2を支持枠10に落とし込んで載置する場合を例示したが、紛失等を考慮して、専用工具によってのみ回転操作できる特殊ボルトを用いて支持材5にねじ結合することが好ましい。
【0036】
1 ソーラーテーブル
2 太陽電池モジュール
21 太陽電池パネル
22 枠材
3,3A 連結フレーム
4 連結部材
41 連結材
42 ナット
42 ボルト
5 支持材
10 支持枠
11,12 支持フレーム
13 支柱
14 支持脚
15 補強脚

(57)【要約】

【課題】屋外において、1枚の太陽電池モジュールを簡単かつ安価に支持して太陽光発電による電気を得るとともに、テーブルとして使用するソーラーテーブルを提供する。【解決手段】1枚の太陽電池モジュール2と、各辺にガイド溝が長手方向に形成された断面方形の連結フレーム3,3Aと、交差する連結フレーム3,3Aの交差部に配設可能な連結材、連結フレーム3,3Aのガイド溝に嵌挿したナット、該ナットにねじ止め可能なボルト43からなる連結部材4と、連結フレーム3Aに配設可能な支持材5とから構成され、4本の連結フレーム3Aを連結部材4を介して枠組みし、その内面に支持材5を固定して太陽電池モジュール2を収納し、支持する支持枠10を形成し、対向する一対の連結フレーム3Aに支柱13として連結フレーム3を連結部材4を介して立設し、支柱13の下端に支持脚14として連結フレーム3を連結部材4を介して固定する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):