(54)【考案の名称】カレンダー

(73)【実用新案権者】株式会社新栄プロセス社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は2か月分を1単位とするカレンダーに関する。

【従来の技術】

【0002】
カレンダーは通常壁面等に止着して使用に供するものである。 そして、その止着の手段としては画鋲で止めたり、接着テープで貼り着したりすることを通例とした。
【0003】
一方、既存の技術として、「静電吸着シート」(例えば、特許文献1参照。)というシートが存在する。 当該静電吸着シートとは、片面に記録層を具えた樹脂フィルム層を含むラベル層に帯電処理を施し、次いで支持体層を樹脂フィルム層と接触させて静電吸着させた積層体を含むものであり、また支持体層に帯電処理を施し、次いで型面に記録層を備えた樹脂フィルム層と接触させて静電吸着させた積層体を含むものであり、その両面は静電気が帯びにくいものであるが、支持体層から剥離したラベル層は静電気により被着体に吸着可能とする、と言う特性を具えている。
【0004】
上記した既存技術たる「静電吸着シート」とは、「静電気の力で両面貼れる」とのキャッチコピーで「ユポ静電吸着(登録商標)」と言う商標を附して実施されている技術である。そして、これが製品化された状態にあっては、片面に印刷等の表示が成されたラベル2枚を、その反表示面を背中合わせに重ねると共に、静電吸着処理を施すものである。 このように処理された2枚の印刷物は、剥離することに依り裏面側に静電気が生じ、平坦な部分に対して吸着されると言う特性を具えている。 すなわち、2枚を重ねた状態では静電吸着作用は奏さず、互いに剥離することに依り、その裏面側に静電吸着作用が働くと言う作用を奏するものである。 従って、不使用時には2枚合わせの状態を保ち、使用に際してこれを剥離することに依り、はじめて静電気に基づく貼り付けが可能化され、その利用が図られる、と言うものである。
【0005】
本考案はこのような既存技術である「静電吸着シート」の特性に着目し、これの有効利用を図ることにより、新機軸を具えたカレンダーの提供を図ったものである。
【0006】

【効果】

【0012】
本考案は請求項1に記載のような構成を採用したから、第1カレンダーシートと第2カレンダー―シートとは分離することに依り、静電気による貼り着可能状態に転化され、これにより、その貼り着を直ちに行わなければならず、そのため、常に複数月の表示と言うことが、忘れるとなく行われる。
【0013】
更に、第1チェックシートと第2チェックシートとは、両者を引きはがすことに依り、静電気による貼り着作用が奏されるため、接着剤、接着テープ、画鋲等を使用することなく直ちにその貼り着を行うことが可能化される。 従って、貼り着作業の容易性が図られると共に、接着痕また画鋲の削孔痕が残ることがない。
【0014】
本考案は請求項2に記載のような構成、すなわち、第1カレンダーシートAに表示する月数を複数月とし、第2カレンダーシートBに表示された月数を、第1カレンダーシートAに表示された月数に連なりかつこれと同数の月数を表示するように構成することにより、任意形態のカレンダーの提供が果たされる。
【0015】
本考案は請求項3に記載のような構成、すなわち、所要枚数から成りかつ12ヵ月分を一セットとするように構成することにより、一年分のカレンダーの頒布を行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】本考案の実施例を示す斜視図である。
【図2】本考案の表面側カレンダー面を表した正面図である。
【図3】本考案の裏面側カレンダー面を表した背面図である。
【図4】本考案の重合状態を表した説明用拡大断面図である。

【0017】
Aは樹脂フィルム層を含む表面側の第1カレンダーシートであって、当月一か月分の日付及び曜日を表示した印刷面aを表面に形成して成るものである。
【0018】
Bは樹脂フィルム層を含む裏面側の第2カレンダーシートであって、上記した第1カレンダーシートA側に表示された月の翌月の日付および曜日を表示した印刷面bを表面に形成して成るものである。
【0019】
上記した第1カレンダーシートAと第2カレンダーシートBは、その互いの樹脂フィルム層の裏面を重合合致化すると共に、その樹脂フィルム層に対する電荷注入に依り、或いは誘電により内部電荷を分離させて帯電させる。 これにより、第1チェックシートAと第2チェックシートBは、その互いの裏面側において図1及び図4に示すように吸着されることとなる。
【0020】
本考案はその使用に際して、第1カレンダーシートAと第2カレンダーシートBとを分離すると共に、その夫々の背面側に帯電している静電気により、部屋の壁面、或いは冷蔵庫の扉のような平坦面に対する貼着を行うものである。 これにより、図示の実施例にあっては、当月及び翌月の二枚のカレンダーを展示することができる。
【0021】
また、図示の実施例にあっては当月及び翌月の二ケ月分を1枚(表裏合わせたものが1枚)としてあるが、表面に2か月分を表示し、裏面側には次の2か月分を表示するようにしても良い。 すなわち、表裏いずれの面も複数月を表示するように構成しての実施も可能である。 そして、本考案に係るカレンダーは原則として1年分を1セットとするように、すなわち、一月づつを表裏に表したものは6枚で1セットとし、6ケ月づつを表裏に表した場合は1枚で1セットとされると言うように、表示する月数によって、1セットとするものの枚数が異なってくるわけである。
【0022】
ところで、第1カレンダーシートAと第2カレンダーシートBを重合させた状態での帯電のための手段であるが、これは特許第4988062号の「静電気吸着シート」の技術を用いるものである。 換言すると、本考案は当該特許に係る「静電気吸着シート」が、2枚合わせのシートから成り、両シートはこれを剥離することに依り発生する静電気に基づき所要面に対する貼り着がなされると言う特性を有することに着眼し(両シートは剥離すると同時に両者の同時的に使用を図る必要がある点に着眼し)、同特性を有効利用することによって、新しいタイプのカレンダーの提供を図ったことを特徴とするものである。 従って、上記帯電のための手段は公知技術に属するため、その詳細説明は省略する。
【0023】
A 第1カレンダーシート
a 印刷面
B 第2カレンダーシート
b 印刷面

(57)【要約】

【課題】「静電吸着シート」と言う既存の技術を利用して、新しいタイプのカレンダーを提供する。【解決手段】当月分の日付および曜日を表した印刷面aを表面に施しかつ樹脂フィルム層を含む第1カレンダーシートAと、当該第1カレンダーシートAと同様な形態を具えかつ翌月分の日付および曜日を表した印刷面を表面に施しかつ樹脂フィルム層を含む第2カレンダーシートBとを積層し、両者はその互いの裏面の樹脂フィルム層が静電気により吸着されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):