(54)【考案の名称】着脱容易にしたベスト

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、前面部分が一体にかつ面一に形成されたベストに於いて、着衣者が両腕を出す左又は右の開口下縁から側面部下縁までファスナーを取付け、このファスナーを上下操作することによりベストの着衣者が着脱できる着脱容易にしたベストの技術に関する。

【従来の技術】

【0002】
この種、従来の技術に於ける例としては図3に示す技術がある。これについて説明すれば、ベスト1は、ベスト本体2と当該ベスト本体2に例えば着脱自在の襟部材3とからなる。ベスト本体2には、襟部分の開口4と、着衣者が両腕を出す開口5a、5bとが設けられており、右前面部6aと左前面部6bとが中央部分で一部重なってボタン7a乃至7cにより留められるようになっている。襟部材3は、ベスト本体2の襟部分に設けられたドットボタン(図示せず)と当該襟部材3のドットボタン(図示せず)とが勘合することで装着されることになる。襟部材3のドットボタンは、好適な間隔で配設されているので、バランスよく襟部分の開口4近傍に装着することが可能となる。この襟部材3としては、例えば多種多様な柄、模様のものを採用することができるので、ベスト1のデザイン性を高めることが可能となる。また、襟もとは汗等で汚れやすいが、当該襟部材3を交換するだけで、衛生面も高めることができる。また、襟部材3としては、着物地、布、革、ナイロン等、多種多様な材質のものを採用することができる。
そして着衣者が着用した当該ベスト1を身体から脱ぐためには、先ずベスト本体2の中央部分2aの例えば左前面部6bの垂直縁部6cに上下に適宜間隔を有して装着したボタン7aないし7cを右前面部6aの垂直縁部6dから外して当該右前面部6a及び左前面部6bを開放して当該ベスト1を身体から取外す。
次に着衣者が当該ベスト1を着るためには上述の動作を逆にすることになる。
【0003】

【効果】

【0007】
本考案に係る着脱容易にしたベストは叙上の構成を有するので、次の効果がある。
すなわち、請求項1に記載の考案によれば、前面部分が一体かつ面一に形成されたベストに於いて、該ベストは着衣者の首を挿入する襟部分の開口と、着衣者の両腕を挿入する左・右開口とでなり該左・右開口の下縁から前記ベストの左又は右側面部の下縁まで取付けられたファスナーを有したことを特徴とする着脱容易にしたベストを提供する。
このような構成としたので、本考案に係るベストは一般の着衣者はもとより、老人や指、手が円滑に機能しない人達にもベストの左又は右側面部に配置したファスナーのスライダー把手を上下操作することにより極めて容易に身体に着脱できるという効果がある。
【0008】
請求項2に記載の考案によれば、前記ベストの前面部分に絵柄又は格子状図柄若しくは模様を配置したことを特徴とする請求項1に記載の着脱容易にしたベストを提供する。
このような構成としたので、請求項1に記載の考案の効果に加えて、ベストの前面が一体かつ面一であって開放部分がないので、絵柄や模様をベストの前面に好みに応じて配色・配置可能でありベストの見栄えを向上させると共に該ベストの販売拡大を図ることができ、衣服産業の発達に寄与するという効果がある。

(57)【要約】

【課題】指先や手の不自由・不慣れな人でも容易に着脱できるベストを提供する。【解決手段】ベスト8は前身頃9即ち、前面部分は一体かつ面一に形成されており、首を挿入する襟11a部分の開口11と、両腕を挿入する左・右開口12a、12bとを有している。左側面部13aと右側面部13bのいずれか一方又は両方にファスナー14を配置する。ファスナーは開口12a、12bの下縁から左・右側面部の下縁13c、13dまで取付けられる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):