(54)【考案の名称】ベルトコンベヤのキャリヤローラ

(73)【実用新案権者】株式会社JRC

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、ベルトコンベヤに於けるキャリヤローラに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来のベルトコンベヤのキャリヤローラは、周知のように、前後に等間隔を存してキャリヤベルトの下側を横切ってコンベヤフレームにキャリヤビームの両端が取り付けられ、このキャリヤビームの中央部分から対向するセンタスタンドにセンタローラの両端が保持され、またキャリヤビームの両端から起立するサイドスタンドと上記センタスタンドとに左右一対のサイドローラの両端が保持されて、水平なセンタローラに対し左右のサイドローラを、外側方に向かって高くなってトラフ形になっている(特許文献1の図7参照)。
【0003】
ところが、何らかの原因によりセンタローラやサイドローラのスムーズな回転を阻害する故障が発生すると、故障したセンタローラやサイドローラの交換が必要になる。
【0004】
この交換作業に大幅な手数がかかると共に、大掛かりな交換作業のためにベルトコンベヤの運転稼働率が大幅に低下する。
【0005】
そこで、センタローラやサイドローラの交換が容易になるようにしたキャリヤローラスタンドやベルトコンベヤがある(特許文献1及び2)。
【0006】

【効果】

【0013】
以上のように、この考案によれば、キャリヤビームに固定手段により固定した短尺スライダ及び長尺スライダにそれぞれスタンドを介しベルトの走行方向前後に並列する複数(本)のサイドキャリヤローラ及びセンタキャリヤローラを支持させてあり、そして輸送物の乗り継ぎ部分の前後にこの考案のキャリヤローラを並設することで、上方から落下する輸送物の衝撃によって前後のキャリヤローラ間のベルトが大きく沈み込む不都合を、すなわち、所定の範囲内の各キャリヤビームの前後に大きな間隔ができない(前後の間隔を極小にする)配列のセンタキャリヤローラ及びサイドキャリヤローラによりなくすることができる。
【0014】
このため、乗り継ぎ部分に設置してあるスカートゴムとコンベヤベルトとの間に間隙が発生するのを回避し、この回避にともない荷こぼれをなくすると共に、従来のように発生した間隙に輸送物が食い込み、この食い込みによりベルトが損傷するような問題をなくすることができる。
【0015】
また、センタキャリヤローラやサイドキャリヤローラの保守点検や交換などにともない、作業のしやすい位置の固定手段による固定を解除することで、長尺スライダと共にセンタキャリヤローラ及びサイドキャリヤローラや、短尺スライダと共にサイドキャリヤローラを外側方に引き出すことができる。
【0016】
このため、保守点検や交換作業が容易になって、作業能率が大幅に向上すると共に、ベルトコンベヤの大幅な稼働率の低下をなくすることもでき、かつ安全に作業できる。
【0017】
さらに、運転位置に長尺スライダ及び短尺スライダを突っ込んだ際、キャリヤビームに設けてある保持手段の両側縁から内方に長尺スライダ及び短尺スライダの突っ込み方向端部を突っ込むようにしてあるので、この突っ込み状況下での突っ込み端部の浮き上がりや、ベルト長手方向(前後)の移動を阻止する。
【0018】
このため、運転状況下での長尺スライダ及び短尺スライダが安定し、かつ手間や困難な作業の固定方式が不要になる。すなわち、狭い場所(作業性の悪い)での長尺・短尺スライダの内側端の保持が極めて容易になる。
【図面の簡単な説明】
【0019】
【図1】この考案の第1の実施形態を示す側面図である。
【図2】同上の正面図である。
【図3】同上の縦断拡大側面図である。
【図4】長尺スライダのスライドを示す正面図である。
【図5】スライダの浮上防止例を示す縦断拡大側面図である。
【図6】浮上防止の他の例を示す縦断拡大側面図である。
【図7】この考案の第2の実施形態を示す拡大正面図である。
【図8】同上の縦断側面図である。

【0020】
この考案の第1の実施形態を添付図面に基づいて説明する。
図1から図4に示す1は、ベルトコンベヤAのキャリヤベルトaの下を横切ってコンベヤフレームBに両端を固定(この固定方式は、例えばボルトとナットとからなる締付具を用いる)したキャリヤビームである。
【0021】
また、このキャリヤビーム1には、キャリヤビーム1をガイドとしてベルトaの幅方向にスライドする片側サイドキャリヤローラ2の設置範囲に見合う短尺スライダ3と、センタキャリヤローラ4ともう片側サイドキャリヤローラ5との設置範囲に見合う長尺スライダ6とが設けてあり、短尺スライダ3には、ベルトaの走行方向前後に並列間隔を小さくして複数本のサイドキャリヤローラ2を支持するサイドスタンド7が、また長尺スライダ6には、ベルトaの走行方向前後に並列間隔を小さくして複数本のセンタキャリヤローラ4を支持するセンタスタンド8と、ベルトaの走行方向前後に並列間隔を小さくして複数本のサイドキャリヤローラ5を支持するサイドスタンド9が設けてある。
【0022】
上記両側(左右)のサイドキャリヤローラ2、5は、センタキャリヤローラ4に対し外側方に向かって高く(登り傾斜)なって荷こぼれ防止のトラフ形にしてあり、サイドスタンド7、9に対する両サイドキャリヤローラ2、5の支持、センタスタンド8に対するセンタキャリヤローラ4の支持は、周知のように、例えばサイドスタンド7、9及びセンタスタンド8の上端から下方に向くU字状の切欠き10にサイドキャリヤローラ2、5及びセンタキャリヤローラ4の支軸11の両端部外周面対向位置に設けてある溝12を(図1、3、5、6参照)落とし込みにより嵌め込み係合させて、不回転状態に支軸11を支持するようになっている。
【0023】
また、上記の短尺スライダ3及び長尺スライダ6は、サイドキャリヤローラ2と、サイドキャリヤローラ5及びセンタキャリヤローラ4とが運転位置に到達するように押し戻したとき、キャリヤビーム1に対し短尺スライダ3及び長尺スライダ6のスライドを固定手段Cにより阻止するようにしてある。
【0024】
上記の固定手段Cとしては、例えば図2、3、4に示すように、キャリヤビーム1と短尺スライダ3及び長尺スライダ6とに合致する透孔15を設けて、この透孔15に挿通するボルトにナットをねじ込む締付具16を用いたが、限定されず、その他の方式で目的を達成することもある。
【0025】
勿論、固定手段Cは、ベルトコンベヤAの両側近くに設けて、作業者による操作がしやすいようにしてある。
【0026】
なお、図2、4、5に示すように、短尺スライダ3及び長尺スライダ6の辺縁から突出する突片17にキャリヤビーム1の抱き込み板18の両端をボルトとナットとからなる締付具19で固定(単なる浮き上がり、転倒防止を目的とし、かつ長尺スライダ6及び短尺スライダ3のスムーズなスライドを許容する間隙を設けて)しておくことで、短尺スライダ3、長尺スライダ6のスライドを阻害することなく、短尺スライダ3及び長尺スライダ6の浮上、転倒をなくすることができる。
【0027】
また、図6に示すように、短尺スライダ3と長尺スライダ6の表面にキャリヤビーム1の両端縁を抱き込む「つ」字状の抱き込み板20をボルトの締付具21によりねじ込んで取り付けておくと、上述と同様の作用効果がある。
【0028】
そして、図示のように短尺スライダ3及び長尺スライダ6の裏面に滑走パッド22を設けておくと、スムーズなスライドを保障することができる。
【0029】
なお、図示の場合、センタキャリヤローラ4及びサイドキャリヤローラ2、5は、前後に二本並設したが、数は限定されない。
【0030】
図中23は、作業用フックの掛合部である。24は前後のサイドスタンド7、7及び9、9の連結板である。
【0031】
上記のように構成すると、図1に示すように上流側コンベヤ(図示省略)からの輸送物を荷受けする下流側コンベヤAの乗り継ぎ点や、シュートからの落下輸送物を荷受けするコンベヤAの乗り継ぎ点のキャリヤ側ベルトaの裏面(図示下面)を支承するように前後に複数列この考案のキャリヤローラを使用する。
【0032】
すると、落下する輸送物の衝撃により前後のキャリヤローラ間のベルトが大きく沈み込む不都合を、それぞれ前後に並列し、かつ並列間に大きな間隙のない、すなわち、間隙が極小となる並列センタキャリヤローラ4や同サイドキャリヤローラ2によりなくすることができる。
【0033】
その結果、スカートゴムとコンベヤベルトあとの間に沈み込みにともない発生した間隙をなくすると共に、間隙に輸送物が食い込んで発生した問題をなくすることができる。
【0034】
また、センタキャリヤローラ4やサイドキャリヤローラ2の保守点検や故障にともなう交換などに際しては、固定手段Cによるキャリヤビーム1に対する短尺スライダ3、長尺スライダ6の固定を解除する。
【0035】
すると、短尺スライダ3と共にサイドキャリヤローラ2を外側方に、また長尺スライダ6と共にセンタキャリヤローラ4及びサイドキャリヤローラ2を外側方に引き出して、極めてスムーズな点検や交換ができ、点検や交換にともなうコンベヤの長時間の運転停止にともなう不都合をなくし、安全に作業ができる。
【0036】
なお、この考案のキャリヤローラの上流、下流には、既知の(単列のセンタキャリヤローラとサイドキャリヤローラとからなる)キャリヤローラXを使用する。
【0037】
次にこの考案の第2の実施形態を説明する。
図7及び図8に示すように、運転位置に長尺スライダ6及び短尺スライダ3を押し戻した際、キャリヤビーム1の外側に設けてある保持手段Eの両側縁から内側に長尺スライダ6及び短尺スライダ3の対向端部を突っ込むようにしてある。
【0038】
この突っ込む目的は、突っ込みにともない長尺スライダ6及び短尺スライダ3のキャリヤビーム1に対する浮き上がりやベルトaの長手方向への移動を止めることにあり、この目的達成によりキャリヤビーム1に対し長尺スライダ6及び短尺スライダ3を安定させる。
【0039】
上記の保持手段Eは、図示のようにキャリヤビーム1の外側に長尺スライダ6及び短尺スライダ3の対向端を突っ込むための間隙を設けて外側に抱き込み板21を配置すると共に、抱き込み板21の内側両側縁間の中央で、キャリヤビーム1と抱き込み板21との間に間隙形成リング22を点在的に配置して、抱き込み板21からリング22、キャリヤビーム1にボルトとナットとからなる締付具23を挿通して、締め付けによりキャリヤビーム1に対し抱き込み板21を取り付けて形成する。
【0040】
なお、抱き込み板21の内側に対する短尺スライダ3及び長尺スライダ6の突っ込みがスムーズになるように、抱き込み板21の両側内側辺縁を、例えば面取り加工する。
【0041】
A ベルトコンベヤ
a ベルト
B コンベヤフレーム
C 固定手段
E 保持手段
1 キャリヤビーム
2、5 サイドキャリヤローラ
3 短尺スライダ
4 センタキャリヤローラ
6 長尺スライダ
7、9 サイドスタンド
8 センタスタンド
10 切欠き
11 支軸
12 溝
15 透孔
16 締付具
21 抱き込み板
22 リング
23 締付具

(57)【要約】

【課題】センタローラやサイドローラの交換作業が容易になるベルトコンベヤのキャリヤローラを提供する。【解決手段】片方のサイドキャリヤローラ2の配置長さに見合う短尺スライダ3ともう片方のサイドキャリヤローラ5及びセンタキャリヤローラ4の配置長さに見合う長尺スライダ6とをキャリヤビーム1上でベルトの幅方向にスライド自在に設ける。短尺スライダ3にベルトの走行方向前後に並列複数の片方のサイドキャリヤローラ2を支持するスタンド7を設ける。また長尺スライダ6にベルトの走行方向前後に並列複数のもう片方のサイドキャリヤローラ5及びセンタキャリヤローラ4を支持するスタンド8,9を設ける。さらにサイドキャリヤローラ2,5とセンタキャリヤローラ4とでベルトaを支承する位置にキャリヤビーム1に対し短尺スライダ3及び長尺スライダ6を作業のしやすい位置の固定手段Cにより固定する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):