(54)【考案の名称】デジタルノギス

(51)【国際特許分類】

G01B 3/20 ・スライドゲージ

(73)【実用新案権者】新潟精機株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は長さ測定器としてのデジタルノギスに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来この種のデジタルノギスとして、一方の測定ジョーを有する本尺と、該本尺に移動自在に設けられ、他方の測定ジョーを有するスライダと、該スライダの移動変位量を検出する変位検出手段と、該スライダに設けられ、該移動変位量をデジタル表示するデジタル表示部とを備えてなる構造のものが知られている。
【0003】

【効果】

【0007】
本考案は上述の如く、請求項1記載の考案にあっては、本尺に対してスライダを移動させ、一方の測定ジョーに設けられた測定子の測定面と他方の測定ジョーに設けられた測定子の測定面とを被測定物としてのワイヤロープに対向当接し、このときのスライダの移動変位量が変位検出手段により検出され、この変位検出手段により検出された移動変位量は線径の測定値としてデジタル表示部に表示されることになり、この際、上記一方の測定ジョー及び上記他方の測定ジョーにそれぞれ測定子を設けているから、一方の測定ジョー及び他方の測定ジョーが被測定物としてのワイヤロープに当接するのではなく、一方の測定ジョーに設けられた円盤状の測定子及び他方の測定ジョーに設けられた円盤状の測定子が被測定物に対向当接することになり、細い線径のもの、あるいは、太い線径のもの等、多種の線径のもの、複数の素線を撚った複数のストランドを芯網に撚り合わせて形成されたワイヤロープであっても、被測定物の線径を迅速にかつ正確に測定することができ、かつ、上記測定子は円盤状に形成されているから、被測定物の線径方向と測定子との測定の方向性がなくなり、線径測定を容易に行うことができる。
【0008】
又、請求項2記載の考案にあっては、上記測定子は上記測定ジョーにボルトにより止着固定されているから、測定ジョーに測定子を容易に取り付けることができ、取付構造を簡素化することができ、測定子の取り替えも容易に行うことができ、使用の利便性を向上することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案の実施の形態例の斜視図である。
【図2】本考案の実施の形態例の正面図である。
【図3】本考案の実施の形態例の部分断面図である。
【図4】本考案の実施の形態例の部分断面図である。
【図5】本考案の実施の形態例の使用状態図である。

【0010】
図1乃至図5は本考案の実施の形態例を示し、1は本尺、2はスライダであって、このスライダ2は本尺1に移動自在に設けられ、本尺1に一方の測定ジョー1aが設けられ、スライダ2に他方の測定ジョー2aが設けられている。
【0011】
3は変位検出手段、4はデジタル表示部であって、この場合、変位検出手段3は静電容量式エンコーダが用いられ、スライダ2の移動変位量を測定値として液晶式表示部からなるデジタル表示部4により表示するように構成している。
【0012】
5・5は測定子であって、上記一方の測定ジョー1a及び上記他方の測定ジョー2aにそれぞれ設けられ、この場合、図3、図4の如く、一方の測定ジョー1a及び上記他方の測定ジョー2aの測定面の幅、すなわち、測定面の幅としての厚さは3mmであるのに対し、この測定子5・5の測定面5a・5aの直径は20mmとされ、それぞれ、ボルト6・6により止着固定され、これらボルト6・6は測定子5・5の測定面5a・5aより突出しないように没入して構成している。
【0013】
この場合、上記本尺1に本尺目盛1bが形成され、上記スライダ2に本尺目盛1bを読み取る基線としての基線端縁部2bが形成されている。
【0014】
この実施の形態例は上記構成であるから、図5の如く、本尺1に対してスライダ2を移動させ、一方の測定ジョー1aに設けられた測定子5の測定面5aと他方の測定ジョー2aに設けられた測定子5の測定面5aとを被測定物Wとしてのワイヤロープに対向当接し、このときのスライダ2の移動変位量が変位検出手段3により検出され、この変位検出手段3により検出された移動変位量は線径Dの測定値としてデジタル表示部4に表示されることになる。
【0015】
この際、図1、図2、図3の如く、上記一方の測定ジョー1a及び上記他方の測定ジョー2aにそれぞれ円盤状の測定子5・5を設けているから、一方の測定ジョー1a及び他方の測定ジョー2aが被測定物WとしてのワイヤロープWに当接するのではなく、一方の測定ジョー1aに設けられた測定子5及び他方の測定ジョー2aに設けられた測定子5が被測定物WとしてのワイヤロープWに対向当接することになり、細い線径のもの、あるいは、太い線径のもの等、多種の線径のもの、複数の素線を撚った複数のストランドを芯網に撚り合わせて形成されたワイヤロープであっても、被測定物Wの線径Dを迅速にかつ正確に測定することができ、かつ、上記測定子5・5は円盤状に形成されているから、被測定物Wとしてのワイヤロープの線径方向と測定子5・5との測定の方向性がなくなり、線径測定を容易に行うことができる。
【0016】
又、この場合、図3、図4の如く、上記測定子5・5は上記測定ジョー1a・2aにボルト6・6により止着固定されているから、測定ジョー1a・2aに測定子5・5を容易に取り付けることができ、取付構造を簡素化することができ、測定子5・5の取り替えも容易に行うことができ、使用の利便性を向上することができる。
【0017】
尚、本考案は上記実施の形態例に限られるものではなく、本尺1、スライダ2、変位検出手段3、デジタル表示部4、測定子5・5の大きさや形状、取り付け構造等は適宜設計して変更されるものである。
【0018】
以上、所期の目的を充分達成することができる。
【0019】
1 本尺
1a 一方の測定ジョー
2 スライダ
2a 他方の測定ジョー
3 変位検出手段
4 デジタル表示部
5 測定子
5a 測定面
6 ボルト

(57)【要約】

【課題】一方の測定ジョーに設けられた円盤状の測定子及び他方の測定ジョーに設けられた円盤状の測定子が被測定物に対向当接することになり、細い線径のもの、あるいは、太い線径のもの等、多種の線径のもの、複数の素線を撚った複数のストランドを芯網に撚り合わせて形成されたワイヤロープであっても、被測定物の線径を迅速にかつ正確に測定することができるデジタルノギスを提供する。【解決手段】一方の測定ジョー1aを有する本尺1と、本尺に移動自在に設けられ、他方の測定ジョー2aを有するスライダ2と、スライダの移動変位量を検出する変位検出手段3と、スライダに設けられ、移動変位量をデジタル表示するデジタル表示部4とを備えてなり、一方の測定ジョー及び他方の測定ジョーにそれぞれ円盤状の測定子5を設けてなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):