(54)【考案の名称】窓付きフォルダ

(73)【実用新案権者】株式会社みつや

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、書類等を挟んで保持するためのフォルダ、特に、飲食店等のメニューを収容するメニューブックに関する。

【従来の技術】

【0002】
飲食店等では、一般に来店客の注文の便宜のため店内にメニューを備え置いているが、メニューを記載したシートを裸のまま配置するほか、ビニル製等の比較的硬質な素材のカバーの内面にメニューを記載したシートを貼付け、又は挟んで成るメニューブックが多用されている。飲食店は、メニューの更改・追加等の際には随時シートを交換するが、メニューブックのカバー自体は、比較的長期間使用することが一般的である。
【0003】
通常、メニューブックは、表紙に店名やロゴマーク等を印刷又は箔押し等で表示するため、その製作は店ごとに特注する場合が多いが、汎用品のメニューブックを使用して、高級感を損ねることなく店名やロゴマークを自由に表示できればコスト削減が可能となる。
【0004】
また、メニューブックは、店内及びテーブル上での視認度が高く、店の「顔」としての役割も果たすものであるから、その表紙のデザインを工夫して来店客に対して訴求力を発揮することが望ましい。たとえば、季節ごとに表紙を飾る写真やイラストを変更したり、店側からのメッセージや情報を自在に入れ替えることができれば、都度メニューブック自体を更新せずに済む。
【0005】
ここで、アルバム等に関する技術分野においては、特許文献1乃至4に示されるように表紙に窓枠を設けて写真や装飾シート等を組み込むことで表紙のデザインを変更可能とするものが提案されており、これらはメニューブックの表紙の構造にも適用可能である。

【効果】

【0015】
本考案に係る窓付きフォルダによれば、店舗側が任意のシート状の装飾体を用意することにより、単一規格による量産品のメニューブックを様々な店舗にそのまま利用可能となるため、印刷や箔押しのコストを掛けることなく自店の店名やロゴマークを表示することができ、高級感の高いメニューブックを低コストで製作することができる。
【0016】
また、シート状の装飾体は容易に交換可能であるため、店舗側は、たとえば季節に応じて写真やイラストを交換したり、メニューの内容の変更等に応じたメッセージをメニューブックの表面に表示することが可能となる。これにより、メニューブック自体を交換することなく、店の「顔」であるメニューブックに様々な変化を与えることができるので、コストを掛けずに来店客へのアピール効果を高めることができる。

(57)【要約】

【課題】単一規格による量産品のフォルダに、印刷や箔押しのコストを掛けることなく自店の店名やロゴマークを表示し、高級感の高いメニューブックを低コストで製作するとともに、メニューブック自体を交換することなく、来店客へのアピール効果を高めることができる、簡易な構造で表紙デザインの変更可能な窓付きフォルダを提供する。【解決手段】表紙表面に設けた凹面状の窓枠孔11と、窓枠孔に嵌合する透明保護カバー20とを有し、窓枠孔の凹面12と透明保護カバーとの間にシート状の装飾体30を挟んで固定可能とするとともに、窓枠孔の凹面及び透明保護カバーは、相互に対応する位置にそれぞれ磁性体を有し、両磁性体相互の吸着力により透明保護カバーが窓枠孔に嵌合して固定されることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):