(54)【考案の名称】ベルト

(73)【実用新案権者】株式会社純ネクタイ製造卸

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、いわゆるリバーシブルベルトに関し、特にベルト本体の裏面と表面とを簡易に使い分けることができるようにする。

【従来の技術】

【0002】
従来より、ベルト本体の裏面と表面とを使い分けるリバーシブルベルトが種々に提供されている。ここで従来のリバーシブルベルトは、ベルト本体から簡易に取り外し可能にバックルが構成され、必要に応じてベルト本体からバックルを取り外した後、ベルト本体を裏返してバックルを付け直すことにより、ベルト本体の裏面及び表面を使い分けることができるように構成されている。
【0003】
このようなリバーシブルベルトに関して特許文献1には、ベルト本体のピン孔に挿通されるピンと、当該ピンを保持する軸部との工夫により、ベルトループの表面側と裏面側とにそれぞれ選択的にピンを配置可能とし、これによりベルト本体の裏面及び表面を簡易に使い分ける工夫が提案されている。
【0004】

【効果】

【0011】
本考案によれば、従来に比して一段と簡易にベルト本体の裏面と表面とを使い分けることができる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案の第1実施形態のベルトを示す斜視図である。
【図2】図1のベルトの裏面側を示す平面図である。
【図3】図1のベルトのピンを示す断面図である。
【図4】本考案の第2実施形態のベルトを示す斜視図である。
【図5】図4のベルトの裏面側を示す平面図である。
【図6】図4のベルトのピンを示す斜視図である。

【0013】
以下、本考案の実施形態について図面を参照しながら詳述する。
【0014】
〔第1実施形態〕
図1は、本考案の第1実施形態に係るベルトについて、バックルの部分を拡大して示す斜視図である。このベルト1は、帯状により形成されたベルト本体2の1方の端部にバックル3が設けられ、他方の端部には、このバックル3のベルトループ4に挿通してピン5を差し込むピン孔が一定の間隔で設けられる。
【0015】
バックル3は、ベルトループ4が矩形の枠形状により形成され、コの字形状による枠体部4Bの開口側に軸部4Aを配置して形成される。ベルト本体2は、この矩形の枠形状による軸部4Aに巻き付くように、1方の側の端部が折り返されて縫い合わされることにより、ベルトループ4が回動自在にベルト本体2の一端に保持される。バックル3は、このようにベルト本体2を縫い合わせて軸部4Aに巻き付く部位のほぼ中央の部位に切欠きが形成され、軸部4Aのほぼ中央に回動自在に保持されたピン5が、この切欠きの部位より飛び出すように配置される。またバックル3は、このピン5が回動した際に、このピン5の先端が、ベルトループ4の、軸部4Aに対向する枠体部4Bの部位に当接するように形成され、この当接する部位に、ピン5の先端をガイドする凹部6Aが形成される。これによりベルト1は、一般的なベルトと同様に、例えばズボンに設けられベルト通しにベルト本体2を順次差し込んでベルト本体2の一端及びバックル3を体の正面に持ち来し、この一端を下側からベルトループ4にくぐらせて所望のピン孔にピン5を差し込んだ後、この一端をベルト留め7に潜らせて装着することができる。
【0016】
さらにバックル3は、図1との対比により図2に裏面側から見た図を示すように、凹部6Aに対応する裏面側の部位に、同一形状による凹部6Bが設けられ、これによりベルトループ4の両面に凹部6A及び6Bが設けられる。
【0017】
バックル3は、このベルトループ4の両面の凹部6A及び6Bの構成に対応してピン5が構成される。
【0018】
ここで図3に断面を取って示すがように、ピン5は、付け根部分の部位5Aが断面矩形形状による柱形状により形成され、この付け根部分の部位5Aに設けられた貫通孔を貫通するように軸部4Aが設けられ、これによりベルトループ4の枠体部4Bに対して回動自在に軸部4Aに保持される。またピン5は、先端側部位5Bが略円柱形状により形成され、この先端側部位5Bが付け根部分の部位5Aの先端に設けられた貫通孔より突出するように保持される。この先端側部位5Bは、付け根部分につばが設けられ、このつばの部位が貫通孔の周囲の部位に当接することにより、脱落しないように保持される。
【0019】
このようにして付け根部分の部位5Aより先端側部位5Bが突出するように形成されて、ピン5は、付け根部分の部位5Aに収納されたコイルバネ8により押圧されて先端側に付勢されて保持される。これによりピン5は、このコイルバネ8による付勢に抗するように付け根側に押圧すると、矢印Aにより示すように収縮するように構成される。
【0020】
ここでこのようにしてコイルバネ8による付勢に抗するように付け根側に押圧して収縮すると、ピン5は、裏面側に回動させた場合に、凹部6Aに当接しなくなるように、この押圧による収縮量が調整されている。
【0021】
これによりこのベルト1では、ピン5の押圧によりピン5を収縮させると、ピン5をベルトループ4の裏側に回動させることができ、これにより単にピン5を押圧して裏面側に回動させるだけの簡易な操作によりリバーシブルにベルト1を使用することができる。
【0022】
この実施形態では、ピン5を先端側にバネ8により付勢するようにして、このばね8による付勢に抗してピン5を押圧してピン5の先端を軸部側に変位させることにより、ピン5を裏面側に回動可能とすることにより、単にピン5を押圧して裏面側に回動させるだけの簡易な操作によりリバーシブルにベルト1を使用することができ、これにより従来に比して一段と簡易にベルト本体の裏面と表面とを使い分けることができる。
【0023】
〔第2実施形態〕
図4は、図1との対比により本考案の第2実施形態に係るベルトを示す図である。このベルト11は、ベルト本体12をバックル13に接続して形成され、バックル13は、ベルト本体12の端部を挟持してベルト本体12を保持する爪止め部分11Aが設けられる。またこの爪止め部分11Aに、金属製の枠体によりベルト留め17が設けられる。
【0024】
バックル13は、ベルトループ14が枠形状により形成され、コの字形状による枠体部14Bの開口側に軸部14Aを配置して形成される。バックル13は、この軸部14Aに、爪止め部分11Aと、ピン15とが回動自在に設けられる。またベルトループ14には、枠体部14Bの表側面にピン15の先端が当接する凹部16Aが設けられ、また枠体部14Bの裏面には、図5に示すように、この凹部16Aに対応して凹部16Bが設けられる。これによりこのベルト11にあっても、一般のベルトと同様に、例えばズボンに設けられベルト通しにベルト本体12を順次差し込んでベルト本体12の一端及びバックル13を体の正面に持ち来し、この一端を下側からをベルトループ14にくぐらせて所望のピン孔にピン15を差し込んだ後、この一端をベルト留め17に潜らせて装着することができる。
【0025】
さらにバックル13は、この凹部16A及び16を接続するように、厚み方向に延長する凹溝18が設けられる。またバックル13は、付け根部分の部位15Aから先端側部位15Bが突出するように、また先端側に脱落しないように形成されて、付け根部分の部位15Aに収納されたバネによりこの先端側に付勢されるように形成される。
【0026】
バックル13は、このバネにより付勢されて先端側に飛び出した状態で、ピン15の先端が凹部16Bに当接するように形成され、これにより上述したように、通常のベルトとして使用できるように構成される。
【0027】
またこのようにしてバネにより付勢した状態で、バネによる付勢に抗するように押圧すると、ピン15の先端が付け根側に変位するものの、この実施形態では、このようにピン15の先端が付け根側に変位させ、裏面側へピン15を回動させようとしても、ピン15の先端が凹部16Aに当接して回動困難となるように構成される。これによりこの実施形態では、ピン15を誤って押圧した場合には、ピン15が裏面側に回動しないよう設定され、これにより一段と使い勝手を向上することができる。
【0028】
ここでピン15は、その先端側部位15Bが先端側に向かって徐々に断面円形形状から平板形状と変化するように形成されて、先端側では平板形状により形成される。またピン15は、この先端側部位15Bがその延長方向に係る中心軸を回転中心にして回転できるように構成される。またこのように回転可能に構成されて、正面視して先端が幅狭になるようにピン15を回転させた場合(図6に示す状態である)、ピン15の押圧によりピン15の先端が凹溝18を通過して裏面側に回動できるように構成される。
【0029】
これによりこの実施形態では、ピン15を90度回転させた後、ピン15を押圧して収縮させた状態で、ピン15を裏面側に回動させることができ、これによりベルト11をリバーシブルにより使用して従来に比して一段と簡易にベルト本体の裏面と表面とを使い分けることができる。
【0030】
以上の構成によれば、ピンを回転可能に構成し、特定の角度に回転させた状態でのみ押圧により裏面側にピンを回動するしても、第1実施形態と同様の効果を得ることができる。
【0031】
またこのように特定の角度に回転させた状態でのみ押圧により裏面側にピンを回動可能とすることにより、ピンが裏面側に予想外に回動しないようにすることができ、一段と使い勝手を向上することができる。
【0032】
〔第3実施形態〕
この実施形態では、第1及び第2実施形態において、ベルト本体2、12を交換可能に構成する。より具体的には、バックル3、13の端部(ベルト本体2、12側)にベルト本体を交換可能とする爪止め部を設け、これによりベルト本体2、12を交換可能する。
【0033】
この実施形態ではベルト本体の裏面と表面とを使い分けることができるようにして、さらにベルト本体を交換可能とすることにより、一段と種々にベルト本体を種々に選択することができ、一段と利便性を向上することができる。
【0034】
〔他の実施形態〕
以上、本考案の実施に好適な具体的な構成を詳述したが、本考案は、本考案の趣旨を逸脱しない範囲で、上述の実施形態の構成を種々に組み合わせたり、変更したりすることができる。
【0035】
すなわち上述の実施形態では、ベルトループに設けられた軸部に回動自在にピンを保持することにより、ベルトループの枠体部に対して回動自在にピンを設ける場合について述べたが、本考案はこれに限らず、枠体部に対して回動自在に軸部を設け、これによりベルトループに対して回動自在にピンを設けるようにしてもよい。
【0036】
また上述の実施形態では、ピン側であるピン付けね部分の部位にコイルバネを収納してピンを付勢する場合について述べたが、本考案はこれに限らず、ベルト留め17(図6)を設けた部位にコイルバネを設けるようにして、このコイルバネにより付勢するようにしてもよい。
【0037】
また上述の実施形態では、矩形の枠形状によりベルトループを構成する場合について述べたが、本発明はこれに限らず、枠体部を円弧形状により作成する場合等に広く適用することができる。
【0038】
1、11 ベルト
2、12 ベルト本体
3、13 バックル
4、14 ベルトループ
4A、14A 軸部
4B、14B 枠体部
5、15 ピン
5A、15A 付け根の部分
5B、15B 先端側部位
6A、6B、16A、16B 凹部
7、17 ベルト留め
8 コイルバネ
18 凹溝

(57)【要約】

【課題】従来に比して一段と簡易にベルト本体の裏面と表面とを使い分けることができるベルトを提案する。【解決手段】ベルト本体2の一端にバックル3が保持されてなるベルト1において、前記バックル3は、ベルト本体2の他端側に設けられたピン孔に挿通されるピン5がベルトループ4に回動自在に設けられ、ピン5は、付け根の箇所にピン5を先端側に付勢するバネが設けられ、このバネによる付勢により、ピン5の先端がベルトループ4に当接して、ピン5がベルトループ4の裏面側に回動困難とされる。またばねによる付勢に抗してピン5を押圧してピン5の先端を変位させることにより、ピン5を裏面側に回動可能とされる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):