(54)【考案の名称】工事用意匠の表示構造

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、工事用意匠が表示された表示材の差し替えによって上記工事用意匠の変更を実現させる工事用意匠の表示構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
建築工事あるいは道路工事などの工事現場の周辺においては、工事の内容あるいは迂回路などを表示する工事用意匠を、工事標示板などの工事用意匠の表示構造を使用して表示することが行われる。ここで、工事標示板は、その工事用意匠を工事の内容および工事標示板の設置場所に応じて種々に設定したものを1回の工事において多数用意する必要があるものである。
このため、工事標示板の貸し出しを行っている企業においては、工事標示板を、それぞれに異なる工事用意匠が表示された多数の表示材を共通の支持体に対して差し替え可能とした構成とすることで、在庫として保管する必要がある上記支持体の数を少なくして、工事標示板の保管スペースを削減したいとする要望があった。
【0003】
なお、共通の支持体に対して複数種類の表示材の差し替えを可能とする表示構造に関しては、例えば特許文献1に記載された掲示板が従来から知られている。この掲示板では、パネル状の表示材とこの表示材を支持する枠状の支持体とを複数個のクリップを介して着脱可能に結合する構成により、この各クリップを外して支持体から表示材を外し、その後に新しい表示材を支持体に結合させることを実現させる。
ここで、各クリップは支持体および表示材に対して抜け止めがされたロック状態と、支持体および表示材から自由に抜き去ることができるアンロック状態とに切り替え可能に構成されている。この構成は、掲示板の使用時において表示材が支持体から外れることを抑える作用を有する。
【0004】

(57)【要約】

【課題】使用時には表示材が支持体から外れにくく、かつ表示材の差し替えの作業性が向上された工事用意匠の表示構造を提供する。【解決手段】工事用意匠の表示構造は、表示材12を支持する支持体11と、支持体11に対して表示材12を着脱可能に結合させるスナップボタン20とを備える。スナップボタン20は、支持体11あるいは表示材12に対して一体化された状態に固定される雄スナップ21(被固定部)と、雄スナップ21に着脱可能に嵌合することで表示材12と支持体11との結合を実現させる雌スナップ20A(嵌合部)と、雌スナップ20Aが雄スナップ21に嵌合したときに同時にこの嵌合を外れないようにロックするロック部22と、ロック部22により上記嵌合のロックがなされた際に、外部から押し込まれることにより上記ロックを解除する押し込み部23とを備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):