(54)【考案の名称】太陽電池モジュール裏面を保護する保護具付設構造の太陽光発電システム

(73)【実用新案権者】株式会社東機工

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【効果】

【0003】
本考案により太陽電池モジュール裏面への異物、微粒ごみ等の長期間の流入と付着等が予防され、下部面の空隙により雨水等の自然流出・排出により太陽電池モジュール裏面への損傷・損壊、劣化と異物、微粒ごみ等の除去・掃除が簡易になる。
【図面の簡単な説明】
【0004】
【図1】本考案の平面図(保護具:耐熱粘着テープ等設置・取り付け設置図)である。
【図2】本考案の断面図(保護具:耐熱粘着テープ等設置・取り付け設置図)である。

【0005】
1.屋根等
2.太陽電池モジュール
3.保護具(耐熱性粘着テープ又は高耐熱アルミ箔テープ等)
4.野地板
5.軒棟固定金具
6.縦桟
7.スレート・板金金具
8.垂木
9.和瓦・平板瓦
10.空隙(屋根等間、耐熱性粘着テープ等間)

(57)【要約】

【課題】屋根等に設置した太陽電池モジュールの裏面の損傷・損壊・劣化等を予防する保護具付設構造の太陽光発電システムを提供する。【解決手段】付設の作業が容易であって、屋根等の形状や取付け位置でも現場で容易に調節・加工する事が可能で、加えて長期間、保護効果が発揮出来る耐熱性粘着テープ及びこれらに類する高耐熱アルミ箔テープ等を保護具として太陽電池モジュールと屋根等の四面(上部端、下部端、左端部、右端部)間に付設する。また、流入・風入する雨水、風塵、風砂、微粒ごみ等の汚れを自然流出、排出させる為、太陽電池モジュールと屋根等の下部端面及び保護具間に適切な空隙を設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):