(54)【考案の名称】インバータモジュール

(73)【実用新案権者】群光電能科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ソーラーパネルに用いられるインバータに関し、特に、インバータおよびジャンクションボックスを統合したインバータモジュールに関する。

【従来の技術】

【0002】
地球の有するエネルギー資源が徐々に枯渇し、エネルギー危機を引き起こす恐れがあるため、省エネ観念が浸透しつつあるが、既存のエネルギーを節約する以外に、新しい代替エネルギーの開発が重要な課題である。なかでも無限の光エネルギーが最良の代替エネルギーである。
【0003】
ソーラーパネルは、光起電力効果により光エネルギーを直流電流に変換するが、伝達のため直流電流を交流電流にさらに変換する必要があった。そのため、ソーラーパネルには、インバータに接続して直交流変換を行い、出力を行なっていた。従来のソーラーパネルには、ジャンクションボックスによりインバータが接続されていたが、装着が面倒でスペースを無駄にするという短所があった。
【0004】

【効果】

【0007】
本考案のインバータモジュールは、インバータ回路、導電端子およびダイオードを回路板上に統合して設けるため、従来のジャンクションボックスを設ける必要がなく、インバータモジュールを配置するスペースを削減することができる。また、製造および組立において、従来技術より大幅に簡単になった。さらに、インバータ回路は、電子デバイスを回路板の嵌め込みスペース内に配置することにより、カバーの厚さを減少させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案の一実施形態によるインバータモジュールを示す分解斜視図である。
【図2】本考案の一実施形態によるインバータモジュールを示す斜視図である。
【図3】本考案の一実施形態によるインバータモジュールを示す斜視図である。
【図4】本考案の一実施形態によるインバータモジュールを示す断面図である。
【図5】本考案のインバータモジュールの配置状態を示す分解斜視図である。
【図6】本考案のインバータモジュールの配置状態を示す斜視図である。
【図7】本考案のインバータモジュールの配置状態を示す断面図である。

【0009】
以下、本考案の実施形態を図面に基づいて説明する。
【0010】
図1〜4を参照して説明する。図1は、本考案の一実施形態によるインバータモジュールを示す分解斜視図である。図2は、本考案の一実施形態によるインバータモジュールを示す斜視図である。図3は、本考案の一実施形態によるインバータモジュールを示す斜視図である。図4は、本考案の一実施形態によるインバータモジュールを示す断面図である。図1〜4に示すように、本考案のインバータモジュールは、ソーラーパネル10(図5,6参照)に接続され、カバー100および回路板200を含む。
【0011】
カバー100は、框体110および蓋120を有する。框体110は、四角形を呈し、開口111、および開口111に対する底板112を有する。底板112には、細長い開口111が設けられている。框体110は、外側に入力ポート101および出力ポート102を一対ずつそれぞれ設けている。底板112の外側の面に内側に凹むように放熱空間103が形成されている。底板112は、外側縁から固定片114が延伸している。
【0012】
蓋120は、開口111を覆うのに用いられ、開口111の片側に枢接されるのが好適で、開口111の反対側にある嵌合構造121により嵌合固定を行なう。框体110は、蓋120との間に防水パッキング131を設け、蓋120が開口111に被せられると、防水パッキング131が蓋120と開口111との間に挟まれ、カバー100を密閉する。固定片114が螺着孔115も設けているため、カバー100は、螺着孔115上で螺着方式によりソーラーパネル10(図5,6参照)に固定される。
【0013】
回路板200は、四角形を呈し、框体110内に収納され、框体110の底板112の内側に固定されるのが好適である。回路板200は、一辺が穿孔113に隣接するように配置されている。また、回路板200には、異なる位置に相互に独立したインバータ回路300および接線回路400が半田付けされている。接線回路400は、穿孔113の側面に沿って配置され、複数の導電端子410および複数のダイオード420を有する。回路板200は、少なくとも一つの嵌め込みスペース210を設けている。
また、框体110の底板112とソーラーパネル10(図5,6参照)との間にも防水パッキング132が設けられ、その間を密閉する
【0014】
インバータ回路300は、入力ポート101および出力ポート102にそれぞれ電気的に接続し、複数の電子デバイス310(例えば、コンデンサ)を有する。回路板200上には、体積が大きめな電子デバイス310を配置するのに用いられる回路板200が設けられている。
【0015】
導電端子410は、それぞれ金属片が曲げられてなり、クリップ状を呈するのが好適であるが、これに限定されるものではない。導電端子410は、回路板200の一辺に沿って直列に設けられている。回路板200のこの一辺は、穿孔113の一方の長辺に隣接して設けられるのが好適である。これにより、導電端子410が穿孔113に隣接して配置されるからである。導電端子410は、それぞれインバータ回路300に電気的に接続し、任意の隣り合う二つの導電端子410の間には、ダイオード420が配置され、どのダイオード420も隣り合う二つの導電端子410とそれぞれ電気的に接続している。これにより、導電端子410を通過した電流が逆流するのを防いでいる。
【0016】
回路板200上には導熱板500が設けられるのが好適である。導熱板500は、一方の面が回路板200に付着し、もう一方の面が框体110の底板112に付着している。これにより、インバータ回路300の稼動時に発生した熱エネルギーを底板112に伝動し、さらに放熱空間103を介してカバー100の外部に放出する。
【0017】
図5〜7を参照して説明する。図5は、本考案のインバータモジュールの配置状態を示す分解斜視図である。図6は、本考案のインバータモジュールの配置状態を示す斜視図である。図7は、本考案のインバータモジュールの配置状態を示す断面図である。図5〜7に示すように、本考案のインバータモジュールは、ソーラーパネル10上に配置され、複数の導電端子410によりソーラーパネル10に接続されている。ソーラーパネル10の発生した直流電流が複数の導電端子410を介してインバータ回路300に流れ込み、交流電流に変換され、入力ポート101から出力され、使用される。
【0018】
ソーラーパネル10上にジャンクションボックスがすでに設けられている場合、本考案のインバータモジュールは、導電端子410を介してソーラーパネル10に電気的に接続する必要がなく、出力ポート102によりソーラーパネル10上のジャンクションボックスに電気的に接続すればよい。
【0019】
本考案では好適な実施形態を前述の通りに開示したが、これらは決して本考案を限定するものではなく、当該技術を熟知する者は誰でも、本考案の精神と領域を脱しない範囲内で各種の変更や修正を加えることができる。従って、本考案の保護の範囲は、実用新案請求の範囲で指定した内容を基準とする。
【0020】
10 ソーラーパネル
100 カバー
101 入力ポート
102 出力ポート
103 放熱空間
110 框体
111 開口
112 底板
113 穿孔
114 固定片
115 螺着孔
120 蓋
121 嵌合構造
131,132 防水パッキング
200 回路板
210 嵌め込みスペース
300 インバータ回路
310 電子デバイス
400 接線回路
410 導電端子
420 ダイオード
500 導熱板

(57)【要約】

【課題】インバータおよびジャンクションボックスを一体としたインバータモジュールを提供する。【解決手段】回路板200は、カバー100内に収納され、一方の面にインバータ回路300および接線回路400が半田付けされている。接線回路400は、複数の導電端子410および複数のダイオード420を有する。複数の導電端子410は、それぞれインバータ回路300に電気的に接続している。任意の隣り合う二つの導電端子410の間には、ダイオード420が配置されている。ダイオード420も隣り合う二つの導電端子410とそれぞれ電気的に接続している。インバータ回路300、導電端子410およびダイオード420を回路板200上に統合して設けるため、ジャンクションボックスを設ける必要がなく、スペースを削減することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):