(54)【考案の名称】付箋付き手帳用紙

(73)【実用新案権者】内外カーボンインキ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、付箋付き手帳用紙であって、書き込み可能な面内の少なくとも一部に付箋が存在し、付箋として使用しない時には、書き込み可能な面の一部として使用することができ、かつ上記手帳用紙全体の厚さが均一である付箋付き手帳用紙に関する。

【従来の技術】

【0002】
システム手帳に記入している際に、1枚だけ、または多くても数枚だけ付箋が必要となることがあるが、システム手帳に束状の付箋紙や袋入りの付箋紙セットなどを挟んでおくのは、上記手帳を開いた際に落としたり、紛失したりして非常に不便である。そこで、束状の付箋紙が複数個存在する、システム手帳に綴じたり、特定のページに貼り付けたりすることが可能な付箋紙ケースや台紙が提案されている(特許文献1〜3)。しかしながら、上記手帳の記入しているページに移動したり、異なるページを捲って付箋紙を剥がして、また上記ページに戻って使用したりという非常に手間のかかるものであり、また束状の付箋紙なのでシステム手帳自体の厚さが増加するという問題があった。また、上記付箋の使用頻度が非常に少ないことを考えると、上記手帳用に大量の束状の付箋紙を常に用意しておくのは無駄である。
【0003】
更に、束状の付箋紙が複数個存在する、折りたたみ式のシステム手帳に綴じることが可能な付箋紙台紙も市販されており、折りたたんだ部分を広げると、記入しているページを開いたままで付箋紙を使用することができる。しかしながら、折りたたみ式であっても、
システム手帳自体の厚さが増加することにはかわりなく、改善が必要であった。
【0004】

【効果】

【0009】
本考案によれば、表基材紙と裏基材紙とを接着剤によって貼り合わせてなる手帳用紙において、上記裏基材紙の書き込み可能な面内の少なくとも一部を付箋として使用することができる構成とすることによって、書き込みしているページを開いたままで付箋紙を使用することができ、システム手帳自体の厚さが束状の付箋紙が存在するほど増加することなく、付箋として使用しない時には書き込み可能な面の一部として使用することができ、かつ付箋として使用しない時には上記手帳用紙全体の厚さが均一である付箋付き手帳用紙を提供することができる。また、本考案の付箋付き手帳用紙は、上記裏基材紙の少なくとも一部を付箋とする構成により、上記裏基材紙全体の厚さが均一であり、上記手帳用紙全体の厚さが均一であるため、製造時の各工程における取り扱い性に非常に優れるものである。

(57)【要約】

【課題】書き込みしているページを開いたままで付箋紙を使用することができ、システム手帳自体の厚さが増加することなく、付箋として使用しない時には書き込み可能な面の一部として使用することができ、かつ上記手帳用紙全体の厚さが均一である付箋付き手帳用紙を提供する。【解決手段】書き込み可能な表側面5を有する表基材紙と裏基材紙4とを互いの裏側面10を接着剤によって貼り合わせてなり、裏基材紙4内の少なくとも一部に付箋部6を有する手帳用紙である。裏基材紙4の裏側面10の付箋部6の少なくとも一部に再剥離性粘着剤11が塗布されており、表基材紙と裏基材紙4とを貼り合わせた時に、裏基材紙4の付箋部6に対応する表基材紙の裏側面に離型剤が塗布されており、付箋部6を含めた手帳用紙全体の厚さが均一であるる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):