(54)【考案の名称】ポップラベル及びポップラベルシート

(73)【実用新案権者】株式会社高崎共同計算センター

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、商品ポップとして好適に使用できるポップラベルと、該ポップラベルを複数備え、レーザープリンタを用いてポップラベルに印刷した場合にカール(反り)を生じることの無いラベルシートに関する。

【従来の技術】

【0002】
スーパーマーケット、ホームセンター、ドラッグストア等の各種小売店においては、商品陳列棚に商品価格が記載されたプライスカードを貼付することが行われている(例えば登録実用新案第3021695号公報参照)。
また、鈎状のフックの先端に商品を吊り下げると共に、フックの上端に商品価格が記載されたプライスカードを貼付することも行われている(例えば登録実用新案第3032906号公報参照)。
【0003】

【効果】

【0011】
本考案に係るポップラベルは、非熱収縮性の「透明フィルム」で構成したので、プライスカードや商品等の被着体に重ねて貼着することにより、残しておきたい被着体の表示情報を隠さずにそのまま表示できると共に、訂正・追加等したい情報を表示面に印刷し、被着体の表示情報の訂正や表示情報の追加を行うことにより、極めて簡単に推奨商品を消費者にアピールすることができる。
【0012】
また、裏面に弱粘着剤層を形成した本考案のポップラベルは、プライスカードや商品等の被着体を傷付けることなく剥がすことができるので、必要時の貼着・不要時の除去が容易で機動的な販促活動を行うことができる。
【0013】
本考案に係るポップラベルシートは、剥離台紙上に積層されたポップラベルを「非熱収縮性」の透明フィルムで構成したので、レーザープリンタによる印刷時におけるカール(反り)の発生を防止することができる。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】本考案のポップラベルシートを示す平面図である。
【図2】本考案のポップラベルシートを示す底面図である。
【図3】本考案のポップラベルシートの積層構造を模式的に示す図1のA−A断面図である。
【図4】本考案のポップラベルシートの積層構造を模式的に示す図1のB−B断面図である。
【図5】本考案のポップラベルシートに商品広告情報を印刷した状態を示す平面図である。
【図6】本考案のポップラベルを商品陳列棚のプライスカードに貼着する場面を示す説明図である。
【図7】本考案のポップラベルを商品陳列棚のプライスカードに貼着する場面を示す説明図である。
【図8】本考案のポップラベルを商品陳列棚のプライスカードに貼着する場面を示す説明図である。
【図9】本考案のポップラベルをフック商品を吊り下げるフックのプライスカードに貼着する場面を示す説明図である。
【図10】本考案のポップラベルを商品に貼着する場面を示す説明図である。
【図11】本考案のポップラベルを商品に貼着する場面を示す説明図である。

【0015】
以下、図面に基づき、本考案に係るポップラベル及びポップラベルシートの一実施形態を説明する。
図1は本考案に係るポップラベルシート10を示す平面図、図2は本考案に係るポップラベルシート10を示す底面図、図3は本考案のポップラベルシートの積層構造を模式的に示す図1のA−A断面図、図4は本考案のポップラベルシートの積層構造を模式的に示す図1のB−B断面図である。尚、図3及び図4においては図示の便宜上、ポップラベルシート10の厚さを実際より厚く表現している。
【0016】
本考案のポップラベルシート10は、図1〜図4に示すように、長方形状の剥離台紙12上に、裏面に弱粘着剤層14が形成され、ミシン目16を介して相互に分離可能な複数片の長方形状のポップラベル18を積層して構成されている。各ポップラベル18の表面は、商品広告情報が印刷される表示面である。
図2〜図4に示すように、上記ミシン目16は剥離台紙12にも形成されており、この結果、ポップラベル18は剥離台紙12ごと分離可能と成されている。
【0017】
また、図2及び図4に示すように、剥離台紙12には切り込みを入れて形成した複数本のスリット19が設けられており、ポップラベル18を剥離台紙12ごと分離した場合において、上記スリット19によって各ポップラベル18裏面の剥離台紙12は複数に分割されることとなる。
【0018】
尚、上記剥離台紙12及びポップラベル18の厚さは、一例として、剥離台紙12が約120μm程度、ポップラベル18が約52μm程度である。
【0019】
上記ポップラベル18は、レーザープリンタによる印刷時のカール(反り)の発生を防止するため、非熱収縮性透明フィルムで構成されている。
すなわち、ポップラベルシート10のカール(反り)は、レーザープリンタによる印刷時の熱によって、ポップラベル18を構成するフィルムが収縮することに起因して発生するものであることから、ポップラベル18を「非熱収縮性」の透明フィルムで構成することによりカール(反り)の発生を防止できるのである。尚、レーザープリンタによる印刷時の熱の温度は機種により異なるが、一般に150℃〜200℃程度であることから、斯かる温度で収縮することのない非熱収縮性透明フィルムを用いる。
【0020】
また、ポップラベル18を非熱収縮性の「透明フィルム」で構成したのは、後述する通り、商品のプライスカード等に貼着して使用した場合に効果的な商品アピールを行うことができるようにするためである。
【0021】
上記弱粘着剤層14は、ポップラベル18の裏面に、例えばアクリル系等の透明な弱粘着剤を塗布することにより形成されており、ポップラベル18を貼着したプライスカードや商品等の被着体を傷付けることなく剥がすことのできる弱粘着剤を用いる。
【0022】
尚、本考案者が行った試験によれば、粘着力(SUS)が160N/m程度の弱粘着剤層14のポップラベル18であれば、小売店で使用・販売されている合成紙等より成る各種プライスカードや各種商品に貼着後3ヶ月経過時においても、これら被着体を傷付けることなく容易に剥がすことのできることが確認された。
【0023】
図5は、レーザープリンタを用いて本考案のポップラベル18の表示面に商品広告情報を印刷した状態を示す平面図である。
上記の通り、本考案のポップラベル18は非熱収縮性透明フィルムで構成したので、ポップラベルシート10がレーザープリンタによる印刷時の熱で収縮することがなく、カール(反り)の発生を防止することができる。
【0024】
以下、図6〜図11に基づいて、本考案に係るポップラベル18の使用方法を説明する。
図6〜図8は、商品陳列棚20に貼付したプライスカード22に、商品広告情報が印刷された本考案のポップラベル18を貼着して推奨商品のアピールを行う場合を示すものである。
【0025】
図6は、ポップラベル18にセール価格(298円)・セール告知文(大幅値下げの文字)等の商品広告情報が印刷されていると共に、プライスカード22に表示されている商品価格(358円)を消すための二重取消線が印刷されている。
図6(a)及び(b)に示すように、ポップラベル18の二重取消線が、プライスカード22に表示された商品価格(358円)に重なるようにポップラベル18を貼着すると、プライスカード22の商品価格(358円)が訂正されてセール価格(298円)に値下げされたことをアピールできる。
【0026】
図7は、ポップラベル18に商品のセールスポイント・特徴等の商品広告情報が印刷されていると共に、プライスカード22に表示されている商品価格(120円)を強調するための括弧記号が印刷されている。
図7(a)及び(b)に示すように、ポップラベル18の括弧記号が、プライスカード22に表示された商品価格(120円)を囲むようにポップラベル18を貼着すると、プライスカード22の商品価格(120円)を強調して消費者にアピールできる。
【0027】
図8は、ポップラベル18に商品を利用したレシピが商品広告情報として印刷されており、図8(a)及び(b)に示すように、プライスカード22に貼着することにより、商品の新用途をアピールできる。
【0028】
図9は、フック商品を吊り下げるフック24上端の値札板26に貼付したプライスカード22に、商品広告情報が印刷された本考案のポップラベル18を貼着して推奨商品のアピールを行う場合を示すものである。
図9においては、ポップラベル18に商品のセールスポイント・特徴等の商品広告情報が印刷されていると共に、プライスカード22に表示されている商品価格(398円)を強調するための括弧記号が印刷されている。
図9(a)及び(b)に示すように、ポップラベル18の括弧記号が、プライスカード22に表示された商品価格(398円)を囲むようにポップラベル18を貼着すると、プライスカード22の商品価格(398円)を強調して消費者にアピールできる。
【0029】
尚、本考案に係るポップラベル18は、上記したプライスカード22に貼着するだけでなく、図10及び図11に示すように、商品28自体に直接貼着して使用したり、その他の適宜な物品に貼着して使用することも勿論可能である。
【0030】
本考案に係るポップラベル18は、非熱収縮性の「透明フィルム」で構成したので、プライスカード22や商品28等の被着体に重ねて貼着することにより、残しておきたい被着体の表示情報を隠さずにそのまま表示できると共に、訂正・追加等したい情報を表示面に印刷し、被着体の表示情報の訂正や表示情報の追加を行うことにより、極めて簡単に推奨商品を消費者にアピールすることができる。
【0031】
また、裏面に弱粘着剤層14を形成した本考案のポップラベル18は、プライスカードや商品等の被着体を傷付けることなく剥がすことができるので、必要時の貼着・不要時の除去が容易で機動的な販促活動を行うことができる。
【0032】
尚、上記の通り、ポップラベル18を剥離台紙12ごと分離した場合、剥離台紙12に形成した上記スリット19によって各ポップラベル18裏面の剥離台紙12が複数に分割されているので、ポップラベル18を貼着するスペースに余裕が無い場合等においては、一部の剥離台紙12だけを剥がしてポップラベル18を貼着することができる。
このように、ポップラベル18の貼着されない箇所に対応する剥離台紙12を剥がさずに残しておくことにより、ポップラベル18にゴミが付着したり、他の商品等にくっついてしまうことを防止することができる。
【0033】
例えば、図6の場合には「二重取消線」の文字の印刷箇所に対応する剥離台紙12だけを剥がしてプライスカード22に貼着すれば良い。図7の場合には「括弧記号」の文字の印刷箇所に対応する剥離台紙12だけを剥がしてプライスカード22に貼着すれば良い。図8の場合にはポップラベル18上部の「余白」箇所に対応する剥離台紙12だけを剥がしてプライスカード22に貼着すれば良い。図9の場合には、「括弧記号」の文字の印刷箇所に対応する剥離台紙12だけを剥がしてプライスカード22に貼着すれば良い。
【0034】
また、図10及び図11の場合には、ポップラベル18下部の「余白」箇所に対応する剥離台紙12だけを剥がして商品28に貼着することにより、商品28からポップラベル18が飛び出た状態で貼着することができ、消費者の目を引く効果的なポップ広告を行うことができる。
【0035】
上記においては、レーザープリンタを使用してポップラベル18の印刷面に印刷した場合について説明したが、本考案はこれに限定されるものではなく、インクジェットプリンタ等、他の印刷手段を用いて印刷を行っても良い。また、適宜な筆記用具を用いてポップラベル18の印刷面に手書きして使用しても良い。
【0036】
10 ポップラベルシート
12 剥離台紙
14 弱粘着剤層
16 ミシン目
18 ポップラベル
19 スリット
20 商品陳列棚
22 プライスカード
24 フック
26 値札板
28 商品


(57)【要約】

【課題】商品のプライスカード等へ簡単に貼着・剥離可能で商品ポップとして好適に使用でき、また、ポップラベルを複数備え、レーザープリンタを用いてポップラベルに印刷した場合にカール(反り)を生じることの無いポップラベルシートを提供する。【解決手段】非熱収縮性透明フィルムで構成され、表面を印刷面と成すと共に、裏面に透明な弱粘着剤層14を形成したポップラベル18。また、剥離台紙12上に、ミシン目16を介して相互に分離可能と成された複数の上記ポップラベル18が積層されていることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):