(54)【考案の名称】ソーラーパネルモジュール

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】泰和光電股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図6

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ソーラーパネルモジュールに関し、より詳しくは、複数のパネルが直列に配されたブロックが分岐して構成されたソーラーパネルモジュールに関する。
に関する。

【従来の技術】

【0002】
図1から図3は公知のソーラーパネルモジュールの概略図である。ソーラーパネルモジュールは、透光基材2及び背板3の間に設置された、複数の並列になる直列のソーラー電池板1を主に備える。ソーラー電池板1は、透光基材2に光が照射されて入光されることで光電効果を発生させて電気エネルギーを発生させる。これらソーラー電池板1は複数の導線4により電気的に接続される。接続端子箱5は背板3に固設され、導線4から延伸される2つの電極6及び電極7に電気的に接続される。ソーラーパネルモジュールは、接続端子箱5により外部電池装置に接続され、電池装置を充電させる。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、前述した従来の技術では、ソーラーパネルモジュールが遮蔽されると耐用年数に影響を及ぼした。ソーラーパネルモジュールのソーラー電池板1に部分的に遮蔽されると、遮蔽されたソーラー電池板1の部分は電流を発生させずに逆方向バイアスを発生させ、遮蔽されたソーラー電池板1の電力を消耗させる上に発熱させてしまい故障につながった。この状況を解決させるために、接続端子箱5内にはダイオードが設置され、遮蔽されている場合はダイオードがソーラー電池板に逆電流が流入するのを防ぎ、これら前記電池が焼け付かないようにする防護效果を達成させる。
【0004】
また、接続端子箱5には湿気や酸化防止のために密封処理が施されるが、但しダイオードが導通される際の放熱效果に優れず、通気口を有するのみであるため、放熱效果が限定的であった。ダイオードが導通されて一旦高温になると暫くは放熱されず、ダイオードは熱溶解の状況に陥り接続端子箱5を損壊させてその機能を喪失させ、ソーラーパネルモジュールの運用に影響を与えた。このほか、何れか1つの直列におけるソーラー電池板1が一旦遮蔽されると、当該直列のソーラー電池板1及び隣接する直列の全てのソーラー電池板1は動作しなくなり、激しく損耗するため発電効果は好ましいとは言えなかった。
【0005】
このため、ソーラーパネルモジュールの面積が大きくなるに連れ導線4の配設はより複雑になり、接続端子箱5も大型化させねばならないためコスト増加の要因になった。また遮蔽時に発生する激しい損耗及び高熱がソーラーパネルモジュールの発電効果を低下させてしまうなど様々な欠点が指摘されており、従来のソーラーパネルモジュールの改善が求められている。
【0006】
そこで、本考案者は上記の欠点が改善可能と考え、鋭意検討を重ねた結果、合理的かつ効果的に課題を改善する本考案の提案に到った。
【0007】
本考案は、このような従来の問題に鑑みてなされたものである。上記課題解決のため、本考案は、遮蔽による損失を低減する、複数のパネルが直列に配されたブロックが分岐して構成されたソーラーパネルモジュールを提供することを主目的とする。

(57)【要約】

【課題】遮蔽時の電力の損失を低減させるソーラーパネルモジュールを提供する。【解決手段】透光基材10、複数のソーラー電池板21が直列に配されたブロックが分岐して構成されたソーラー電池板モジュール20、ソーラー電池板モジュールに電気的に接続される伝導帯ユニット30、伝導帯ユニットに接続されると共に外部の電荷に電気的に接続される2つの電極40及び41、並びに各ブロック内の伝導帯ユニットに電気的に接続される少なくとも1つの逆方向電流防護部材60を備える。複数のソーラー電池板が直列に配された列を並列させる方式によって複数のブロックとして配設され、各ブロック内には少なくとも1つの逆方向電流防護部材が嵌め込まれているので、遮蔽時の電力が過度に損耗するのを軽減させ、且つ逆方向電流防護部材の放熱効果も向上する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):