(54)【考案の名称】太陽電池モジュール用置き基礎架台

(73)【実用新案権者】日本フォームサービス株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽電池モジュールを野立てで設置するために使用する太陽電池モジュール用置き基礎架台に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
太陽電池モジュールを地上の空き地など平坦な場所に設置する場合、例えば特許文献1に示される如く、施工する部分の地面を掘削してコンクリート基礎を打設し、このコンクリート基礎に太陽電池アレイ架台を受けるH鋼チャンネルベースを固定する工法やアンカー等を打込む工法が採用されていた。
【0003】
ところが、地盤にコンクリート基礎を打設する工法やアンカーを打込む工法では、地面を掘削する工程や打ち込み用の重機を使用するなど、多くの労力を要するので、置き基礎により架台を設置する太陽電池パネル装置の基礎架台構造が特許文献2に提案されている。
【0004】
この置き基礎を利用した基礎架台構造は、複数の断面逆T字状ブロックと、これら逆T字状ブロックのベース部相互を連結する連結構造とを備えた架台である。そして、設置面上に複数の逆T字状ブロックを配置してそれらのベース部相互を連結構造で連結するだけで、簡単に基礎架台構造を構築して太陽電池パネル装置を支持することができるというものである。
【0005】

【効果】

【0013】
本考案の請求項1のごとく、コンクリートで形成され相互に連結自在な置き基礎10と、平坦な地面に並べて連結された置き基礎10の上面に連結された支持枠20と、太陽電池モジュールPを支持枠20の上部に連結する固定枠30とで構成したことで、置き基礎10や支持枠20、固定枠30等の部材を個別に搬送し、設置することが可能になった。この結果、重機を要せずに基礎架台の設置や回収が可能になり、しかも、各部材の運搬も合理的且つ容易に行えるものである。
【0014】
請求項2のごとく置き基礎10を構成したことにより、基礎板11相互の連結作業や、連結された基礎板11上に支持枠20を設置する作業を簡略化することができる。しかも、地盤を掘削する必要がないので、太陽電池モジュールPを撤収した後でも地盤のダメージがない。この結果、地盤にコンクリートを埋設する従来の架台のように、地盤を埋め戻すなどの必要がないので、省エネ効果を有するものである。
【0015】
請求項3のように支持枠20を構成したことで、支持枠20の部品点数を少なくすることができる。しかも、支柱21や左右ブレース22は同じ断面L字形状を成す部材であるから、これらの部材を積み重ねることができる。したがって、部材の運搬や収納が合理化される効果がある。
【0016】
請求項4の固定枠30のように、同じ断面コ字状の金属材にて連結杆体31と支持杆体32とを形成したことで、共通部材が多くなり、使用する各部品を共通の部材で形成することが可能になった。この結果、製造コストを下げると共に、各部材を重ねて合理的に運搬できるという利点もある。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】本考案の使用状態を示す斜視図である。
【図2】本考案の使用状態を示す側面図である。
【図3】本考案の使用状態を示す平面図である。
【図4】本考案の固定金具の一実施例を示す斜視図である。
【図5】本考案の前後ブレースの連結部位を示す正面図である。

【0018】
このように本考案によると、重機を要せずに基礎架台の設置や回収が可能になり、しかも、各部材の運搬も合理的且つ容易に行えるなどといった当初の目的を達成した。
【0019】
以下、本考案置き基礎架台の一実施例を説明する。本考案置き基礎架台は、空き地等の平坦な設置面に、置き基礎で設置する太陽電池モジュールPを設置する架台である(図1参照)。本考案置き基礎架台を構成する主な部材は、置き基礎10、支持枠20、固定枠30にて構成される。
【0020】
置き基礎10は、コンクリートで形成され相互に連結自在に構成されている。図示の置き基礎10は、コンクリート製の板状を成す基礎板11を備えている(図2、図3参照)。この基礎板11の上面には、スリット状を成し、連結ボルト12の頭部をスライド嵌入せしめるスライド連結溝13が形成されている(図1参照)。このスライド連結溝13の側面開口部から連結ボルト12の頭部をスライド連結溝13内に挿入し、連結ボルト12を立設した状態で適当な位置までスライド移動する。そして、この立設した連結ボルト12に、後述する支持枠20を連結するものである。
【0021】
また、各基礎板11の側面及び上面には、複数の連結孔14が形成され、この連結孔14内に雌ネジ状のインサートが埋設されている(図1参照)。そして、隣接する基礎板11の連結孔14相互に架設する連結プレート15を設け、各連結プレート15を各基礎板11の連結孔14に接続ボルト16でネジ止めする(図2参照)。このように、連結プレート15と接続ボルト16を用いることで、複数の基礎板11を自由に連結することが可能になる。
【0022】
支持枠20は、平坦な地面に並べて連結された置き基礎10の上面に連結される部材である(図1参照)。この支持枠20は、更に、支柱21、左右ブレース22、前後ブレース23、固定金具24にて構成されている。
【0023】
支柱21は、断面L字形状を成し、後述する固定金具24を介して置き基礎10の上面にネジ止めされる部材である(図1、図2参照)。左右ブレース22は、支柱21に太陽電池モジュールPを設置したときの左右両側部に連結して補強する部材である(図2参照)。この左右ブレース22も支柱21と同様に断面L字形状を成している。
【0024】
前後ブレース23は、支柱21の前後側部に連結する帯板状の部材で、前後の強度を高めている(図1参照)。図示例では、断面L字形状を成した支柱21の前側面と、後側面とに一対の前後ブレース23を配し、これらの前後ブレース23で支柱21を挟み込むように連結している(図5参照)。
【0025】
固定金具24は、置き基礎10の上面に支持枠20を連結する部材である。この固定金具24は、置き基礎10のスライド連結溝13に予め挿入して立設した連結ボルト12に連結されるもので、置き基礎10に固定した固定金具24の側面に支持枠20の支柱21をネジ止めする(図1参照)。
【0026】
図示の固定金具24は、金属板を屈曲して形成した一対の重なる底板24Aと、各底板24Aから上方に向けて屈曲形成され平面L字状を成す側板24Bとで構成されている(図4参照)。そして、底板24Aを貫通する連結孔24Cに置き基礎10から連結ボルト12を挿通して連結する(図1参照)。更に、各側板24Bを貫通する接続孔24Dに接続ボルト25を挿通して支柱21を接続する。
【0027】
固定枠30は、支持枠20の上端部に連結される連結杆体31と、該連結杆体31の上面に固定され前記太陽電池モジュールPを支持する支持杆体32とで構成されている(図2参照)。そして、連結杆体31は、支柱21と同じ断面L字形状を成した金属材で形成し、この支柱21と重ねて運搬できるようにしている。一方、支持杆体32は、断面コ字状の金属材にて形成し、この支持杆体32の上に太陽電池モジュールPを載置して固定ボルト33にて固定する。
【0028】
尚、本考案の各構成は図示例に限定されるものではなく、本考案の要旨を変更しない範囲において自由に変更できるものである。
【0029】
P 太陽電池モジュール
10 置き基礎
11 基礎板
12 連結ボルト
13 スライド連結溝
14 連結孔
15 連結プレート
16 接続ボルト
20 支持枠
21 支柱
22 左右ブレース
23 前後ブレース
24 固定金具
24A 底板
24B 側板
24C 連結孔
24D 接続孔
25 接続ボルト
30 固定枠
31 連結杆体
32 支持杆体
33 固定ボルト

(57)【要約】

【課題】重機を要せずに基礎架台の設置や回収が可能になり、しかも、各部材の運搬も合理的且つ容易に行える太陽電池モジュール用置き基礎架台を提供する。【解決手段】コンクリートで形成され相互に連結自在な置き基礎10を設ける。平坦な地面に並べて連結された置き基礎10の上面に連結された支持枠20を設ける。太陽電池モジュールPを支持枠20の上部に連結する固定枠30を設ける。置き基礎10に、コンクリート製の板状を成す基礎板11を備える。該基礎板11の上面にスリット状のスライド連結溝13を形成する。連結ボルト12の頭部をスライド連結溝13にスライド嵌入する。置き基礎10の上面に立設された連結ボルト12に固定金具24を連結する。該固定金具24に支柱21をネジ止めする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):