(54)【考案の名称】太陽追尾パネルの一軸型ミッション装置

(73)【実用新案権者】威升開発股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽追尾パネル装置に関し、特に、太陽光の照射角度に応じて揺動可能なソーラーパネルの伝動用軸ロッドと、軸ロッドをその場で回転させるウォームホイールとウォームとを備える太陽追尾パネルの一軸型ミッション装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、自動的に太陽光の照射角度に応じて揺動させる太陽追尾型ソーラーパネルは、揺動可能な支持フレームの頂部に取り付けられ、支持フレーム近くの側部にミッション装置が取り付けられ、コントローラが太陽光照射角度に応じて支持フレームを揺動させ、ソーラーパネルは、太陽光の最適な照射角度を得ることができる。
【0003】
また、上述した従来の太陽追尾型パネルのミッション装置は、一般にモータ、駆動側歯車、従動側歯車及びチェーンから構成され、モータの回転軸上には、駆動側歯車と噛合した駆動歯車が取り付けられ、駆動側歯車と従動側歯車とにはチェーンが掛け渡され、従動側歯車が支持フレーム上に取り付けられ、コントローラから発信された信号を制御回路が受信するとモータが回転し、モータ回転軸上に取り付けた駆動歯車が駆動側歯車を駆動させることにより、駆動側歯車がチェーンにより従動側歯車を駆動させて支持フレームを揺動し、これによりソーラーパネルが何時でも自動的に太陽に向けられて太陽光の熱放射エネルギを受け取ることができる。しかしその欠点として、上述のミッション装置のモータ、チェーン及び各歯車が支持フレーム上にそれぞれ取り付けられ、その構成が複雑であり設置が煩雑であるという問題があった。
【0004】
さらに、従来の先進的な太陽追尾型ソーラーパネルのミッション装置は、特許文献1において開示されているが、その欠点としては、上述のミッション装置の旋回系、ディファレンシャル機構及び軸ロッドが、同様に支持フレーム上に分散して設置され、同様に設置及び構成が煩雑であるという問題点を有し、かつ、ミッション装置の伝動方式は、軸ロッド上に伝動歯車を設置し、伝動歯車とディファレンシャル機構内の駆動歯車とが噛み合わされ、運動エネルギの伝達が歯車と歯車との間の1つの噛み合わせ箇所だけに伝達されるため、伝動の安定性が好ましくないという問題点があり、改善が求められていた。
【0005】

【効果】

【0016】
上述した技術手段を採用した本考案は、従来技術と比べると、上述したソーラーパネルが軸ロッドを介してヨー角を調整して太陽追尾の目的を達成し、軸ロッド上の上述したソーラーパネルが太陽光の最大照射強度を得ることができるという効果を有する。

(57)【要約】

【課題】太陽光の照射角度に応じて、揺動可能なソーラーパネルの伝動用軸ロッドと、軸ロッドをその場で回転させるウォームホイールとウォームとを備える太陽追尾パネルの一軸型ミッション装置を提供する。【解決手段】太陽追尾パネルの一軸型ミッション装置は、サポートシート1及び支持フレーム2を含み、サポートシート1上にケース6が枢設され、ケース6内には、互いに噛合されたウォームホイール3及びウォームが配置され、サポートシート1と支持フレーム2との間には、ソーラーパネル9を配置する軸ロッド4が枢設され、軸ロッド4の一端はウォームホイール3の軸心位置に固設され、ウォームは、ウォームホイール3を駆動させて軸ロッド4を駆動し、ソーラーパネル9の揺動を制御し、太陽追跡の位置決め角度へ揺動させ、軸ロッド4の回転を向上し、ソーラーパネル9の揺動の安定性を高める。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):