(54)【考案の名称】ネームプレート

(73)【実用新案権者】東和マーク株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ネームの記された面が差し替え自在なネームプレートに関する。

【従来の技術】

【0002】
名称等が変更したら、ネームプレート全体を破棄するのではもったいないため、名称等の記された面が差し替え自在なネームプレートが望まれる。
【0003】
本出願人は、表面に位置する透明なアクリル樹脂層と、名称等が印字されたフィルム層と、裏面に位置する金属プレート層とによる3層のネームプレートを販売している(非特許文献1)
これによると、積層状態を解除して、フィルム層を差し替えることで、名称等の記された面を交換できる。また、アクリル樹脂層と金属プレート層とによる高級感が提供される。
【0004】
しかし、3層の積層状態を固定する手段が、積層体を貫通するネジ留めであるため、その先端が突出したり、ネジの弛む危惧があった。
【0005】
他方、アクリル樹脂を用いたネームプレートとしては、特許文献1〜4などが挙げられるが、名称等の記された面が差し替え容易であると共に、固定が確実なネームプレートはなかった。
【0006】

【効果】

【0012】
本考案のネームプレートによると、積層体を貫通するピンの先端部が折り曲げられて、裏面樹脂層の孔に隣接する凹溝に収容されるので、積層体の積層状態が固定されると共にピンの緩みが防止される。また、ピンの先端部の折り曲げを解除することで、情報記載層を容易に差し替えられる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】ネームプレートの正面図
【図2】同、側面断面図
【図3】同、背面図
【図4】別実施例のネームプレートの背面図

【0014】
以下に、本考案の実施形態を説明する。なお、本考案の趣旨から逸脱しない範囲で、適宜設計変更可能であり、前記特許文献や従来公知の技術を援用可能である。
【0015】
ここでは、ネームプレートとして、衣服の胸部等に取り付けて、使用者の名前等を表示するものを挙げて説明するが、例えば、展示物品の脇に立て掛けて、その物品の説明等に供する表示板など、広義のネームプレートに適用可能である。形状も、図示の例の直方体に限らず任意である。
【0016】
図1〜3は、本考案によるネームプレートの正面図、側面断面図、背面図である。
本実施例のネームプレートは、表面に位置する透明な表面樹脂層(10)と、情報記載層(20)と、金属プレート層(30)と、裏面に位置する裏面樹脂層(40)とが、この順に積層されて積層体(50)を形成する。
表面樹脂層(10)としては、アクリル樹脂など無色透明または薄い有色透明の樹脂板が利用でき、情報記載層(20)としては、フィルムや紙など印字可能な薄片が利用でき、金属プレート層(30)としては、真鍮やステンレスなどの金属板や、金属メッキした板状体の他、木材等も利用でき、裏面樹脂層(40)としては、アクリル樹脂などの樹脂板が利用できる。
【0017】
各層(10)(20)(30)(40)には、それぞれ積層時に呼応する位置に孔(11)(21)(31)(41)を備え、積層体(50)を貫通する少なくとも1つの貫通孔(51)を形成する。図示の例では、2つの貫通孔(51)が設けられている。
【0018】
貫通孔(51)には、ピン(60)が、表面樹脂層(10)から裏面樹脂層(40)に向かって挿通され、ピン(60)の頭部(61)が表面樹脂層(10)に係止し、ピン(60)の先端部(62)が裏面樹脂層(40)に係止する。
【0019】
裏面樹脂層(40)には、凹溝(42)が孔(41)に隣接して設けられている。
裏面樹脂層(40)の孔(41)から突出したピン(60)の先端部(62)は、折り曲げられて凹溝(42)に収容される。
これにより、積層体(50)の積層状態が固定されると共に、ピン(60)の緩みも防止される。また、ピン(60)の先端部(62)をまっすぐ伸ばして、折り曲げ状態を解除すれば、積層体(50)の積層状態の固定が解除されるので、情報記載層(20)を別のものに差し替えられるようになる。
【0020】
ピン(60)は、その先端部(62)が折り曲げられるものであれば、任意のものが利用でき、例えば、先端部(62)が二股以上に分岐しているピン(60)でもよい。
図4は、別実施例のネームプレートの背面図である。
本実施例のピン(60)は、その先端部(62)が二股に分岐している。これによると、複数の先端部(62)(62)で裏面樹脂層(40)に係止するので、積層体(50)の積層状態の固定が一層安定である。
【0021】
裏面樹脂層(40)には、クリップや安全ピンやタイタックなど従来公知の裏留め具を付設してもよいし、磁石と組み合わせにより衣服等に留められる構成にしてもよい。また、脚部を付設して、単独で立つ構成にしてもよいし、接着剤を付けて壁等に貼れる構成にしてもよい。
【産業上の利用可能性】
【0022】
以上のように、本考案によると、簡素な構成で製造安価でありながらも高級感を与えられ、名称等の記された面が差し替え容易であるので、本体の再利用に寄与し、産業上非常に有用である。
【0023】
10 表面樹脂層
11 孔
20 情報記載層
21 孔
30 金属プレート層
31 孔
40 裏面樹脂層
41 孔
42 凹溝
50 積層体
51 貫通孔
60 ピン
61 ピン頭部
62 ピン先端部

(57)【要約】

【課題】簡素な構成で製造安価で、高級感があり、名称等の記された面が差し替え容易で、その固定が確実なネームプレートを提供する。【解決手段】ネームの記された情報記載層20が差し替え自在なネームプレートで、表面に位置する透明な表面樹脂層10と、情報記載層20と、金属プレート層30と、裏面に位置する裏面樹脂層40とが、この順に積層されて積層体を形成し、その積層体を貫通する少なくとも1つの貫通孔51を備え、貫通孔51にピン60が、表面樹脂層10から裏面樹脂層40に向かって挿通され、ピン60の先端部が折り曲げられて、裏面樹脂層40の孔に隣接する凹溝に収容されることで、積層体の積層状態が固定されると共に、ピン60の緩みが防止され、また、ピン60の先端部の折り曲げを解除することで、積層体の積層状態の固定を解除して情報記載層20の差し替えを可能とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):