(54)【考案の名称】前掛け式メガネ

(73)【実用新案権者】株式会社エクセル眼鏡

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はメガネのフロント部正面に前掛けフレームをワンタッチで安定して取付けることが出来る前掛け式メガネに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来においても、メガネのフロント部正面に前掛けフレームを取付けたメガネは多用されている。これは周知の通り、近眼の人がサングラスを必要とする場合や、老眼であるにもかかわらず近眼でもあるといったケースは多く、このような場合に近眼用のメガネにサングラスの前掛けフレームを取付けたり、近眼用のメガネに老眼用レンズを入れた前掛けフレームを使用するといった具合である。
【0003】
ところで、従来型式の前掛けフレームを備えた前掛け式メガネには幾つかの問題がある。その1つは取付け構造が複雑である為に製作コストが高くなると共に、嵌合状態があまくなってガタ付きを生じ、前掛けフレームが安定しないといった点である。
【0004】
図10は従来多用されている前掛け式メガネフレームを示し、(a)はメガネフレーム、(b)は上記メガネフレーム(イ)のフロント部(ハ)に取付けられる前掛けフレーム(ロ)を表している。フロント部(ハ)の両側に設けているヨロイ(ニ)、(ニ)には磁石(ホ)、(ホ)が取着され、前掛けフレーム(ロ)の両側に設けているヨロイ(ヘ)、(ヘ)にも同じく磁石(ト)、(ト)を有している。
【0005】
そこで、上記前掛けフレーム(ロ)はフロント部(ハ)の正面に重ね合わされ、磁石(ホ)に磁石(ト)が引き付けられて取着される。勿論、磁石(ホ)、(ト)を介して取付けられる前掛けフレーム(ロ)が位置ズレしないように何らかの工夫はされている。実用新案登録第3081271号に係る「めがね」はこの前掛け式メガネフレームに相当する。
【0006】
また、特許第2997418号に係る「着脱眼鏡取付装置」はフロントフレームのヨロイ部に受部を設けると共に該受部には磁石を取付け、前掛けフレームを該受部に載せて磁石にて吸着する構造と成っている。このように、従来の構造では前掛け式メガネのフロント部及び前掛けフレームに小さな磁石を取付けた形態となっている。
【0007】
一方、磁石ではなく、前掛けフレームにカギを取付け、該カギを介してメガネのフロント部に係止することも出来る。しかし、カギをフロント部に係止するだけの取付け構造は簡単ではあるが、前掛けフレームは一般的に安定しない。
ところで、前記図10に示すような前掛け式メガネの場合、フロント部(ハ)のヨロイ(ニ)、(ニ)に磁石(ホ)、(ホ)が取付けられ、前掛けフレーム(ロ)のヨロイ(ヘ)、(ヘ)にも磁石(ト)、(ト)が備わっている。その為に、前掛けフレームの位置ズレ防止対策が必要であると共に、磁石(ホ)、(ト)が表面化することで外観が損なわれる。
【0008】
そこで、フロント部(ハ)の中央部に設けている連結部材(チ)と前掛けフレーム(ロ)の中央部に設けている連結部材(リ)に磁石を取付け、連結部材(チ)、(リ)同士が磁石を介して引き合うことで前掛けフレーム(ロ)をフロント部(ハ)に取付けるようにした前掛け式メガネが知られている。
特開2012−68469号に係る「前掛け式眼鏡」は、本体眼鏡の見栄えを損なうことなく、本体眼鏡に対して補助眼鏡を簡易且つ確実に磁気吸着により取り付けることのできる前掛け式眼鏡である。
【0009】
そこで、左右のレンズ部相互を第1の連結部で連結してなる本体眼鏡と、左右の補助レンズ部相互を第2の連結部で連結してなる補助眼鏡とを具える。第2の連結部は第1の連結部の下面に磁気吸着状態で着脱可能に取り付けられる。第1の連結部の下面に設けた一つの収容凹部に第1の磁石の1個が収容され、接着固定される。第2の連結部の上面には、第2の磁石の1個が設けられている。第1の磁石の下面が呈する水平な第1の磁性面と第2の磁石の上面が呈する水平な第2の磁性面とが面状に磁気吸着するように構成している。
【0010】
この前掛け式メガネの場合、前記図10を基にして説明するならば、フロント部(ハ)の連結部材(チ)の下側に前掛けフレーム(ロ)の連結部材(リ)が配置され、それぞれの連結部材(チ)、(リ)に取着した磁石を介して吸着されることで、前掛けフレーム(ロ)がフロント部(ハ)の正面に取付けられる。しかし、前掛けフレーム(ロ)はその位置決めが安定せず、激しい動きをする際には、前掛けフレーム(ロ)の自重で落下する虞もある。

【効果】

【0014】
本考案に係る前掛け式メガネは、前掛けフレームがメガネのフロント部正面に重なり合って取付けられる。この場合、前掛けフレームの連結部材がフロント部の連結部材の上に載置され、そして、各連結部材に取着した磁石を介して固定される。前掛けフレームは連結部材を介してフロント部の連結部材の上に載置されることで、前掛けフレームの重量はフロント部の連結部材にて支えられる。従って、前掛けフレームがその自重で落下することはない。
【0015】
そして、連結部材には凹部と凸部が形成され、フロント部の連結部材に前掛けフレームの連結部材が載置されると共に凹部には凸部が嵌って噛み合うことで、正しく位置決めされる。従って、前掛けフレームの連結部材をフロント部の連結部材に置くだけで正しく位置決めされて載置され、しかも磁石によって外れることはなく、安定した取付けが出来る。

(57)【要約】

【課題】メガネのフロント部正面に前掛けフレームを重ね合せて取付ける前掛け式メガネを提供する。【解決手段】フロント部2の連結部材6の上に前掛けフレーム14の連結部材16を載置し、該連結部材6,16は互いに噛み合うことが出来る凹部と凸部を形成し、そして両連結部材6,16が離れないように、少なくとも片方に磁石を取付けている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):