(54)【考案の名称】傘

(51)【国際特許分類】

A45B 25/06 ・傘のろくろ

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、傘に関し、特に、主棒と交換可能の傘面の傘骨組立て体により、取り外して組み立てることができる新規構造の傘に関する。

【従来の技術】

【0002】
既存の市販の傘の構造は、殆ど固定式構造であり、傘が、多様化に交換でき、より良い安全実用性の市場ニーズと商業経済に応じない欠点がある。
【0003】
本考案者は、上記欠点を解消するため、慎重に研究し、また、学理を活用して、有効に上記欠点を解消でき、設計が合理である本考案を提案する。

(57)【要約】

【課題】主棒やかさ骨組立体の組立てや交換が可能な傘を提供する。【解決手段】主棒1と連結部材3及び傘面4の傘骨組立て体2からなり、主棒の頂端にスクリュー端11が形成されて、傘骨組立て体の下巣22から上巣21までに貫設され、スクリュー端が、連結部材に螺着される。主棒と傘面の傘骨組立て体とが、別々に、取り外せる構造であり、交換が可能となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):