(54)【考案の名称】郵便受け箱

(73)【実用新案権者】株式会社ダイケン

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、郵便受け箱に関する。

【従来の技術】

【0002】
特許文献1には、扉が緩やかに閉じられるようにするためにオイルダンパーが取り付けられた郵便受け箱が記載されている。オイルダンパーは郵便受け箱本体側に取り付けられており、歯車を介して扉の回転軸に連結されている。
郵便受け箱の扉を全開あるいは全閉の状態で保持するために、扉側の係合部が係合する係合部材が郵便受け箱本体側に設けられる。
【0003】

【効果】

【0008】
請求項1の考案によれば、扉が全開位置にあるとき、回動部材は弾性力を受けた安定した状態で当接部材の係止部に係止される。扉が閉方向に回動して、回動部材が係止部から当接部に移動すると、回動部材は弾性変形部から弾性力を受ける。回動部材には弾性変形部の弾性力にともなう摩擦力が働くので扉を緩やかに閉じることができる。
【0009】
請求項2の考案によれば、弾性変形部は長円形のリング状に形成されているので、容易に弾性変形可能である。
請求項3の考案によれば、回動部材が当接部から案内部に乗り移ったときに回動部材が案内部から受ける摩擦力を小さくして、勢い良く扉を閉じることができる。これによって、たとえば扉に取り付けられたダイヤル錠の係合片を郵便受け箱本体の係合部に係合させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案の一実施の形態に係る郵便受け箱の斜視図である。
【図2】同扉が全開位置にある郵便受け箱の斜視図である。
【図3】同扉が閉じられる途中にある郵便受け箱の斜視図である。
【図4】同扉が全閉位置にある郵便受け箱の斜視図である。

【0011】
本考案の一実施の形態について図1〜図4に基づいて説明する。郵便受け箱1は、郵便受け箱本体2と、郵便受け箱本体2に回動自在に取り付けられる扉3とを備えている。郵便受け箱本体2と扉3とは、たとえば樹脂成型される。扉3は、たとえば上部プレート4と下部プレート5とが連結されて形成されており、扉3の基端部には回動軸心部6が形成されている。回動軸心部6は、扇形に樹脂成型され、上部プレート4の基端部に係合される回動部材7を備えている。郵便受け箱本体2の両側壁11には支持部である孔部8が形成されており、回動部材7は、たとえば孔部8に嵌め込まれた軸体にビス止めされる。回動部材7の外周面9には凸状の当接凸部10が形成されている。当接凸部10は、郵便受け箱本体2の両側壁11の孔部8近傍に設けられた当接部材15に当接する。
当接部材15には、扉3が回動するとき回動部材7の当接凸部10が当接する当接部16が形成されている。当接部16は、回動する当接凸部10の軌跡に沿って略円弧状に形成されており、当接凸部10は当接部16の内面17に当接する。
当接部16の一端部には、扉3が全開位置にあるとき当接凸部10が係止される係止部18が連設されている。当接部16の他端部には、扉3が全閉位置の手前から全閉位置まで回動するとき、当接凸部10がガイドされる案内部19が連設されている。
当接部材15には、さらに弾性変形部20が形成されている。弾性変形部20は長円形のリング状に形成されており、弾性変形部20の直線状の外周面21が、略円弧状に形成された当接部16の外面23に当接している。当接部材15は、2箇所設けられた取り付け部22を用いて郵便受け箱本体2の両側壁11に各々ビス止めされる。なお、扉3の下部プレート5にはダイヤル錠24が取り付けられており、郵便受け箱本体2にはダイヤル錠24の係合片25が係合する係合部26が設けられている。
【0012】
ここで郵便受け箱1の動作について説明する。図2は、回動部材7の当接凸部10が係止部18に係止されて、扉3が全開の位置にある郵便受け箱1を示している。当接凸部10が係止部18に係止されているとき、係止部18は当接凸部10に押圧されて弾性変形している。当接凸部10は、係止部18から弾性力を受けて、係止部18の鉤部29に押し付けられた安定した状態で係止部18に係止される。これによって扉3を全開位置で保持することができる。
【0013】
使用者が係止部18の弾性力に抗して扉3を下側に押すと、当接凸部10は係止部18から抜け出して当接部16に乗り移る。当接部16に乗り移った当接凸部10は当接部16を押圧し、当接部16に当接している弾性変形部20の直線状の外周面21が円弧状に弾性変形する。そのときの状態を図3に示す。当接凸部10が当接部16に乗り移った後、扉3は自重で閉方向に回動するが、このとき当接凸部10は当接部16を介して弾性変形部20の弾性力を受けており、扉3にはこの弾性力にともなう摩擦力が働く。これによって扉3を緩やかに閉方向に回動させることができる。
【0014】
扉3がさらに閉方向に回動して、全閉位置の手前に位置すると、当接凸部10は当接部16から案内部19に乗り移る。案内部19に乗り移った当接凸部10は案内部19から弾性力を受けるが、この弾性力が、当接部16から受ける弾性力よりも小さくなるように、案内部19の形状を決めることによって、全閉位置の直前から勢いを付けて扉3を閉じることができる。これによって扉3を閉じたとき、たとえばダイヤル錠24の係合片25を郵便受け箱本体2の係合部26に係合させることができる。
【0015】
本実施の形態において、弾性変形部20は長円形のリング状に形成されているがこれに限定されるものではなく、たとえば平板をC形やV形に折り曲げた形状のものでもよい。ダイヤル錠24の係合片25を郵便受け箱本体2の係合部26に係合させるために、当接部16の他端部に案内部19を連設して、扉3を勢い良く閉じるようにしているが、案内部19を設けないで扉3を緩やかに閉じることもできる。
【0016】
なお、閉じられている扉3を開ける場合には、使用者はダイヤル錠24を操作して、ダイヤル錠24の係合片25と係合部26との係合を解除可能な状態とする。そして使用者が扉3を手前に引くと、係合片25と係合部26との係合が解除され、扉3は引き上げ可能な状態となる。使用者は弾性変形部20の弾性力に抗して扉3を引き上げ、回動部材7の当接凸部10を当接部材15の係止部18に係止させることができる。
【0017】
このように、郵便受け箱本体2と、郵便受け箱本体2に回動自在に取り付けられる扉3とを備え、扉3の回動軸心部6が、郵便受け箱本体2に設けられた支持部である孔部8に支持される郵便受け箱1において、回動軸心部6は扉3とともに回動する回動部材7を備えており、孔部8の近傍には、扉3が回動するとき回動部材7が当接する当接部16と、当接部16に隣接して設けられ回動部材7が当接部16に当接している状態で弾性変形可能な弾性変形部20と、当接部16の一方側に弾性変形可能に連設され扉3が全開の状態で回動部材7を係止可能な係止部18とが設けられた当接部材15を備えているので、扉3が全閉位置にあるとき、回動部材7は弾性力を受けた安定した状態で当接部材15の係止部18に係止される。扉3が閉方向に回動されるとき、回動部材7は、当接部材15の当接部16に隣接して設けられた弾性変形部20から弾性力を受ける。扉3には弾性変形部20の弾性力にともなう摩擦力が働くので緩やかに閉じられる。
【0018】
さらに、弾性変形部20が長円形のリング状に形成されているので、容易に弾性変形可能である。
さらに、当接部16の他方側に、回動部材7を全閉位置に案内する案内部19が設けられているので、当接部16から案内部19に乗り移った回動部材7が、案内部19から受ける弾性力を小さくして、全閉位置の手前から勢いを付けて扉3を閉じることができる。これによって、たとえばダイヤル錠24の係合片25を郵便受け箱本体2の係合部26に係合させることができる。
【0019】
1 郵便受け箱
2 郵便受け箱本体
3 扉
4 上部プレート
5 下部プレート
6 回動軸心部
7 回動部材
8 孔部
9 外周面
10 当接凸部
11 側壁
15 当接部材
16 当接部
17 内面
18 係止部
19 案内部
20 弾性変形部
21 外周面
22 取り付け部
23 外面
24 ダイヤル錠
25 係合片
26 係合部
29 鉤部

(57)【要約】

【課題】扉の回動軸心部を、郵便受け箱本体に取り付けられた当接部材に当接させて、扉を開かれた状態で保持し、開かれた扉を緩やかに閉じることができる郵便受け箱を提供する。【解決手段】郵便受け箱本体2と、郵便受け箱本体2に回動自在に取り付けられる扉3とを備え、扉3の回動軸心部6が、郵便受け箱本体2に設けられた支持部である孔部8に支持される郵便受け箱1において、回動軸心部6は扉3とともに回動する回動部材7を備えており、孔部8の近傍には、扉3が回動するとき回動部材7が当接する当接部16と、当接部16に隣接して設けられ回動部材7が当接部16に当接している状態で弾性変形可能な弾性変形部20と、当接部16の一方側に弾性変形可能に連設され扉3が全開の状態で回動部材7を係止可能な係止部18とが設けられた当接部材15を備えている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):