(54)【考案の名称】歯間ブラシ用アタッチメント及び超音波歯間ブラシ装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、超音波歯ブラシ装置の把握部に装着されて歯間ブラシに超音波を伝導する歯間ブラシ用アタッチメント、及び、その歯間ブラシ用アタッチメントを用いた超音波歯間ブラシ装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
把握部に超音波振動子を備え、超音波を歯ブラシの毛先に伝導して歯磨きの効率を高める超音波歯ブラシ装置は、広く用いられ、知られている。
同様にして、超音波を歯間ブラシの毛先に伝導して歯間磨きの効率を高めることは、歯間に残るプラークに起因する歯周病が多いことを考えれば、好ましい。しかし、かかる超音波歯間ブラシ装置は、製造販売がされておらず、広く知られたものではない。
【0003】
超音波歯間ブラシ装置についての技術は、特許文献1、特許文献2等に開示されている。それにもかかわらず、超音波歯間ブラシ装置の製造販売がされていない理由としては、経済的な理由が考えられる。
特許文献1に開示されたものは、歯間ブラシを直接に把握部に装着する。このため、歯間ブラシを交換する際に、ブラシ部分のみでなく把握部に装着するための部分をも合わせて交換しなければならない。交換部品が比較的高価なものとなってしまう。歯間ブラシは、歯ブラシに比して耐用日数が短く、頻繁に交換するので、交換部品の価格がユーザにとって大きな問題となる。
特許文献2に開示されたものは、ブラシ部分のみの交換が可能である。しかし、機構が複雑であり、超音波歯間ブラシ装置自身が高価なものとなってしまう。
【0004】

【効果】

【0012】
単純な機構で実現され、ブラシ部分のみの交換が可能であるような歯間ブラシ用アタッチメント、及び、その歯間ブラシ用アタッチメントを用いた超音波歯間ブラシ装置が提供される。
歯間ブラシの交換を含めたコストが小さいものとなり、効率的な歯間磨きが広まる。歯周病の予防が促進される。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】図1は、歯間ブラシ用アタッチメントを示す図である。
【図2】図2は、超音波歯間ブラシ装置を示す図である。
【図3】図3は、歯間ブラシ用アタッチメント、歯間ブラシ及び把握部の構造を示す図である。

【0014】
図1は、歯間ブラシ用アタッチメントを示す図である。歯間ブラシ用アタッチメント1には、凹部11及び超音波振動子挿入部12が設けられている。凹部11は、図において上方視を示しているとおり、円柱形状である。
【0015】
図2は、超音波歯間ブラシ装置を示す図である。歯間ブラシ用アタッチメント1は、その上部に歯間ブラシ2が挿入され、その下部において把握部3に装着されている。
把握部3には超音波振動子31及びスイッチ32が設けられている。スイッチ32を操作することによって超音波振動子31から超音波が発せられる。超音波は、歯間ブラシ用アタッチメント1に伝導され、さらに歯間ブラシ2に伝導される。
【0016】
図3は、歯間ブラシ用アタッチメント、歯間ブラシ及び把握部の構造を示す図である。歯間ブラシ用アタッチメント1の凹部11に歯間ブラシ2が挿入され、超音波振動子挿入部12に超音波振動子31が挿入されている。
超音波振動子31から発せられる超音波を効率的に歯間ブラシ2に伝導するため、歯間ブラシ用アタッチメント1は、可撓性を有し歯間ブラシ2及び超音波振動子31に密着することが好ましい。特に、凹部11における可撓性は、交換して用いられる歯間ブラシ2の微細な大小差に対応する上で重要である。
【産業上の利用可能性】
【0017】
単純な機構で実現され、ブラシ部分のみの交換が可能であるような歯間ブラシ用アタッチメント、及び、その歯間ブラシ用アタッチメントを用いた超音波歯間ブラシ装置である。効率的な歯間磨きが実現され、歯間ブラシの交換を含めたコストが小さいものであり、多くの個人による利用が考えられる。
【0018】
1 歯間ブラシ用アタッチメント
11 凹部
12 超音波振動子挿入部
2 歯間ブラシ
3 把握部
31 超音波振動子
32 スイッチ

(57)【要約】

【課題】単純な機構で実現され、ブラシ部分のみの交換が可能であるような歯間ブラシ用アタッチメント、及び、その歯間ブラシ用アタッチメントを用いた超音波歯間ブラシ装置を提供する。【解決手段】超音波振動子31を備える把握部3に装着されて超音波を伝導するための歯間ブラシ用アタッチメント1であって、アタッチメントの把握部と反対の側に歯間ブラシ2の根元部を挿入する凹部11を備える。合わせて、このアタッチメントに、把握部及び歯間ブラシを加えた超音波歯間ブラシ装置である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):