(54)【考案の名称】鏡

(73)【実用新案権者】寧波東誠家居用品製造有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は鏡に関し、特に軽量化及び低コスト化を実現するようにした例えば壁面鏡に関する。

【従来の技術】

【0002】
最近の生活様式の多様化に伴い、壁掛け式鏡、立掛け式鏡、自立式鏡、キャスター付き鏡など、全高が1.5m程度で多種多様な鏡が実用化され、市場に提供されている。
【0003】
例えば、左右のサイドバーの間を2本又は1本の連結バーで連結して四角形状又はH形状のベースフレームを構成し、このベースフレームの四隅にキャスターを取付けるとともに、左右のサイドバーの中央に支柱を立設し、左右の支柱の上端部に、縦長の鏡体のフレームを取付けねじによって回転可能に取付けるようにした鏡が知られている(特許文献1、特許文献2、特許文献3)。
【0004】
また、縦長の矩形フレームの正面側に鏡板を嵌め込み、矩形フレームの背面に背板を設けるようにした壁立て掛け式の鏡も知られている(特許文献4)。
【0005】

(57)【要約】

【課題】軽量化及び低コスト化を実現するようにした鏡を提供する。【解決手段】多角形フレームの正面側に鏡板を嵌め込み、多角形フレームの背面に背板を固定して鏡板を受けるようにした鏡において、鏡板の背面には鏡板破損時における破片の飛散防止のためのフィルム14又は紙を貼り付ける一方、多角形フレーム11の背面側には少なくともコーナー部に嵌込み段部11Aを形成して該嵌込み段部にストッパー板13を嵌め込んで固定し、このストッパー板によって鏡板を受けられるようにする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):