(54)【考案の名称】褌

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、着脱が簡便であり、通気性に優れ、肌触りが良好な褌に関する考案である。
【0002】
従来の褌として、六尺褌が周知である。
【0003】
また、覆い布の後部の端を紐に縫着し、覆い布の前端部を折り返して縫製することで紐通し孔を形成し、紐の一端を紐通し孔に通して腰の一側部で結ぶように形成された褌は公知である(例えば実用新案文献1参照)。
【0004】
そして、下腹部から股部を通して臀部の上部に至る長さで、かつ、一端が下腹部を覆うことができる幅の覆い布と、前記覆い布の両端にベルト挿通孔と、ベルト挿通孔に挿通して腰部に固定する平帯状伸縮ベルトも公知である(例えば実用新案文献2参照)。
【0005】

【効果】

【0013】
本考案は、覆い布が二重であり、覆い布の幅方向に対して斜めもしくは平行に縫着された縫着部を有しているため、破れにくく、丈夫である。また覆い布をベルトで固定することによって、着用者の身体に覆い布をしっかりと密着させることができる。なおかつ、覆い布の開口部の開口面積が広いことで、ベルトを開口部に挿通させやすいため、着用者は簡単に褌を着脱することができる。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】本考案の実施形態に係る褌を示した斜視図である。
【図2】本考案の実施形態に係る覆い布を示した斜視図である。
【図3】本考案の実施形態に係る覆い布を示した斜視図である。
【図4】本考案の実施形態に係るベルトを示した平面図である。
【図5】本実施形態に係る褌の使用状態を示した斜視図である。
【図6】本実施形態に係る褌の使用状態を示した斜視図である。
【図7】本実施形態に係る褌の使用状態を示した斜視図である。

【0015】
以下、本考案の実施形態に係る褌1を図1乃至4に基づき説明する。
本考案の褌1は、下着として使用される褌である。
図1に示すように、この褌1は、開口部3と縫着部4を有する筒状の覆い布2と、一端に挿通孔7を有するバックル6が取り付けられると共に、他端に面ファスナ8が取り付けられたベルト5を有している。
【0016】
覆い布2は、下腹部から股部を通して臀部を覆うための布である。
この覆い布2は、一枚の帯状の布を筒状に織ったものであり、図1乃至3に示すように、開口部3と縫着部4を有し、二重に折り重ねられた状態で使用される。
なお、材質としては麻・絹・竹布・綿等の植物繊維・動物繊維や、ナイロン、ポリエステル等の化学繊維を単独又は組み合わせて用いることができる。そして、それを薄く織って作る、又は粗く織って作ることにより、通気性に優れ、肌触りが良いものとなる。
【0017】
開口部3には、ベルト5が挿通される。この開口部3は、覆い布2の幅方向両側端部に形成されており、開口面積が広く、ベルト5を挿通させやすい。
【0018】
縫着部4は、図2に示すように、覆い布2の下となる一枚の帯状の布の長さ方向の一端部と他端部とを縫着させた箇所である。
なお、本例では、上記帯状の布の両端部を予め、幅方向に対して斜めにしておき、幅方向に対して斜めに縫着することとしたが、図3に示すように、上記帯状の布の両端部を予め、幅方向に対して平行にしておき、幅方向に対して平行に縫着することもできる。
【0019】
ベルト5は、図4に示すように覆い布2を着用者の腰部に固定するための紐状の帯である。
このベルト5は、筒状の覆い布2の一端側開口部3と他端側開口部3に挿通されて、着用者の身体に巻きつけられる。
また、ベルト5には、図4に示すように、一端に挿通孔7を有するバックル6が設けられると共に、他端に一対の面ファスナ8が設けられている。
なお、ベルト5の大きさは、例えば、着用者の腰部に余裕をもって巻き付けられる長さと、50mmほどの幅があるとよく、PP(ポリプロピレン)等のベルトを用いることができる。
【0020】
バックル6は、ベルト5の他端側を挿通させる挿通孔7を有し、ベルト5の一端側に設けられている。大きさは、例えば50mm幅であるとよい。
【0021】
一対の面ファスナ8は、着用者の身体に巻きつけられたベルト5を固定するためのものである。この一対の面ファスナ8は、フック状に起毛された側と、ループ状に密集して起毛された側とを押し付け合うことで係止するものであり、ベルクロ(登録商標)等として既知のものである。
また、この一対の面ファスナ8は、バックル6が設けられていないベルト5の他端側に約90mm離間して設けられる。
面ファスナ8の大きさとしては例えば、50mmの幅と120mmの長さとすることができる。
【0022】
次に、本実施形態に係る褌1の使用例について図5乃至図7を参照して説明する。
図5または図6に示すように、着用者はまず、覆い布2を着用者の臀部から股部を通って下腹部を覆うように着用する。この際に、縫着部4が下腹部近辺になるようにする。
【0023】
次に、ベルト5の一端を一の開口部3に挿通させ、ベルト5の他端を他の開口部3に挿通させることで、ベルト5を腰部に巻き付ける。
なお、この際、ベルト5は、へそ下およそ80mmの位置にある丹田を中心として巻きつけるとよい。
また、縫着部4がベルト5の位置にくるようにするとよい。
【0024】
そして、バックル6に備えられた挿通孔7にベルト5の他端部を挿通して折り返し、折り返し位置を中心に離間して設けられた一対の面ファスナ8同士を係止させる。
これにより、着用者の身体に褌1を装着することができる。
【0025】
なお、他の使用例では、図7に示すように、覆い布2を臀部から股部にかけて細く絞って使用してもよい。
【0026】
以上の本実施形態に係る褌1によれば、覆い布2が、二重に折り重ねられた状態で用いられると共に、縫着部4が設けられているため、破れにくく、丈夫である。
また、覆い布1の材質に麻等の通気性や肌触りの良いものが用いられるため、着用者は心地よく着用することができる。
さらに、開口部3の面積が広く、ベルト5を挿通させ易いため、着用者は簡単に褌1を着脱することができる。
【0027】
なお、本実施形態において、覆い布2は、縫い目(縫着部4)を設けることなく、一枚の帯状の布を筒状に織り、帯状に二重に折り重ねて用いるものとしてもよい。
また、このように縫い目(縫着部4)を設けることなく、覆い布2を作成した場合において、一の側端部から他の側端部にかけて、一旦、幅方向に対して斜めあるいは平行に裁断してから、改めて縫着させることにより、縫着部4を設けてもよい。一旦、裁断してから縫着部4を設けることにより、覆い布2の強度が増して破れにくいものとすることができる。
【0028】
1 褌
2 覆い布
3 開口部
4 縫着部
5 ベルト
6 バックル
7 挿通孔
8 面ファスナ




(57)【要約】

【課題】着脱が簡便であり、通気性に優れ、肌触りが良好な褌を提供する。【解決手段】褌1は、臀部から下腹部を覆う布2が一の側端部から他の側端部にかけて、幅方向に対して斜めに縫着部4を有しているため、布の強度が弱いため破れる心配をする必要もない。また、身体に固定するために設けられたベルト5は、一端側に、他端側を挿通させる挿通孔7を備えたバックル6が備えられ、他端側には、所定の長さ、例えば90mmだけ離間して設けられた一対の面ファスナ8を備え、上記他端側が上記一端側のバックル6の挿通孔7に挿通されて折り返されると共に、折り返し位置を中心に離間して設けられた一対の面ファスナ8によって、着脱自在に上記着用者の腰部に巻き付けられる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):