(54)【考案の名称】発光ダイオード灯具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、発光ダイオード(LED)灯具に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、LEDは、旧来の白熱ランプ、ハロゲンランプなどと比較して小型、長寿命、低消費電力、高速応答等の優れた特徴を有するので、表示用光源を初めとして一般照明用光源、自動車用ヘッドライトなどの照明用光源として実用化されつつある。LEDは点光源であるため、従来照明用光源として使用する場合、1個当たりの光束が弱いので、一つのパッケージ内にLED素子を複数個搭載して大光量を確保している。また、点光源であるLEDは輝度が高く、人に不快感を及ぼすので、光源の拡散を可能にする設計が求められる。この種の従来例として、例えば特許文献1に示されるものがある。このものは、収容空間を有するベースと、ベースの内部に配置された複数のLEDと、複数のLED間に配置された少なくとも一つ以上の屈折層と、屈折層の両側辺に対向配置された反射層と、ベースの収容空間の周縁にLEDの光線を透過する透光層とを有する。
【0003】

【効果】

【0007】
本考案によれば、複数のLEDからの光が導光カバーの下側より導光カバーを透き通すと共に、導光カバーの内周面に当接して設けられた反射層によって散乱して反射されるので、広範囲の広がりのある照明光を得ることができる。従って、LEDを増やすことなく一面に均一に照らす発光を得ることができ、LEDによる発熱も最小限に抑えることができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案の実施例1によるLED灯具の構成を概略して示す縦断面図である。
【図2】導光カバーと反射層とを示す分解縦断面図である。
【図3】導光カバーと反射層とを組み立てて示す組立縦断面図である。
【図4】図3の底面図である。
【図5】LEDが配置された回路基板を示す平面図である。
【図6】実施例1に係るLED灯具の変形例を概略して示す縦断面図である。
【図7】実施例1に係るLED灯具の変形例を概略して示す縦断面図である。
【図8】実施例1に係るLED灯具の変形例においてベースと導光カバーと反射層とを分解して示す分解縦断面図である。
【図9】図8のベースと導光カバーと反射層との組立縦断面図である。
【図10】本考案の実施例2によるLED灯具の構成を概略して示す縦断面図である。
【図11】実施例2における反射層と導光カバーとを示す分解縦断面図である。
【図12】図11の導光カバーと反射層とが組み立てられた状態を示す底面図である。

【0009】
この考案の上述の目的、その他の目的、特徴および利点は、図面を参照して行う以下の考案を実施するための形態の説明から一層明らかとなろう。
【0010】
(実施例1)
図1は、本考案の実施例1によるLED灯具の構成を示している。図1に示されているように、LED灯具は、ベース2と、回路基板3と、発光モジュール4と、導光カバー5と、反射層6とを備えている。
【0011】
ベース2は、収容空間を画成した中空状の枠体であり、ベース2の下側に口金が着脱可能に設けられている。この例では、ベース2の内周面には環状に窪んで形成された周溝が設けられている。回路基板3は、予めLEDの駆動回路が形成されており、ベース2の内部に配置されている。
【0012】
発光モジュール4は、回路基板3に電気的に接続されている複数のLED41を有し、LED41は、図1と図5に示されているように、互いに所定の間隔をおいて例えば環状に設けられている。
【0013】
導光カバー5は、透光性があり色を付けた着色材料からなっているものでも良いが、この例では透光性のある無色なものである。導光カバー5は、LED41に応じて発光モジュール4の発光が向けられると共に、LED41を覆うようにベース2に固定して設けられている。この例では、導光カバー5は、図1に示されているように、ベース2の内部に嵌合されている下端部51と下端部51から上向きに直立して形成された上端部52とからなっている。
【0014】
この例では、導光カバー5は、下端部51が開放した中空筐体であり、下端部51の外側面にベース2の周溝と嵌合する環状のつばが形成されていると共に、その内側面に環状の肩部が窪んで形成されている。なお、導光カバー5は、少なくとも上端部52が湾曲面状に形成されたものであることが好ましく、例えば下端部51が開放すると共に上端部52が閉鎖した砲弾型になったものや、下端部51から上端部52に向かって小径になる、図6の逆椀状や図7の奥行きのあるドーム状のものであってもよい。
【0015】
反射層6は、LED41の発光を反射するように、導光カバー5の内周面に貼り付けられて設けられている。この例では、図1、3、4に示されているように、反射層6の底部は導光カバー5の環状肩部と当接せずに、導光カバー5とによりLED41を収容するスロット7が形成されている。
【0016】
スロット7は、LED41を収容するように、図1、2、3に示されているように、導光カバー5に形成された環状肩部と反射層6とにより形成されているが、図6〜9に示されているように、導光カバー5が回路基板3と離れてLED41の上に乗っかるようにベース2と導光カバー5と反射層6とにより形成されていてもよい。
【0017】
また、導光カバー5及びベース2は、それら同士の密封性を高めるために、下端部51に形成されたつばとベース2に形成された周溝とが嵌合して結合されているが、図6、7、9に示されているように、その下端部51がベース2の内径よりもやや大きめな外径を有するように構成された導光カバー5を、ベース2の内部に挿入することで、下端部51がベース2を押し広げ気味になるよう両者を緊密嵌合してもよい。
【0018】
なお、この例では、反射層6はプラスチック材料からなる白いものであるが、光を反射するものであれば、これに限られず、他の材料や他の色からなるものであってもよい。
【0019】
以上によって構成されたLED灯具では、LED41からの光が透光性のある導光カバー5の下端部51から入射され、導光カバー5を透き通しながら出射されると共に、導光カバー5の内周面に貼り付けられた反射層6によって反射されながら散乱して出射される。つまり、LED41からの光は下端部51から上端部52側に広がりながら射出されることができる。これによって、点光源であるLED41からの発光を一面に広げて均一に放射する発光に変えることができる。従って、均一に照明することができ、一部に集中して照らすことで不快感を与えることも解消することができるLED灯具を得ることができる。
【0020】
また、本考案に係るLED灯具によれば、輝度むらなく均一に照明することができるので、LEDの数を増やさずに済み、灯具の発熱も増大せずに済む。これによって、LED灯具の放熱を図る装置も大型化せずに済む。
【0021】
本考案に係るLED灯具は、導光カバーやケース自体のサイズや色に拘束されることなくフットライト、間接照明などとして白熱電球、蛍光灯と同様に応用することができる。
【0022】
(実施例2)
図10は、本考案の実施例2によるLED灯具の構成を示している。なお、その構成は基本的に図1のLED灯具と同様であるので、ここでは重複する部分の説明を省略する。
【0023】
この例では、導光カバー5は下端部51と上端部52とが開放し、下端部51から上端部52側に径大になった中空状の筒状体であり、下端部51の下端面にはLED41を定位して収容するための複数の凹部511が互いに所定の間隔をおいて形成されている。
【0024】
反射層6は、回路基板3に対向して配置されている底部63と、導光カバー5の内周面に沿って延伸されるように該内周面と当接すると共に底部63の周縁から直立して延伸されて形成された反射部61と、反射部61の上端周縁から略直角に折れ曲がるように外方に突き出て前記上端部を乗り越えて延伸されている環状のフランジ部62とを有する。この例では、反射層6は、底部63からフランジ部62側に径大になった有底筒状体である。なお、この例では、LED灯具における口金部と回路基板3と反射層6との間は釘やボルトなどの固定部材で連結されており、反射層6の底部63はその底面より上方に向かって窪んで連結穴が設けられている。
【0025】
導光カバー5は、前記実施例と同様に無色で透明なものであるが、LED41からの光を導光カバー5を透過して色を付けた照明を得るために彩色材料からなってもよい。
【0026】
反射層6は、前記実施例と同様にプラスチック材料によってなった白いものであるが、光を反射するものであれば、これに限られず、他の材料や他の色であってもよい。
【0027】
以上によって構成されたLED灯具では、LED41からの光が透光性のある導光カバー5の下端部51から入射され、導光カバー5を透き通しながら出射されると共に、導光カバー5の内周面に貼り付けられた反射層6によって反射されながら散乱して出射される。つまりLED41からの光は下端部51から上端部52側に広がりながら射出されることができる。また、導光カバー5に入射した光がフランジ部62に当たって反射されるので、点光源であるLED41からの発光をより一層広げ均一に放射させることができる。従って、均一に照明することができ、一部に集中して照らすことで不快感を与えることも解消することができるLED灯具をも得ることができる。
【0028】
以上により、本考案に係るLED灯具は、複数のLED41からの光が下端部51の下端面より導光カバー5を透き通すと共に、下側から上側に向かうほど径大になる反射層6によって散乱して反射されるので、大範囲の広がりのある照明光を得ることができる。従って、LED41を増やすことなく一面に均一に照らす発光を得ることができ、LED41による発熱も最小限に抑えることができる。
【0029】
上述のごとく、図面を参照してこの考案のいくつかの実施例を説明したが、本考案は、図示した実施例に限定されるものではない。本考案と同一の範囲内において、または均等の範囲内において、図示した実施形態に対して種々の変更を加えることが可能である。
【産業上の利用可能性】
【0030】
本考案に係るLED灯具は、実装するLEDの少数化や実装工数の削減、製造コストの低減が図られ、一面状に均一に照らすLED灯具に有用である。
【0031】
2 ベース
3 回路基板
4 発光モジュール
41 LED
5 導光カバー
51 下端部
511 凹部
52 上端部
6 反射層
61 反射部
62 フランジ部
63 底部
7 スロット

(57)【要約】

【課題】LEDの数を増やさずに輝度が均一な照明を得ることができるLED灯具を提供する。【解決手段】回路基板3はベース2の内部に取り付けられ、複数の発光ダイオード41は回路基板3に電気的に接続されており所定の間隔をおいて環状に設けられている。導光カバー5は透光性のある材料からなり、発光ダイオードを覆って発光ダイオードからの光が入射するように発光ダイオードに対応して環状に形成されており、ベース2側に向かって開放した下端部51と、下端部51から回路基板3と逆向きに直立して延伸された上端部52とを持つ。また、反射層6が発光ダイオードからの光を反射するように導光カバー5の内周面に当接して設けられている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):