(54)【考案の名称】折畳式マットレス

(73)【実用新案権者】株式会社アテックス

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、就寝時等の姿勢を適切に維持することができ、腰痛や関節疾患等の予防又は解消することのできる折畳式マットレスに関する。

【従来の技術】

【0002】
折畳式マットレスは、設置スペースの有効利用、移動や持ち運びに容易なことから住宅関連分野、介護・医療分野、エステティック美容やマッサージといった美容健康分野その他様々な分野において利用されている。
【0003】
従来、折畳式マットレス、例えば、中央部で逆V字状に折畳み可能なマットレスにおいては、水平展開時には前寝台と後寝台のマットレス間の境界に窪みが生じる。しかし、この窪みは就寝者の腰部近傍にあたることから理想的な就寝姿勢がとりづらいという問題があった。
【0004】
そんな中、本出願人により、折畳式ベッドの前後寝台上のマットレス境界凹部に略帯状の補助クッション体を嵌合することにより、寝台上をフラットにして就寝者の就寝姿勢をすることのできる折畳式ベッドが提供されている(特許文献1)。
【0005】

【効果】

【0013】
本考案に係る請求項1に記載の折畳式マットレスによれば、複数に分割されて接続されたマットレスにおいて、当該夫々のマットレス間の窪みに対して連結部で夫々のマットレスを連結しようとすると、当該窪みの開口端が窪みの中央方向へと引き寄せられて夫々のマットレスの窪み側の表面生地が突っ張った状態になるため、極めて容易に当該夫々のマットレスの間の窪みを解消して就寝面をフラットにすることができ、就寝時等の姿勢を適切に維持して腰痛や関節疾患等を予防又は解消することができる。また、開閉自在の連結部を開放することにより、夫々のマットレスを容易に折畳むことができ、設置スペースの有効利用、移動や持ち運び、そして収納を容易にすることができる。
【0014】
また、請求項2に記載の折畳式マットレスによれば、夫々のマットレスの接続側で窪みの開口端に夫々被覆布を取付け、当該夫々の被覆布の先端に連結部設けたことにより、夫々のマットレスの表面生地に直接取付けるよりも連結部を容易に取付けることができ、また、当該窪みの幅が広い場合などには、当該被覆布の幅の分だけ余裕ができることから各連結部を容易に連結することができる。また、連結部によって連結された被覆布及び夫々のマットレスの表面生地が夫々のマットレスの間の窪みを被覆して解消するので就寝面を極めて容易にフラットにすることができ、就寝時等の姿勢を適切に維持して腰痛や関節疾患等を予防又は解消することができる。
【0015】
また、請求項3に記載の折畳式マットレスによれば、前記夫々のマットレスの間に生じる窪みの幅間隔よりも両被覆布の長さの計が短く形成されているため、各連結部を連結しようとすると夫々のマットレス間の窪みの開口端が窪みの中央方向へと引き寄せられて夫々マットレスの窪み側の表面生地及び当該被覆布が突っ張った状態になり、夫々のマットレスの就寝面を前記請求項2に記載の折畳式マットレスよりも確かにフラットにすることができる。
【0016】
さらに、請求項4に記載の折畳式マットレスによれば、前記連結部をファスナーで構成したことにより、当該ファスナーを開閉することにより、極めて容易に前記窪みを開閉自在にすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】本考案に係る折畳式マットレスを示す外観斜視図である。
【図2】当該折畳式マットレスの折畳み箇所を示す拡大図である。
【図3】当該折畳式マットレスの展開状態を示す外観斜視図である。
【図4】当該折畳式マットレスの使用状態を示す側面図である。
【図5】当該折畳式マットレスを折畳んだ状態を示す図である。
【図6】他の実施例の折畳式マットレスの展開状態を示す側面図である。
【図7】当該折畳式マットレスの展開状態を示す側面図である。
【図8】当該折畳式マットレスを示す外観斜視図である。

【0018】
以下、図1乃至図8を用いて、本考案を具体的に説明する。まず、図1は、本考案に係る折畳式マットレス1を示す外観斜視図であり、図2は、当該折畳式マットレス1の折畳み箇所を示す拡大図である。図1及び図2に示すように、当該折畳式マットレス1は、第一マットレス2a、第二マットレス2b、第三マットレス2cからなるマットレス2が折畳み可能に接続され、当該第一マットレス2a及び第二マットレス2bの間と、第二マットレス及び第三マットレス2cの間に生じる窪みに対して、当該窪みの開口端に当該窪みを開閉自在に連結するための連結部としてのファスナー3が設けられている。なお、図1及び図2では、当該ファスナー3を開放した状態を図示している。
【0019】
また、図2において、ファスナー3は、前記窪みの開口端の上側にのみ設けられているが、当該ファスナー3は、前記窪みの開口端の上面側から両側面側に掛けて当該開口端の全部に延設してもよく、また、当該窪みの開口端の少なくとも一部、例えば、当該開口端の上面側或いは側面側にのみ設けてもよく、また、一定の間隔ごとに所定の幅間隔のファスナー3を設ける等してもよい。
【0020】
図3は、当該折畳式マットレス1を展開した状態を示す外観斜視図である。当該折畳式マットレス1は、折畳まれた状態から展開された後、折畳み箇所に生じた窪みが開閉自在のファスナー3によって閉じられている。当該ファスナー3は、図3に示すように、マットレス2b及びマットレス2cの間に生じた窪みの各開口端と、マットレス2a及びマットレス2bの間に生じた窪みの各開口端に設けられている。このとき、ファスナー3を閉じると、夫々のマットレス2の間の窪みの開口端が窪みの中央方向へと引き寄せられて夫々のマットレスの当該窪み側の表面生地が突っ張った状態になるため、当該窪みを閉じることができるとともに就寝面をフラットにすることができる。
【0021】
なお、本実施例においては、マットレス2a及びマットレス2bの間に生じる窪みの開口端は就寝面とは逆の下側に形成され、就寝面はマットレス2a及びマットレス2bの間の接続部(図3において破線で示す部分)によってフラットに維持されているため、敢えてファスナー3を閉じる必要はなく開放しておいてもよい。
【0022】
図4は、当該折畳式マットレス1の使用状態を示す側面図である。当該折畳式マットレス1は、前記ファスナー3を閉じることにより、就寝者の加圧によっても前記窪みが広がることはなく就寝面をフラットの状態に維持することができる。これにより、当該就寝面に対して身体を横にする際には、上記就寝時等の姿勢を適切に維持することができるため、身体への負担を軽減することができ、腰痛や関節疾患等を予防又は解消することができる。
【0023】
図5は、当該折畳式マットレス1を折畳んだ状態を示す図である。折畳式マットレス1は、前記図4に示した展開状態の折畳式マットレス1に対してファスナー3を開放し、前記接続部によって各マットレス2が重なり合うようにして折畳むことができる。このように、当該折畳式マットレス1は、展開状態ではファスナー3を閉じることにより就寝面をフラットに維持することができる一方、ファスナー3を開放して折畳むことにより、就寝時の身体への負担を軽減することができるだけでなく、設置スペースの有効利用、移動や持ち運び、そして収納を容易にすることもできる。
【0024】
次に、他の実施例の折畳式マットレス1について説明する。
【0025】
図6は、当該他の実施例の折畳式マットレス1を示す側面図である。当該折畳式マットレス1は、第一マットレス2a及び第二マットレス2bからなる二枚のマットレス2と、当該第一マットレス2a及び第二マットレス2bに形成される窪みを連結するファスナー3と、当該ファスナー3と第一マットレス2a及び第二マットレス2bとを接続して当該窪みを被覆する被覆布4とから構成されている。
【0026】
図6に示すように、当該折畳式マットレス1に係る第一マットレス2a及び第二マットレス2bは、上面の角部が緩やかに面取りされて形成されており、第一マットレス2a及び第二マットレス2bの間の窪みの幅間隔が上記実施例よりも広く形成されている。この場合、ファスナー3のみを第一マットレス2a及び第二マットレス2bの表面生地に設けただけでは連結できない場合もあり、そのため、当該ファスナー3と第一マットレス2a及び第二マットレス2bとの間に、当該窪みを被覆する被覆布4を設けている。
【0027】
図7は、当該折畳式マットレス1を示す側面図である。当該折畳式マットレス1は、第一マットレス2a及びマットレス2bの間の窪みの開口端に被覆布4を取付け、当該被覆布4の先端に設けたファスナー3が連結されている。当該折畳式マットレス1は、ファスナー3を連結すると、第一マットレス2a及びマットレス2bの間の窪みの開口端が窪みの中央方向へと引き寄せられて第一マットレス2a及び第二マットレス2bの窪み側の表面生地及び被覆布4が突っ張った状態になるため、当該窪みが解消されて就寝面をフラットにすることができる。
【0028】
この際、図6及び図7に示すように、第一マットレス2a及び第二マットレス2bの間に生じる窪みの幅間隔よりも両被覆布4、4の長さの計を短く形成することにより、ファスナー3を連結すると、当該第一マットレス2a及び第二マットレス2bの間の窪みの開口端が窪みの中央方向へと引き寄せられ、第一マットレス2a及び第二マットレス2bの当該窪み側の表面生地及び当該被覆布4が突っ張った状態になり、折畳式マットレス1の就寝面をより確かにフラットにすることができる。
【0029】
図8は、当該折畳式マットレス1の展開状態を示す外観斜視図である。このように、当該折畳式マットレス1は、第一マットレス2a及び第二マットレス2bの表面生地及び被覆布4によって窪みが解消され、その就寝面をフラットにすることができる。これにより、当該就寝面に対して身体を横にする際には、上記就寝時等の姿勢を適切に維持することができるため、身体への負担を軽減することができ、腰痛や関節疾患等を予防又は解消することができる。
【0030】
なお、図示はしないが、当該折畳式マットレス1は、ファスナー3を開放することにより、第一マットレス2a及び第二マットレス2bの間で折畳むことができ、設置スペースの有効利用、移動や持ち運び、そして収納を容易にすることができる。
【0031】
上記各実施例では、折畳式マットレス1の連結部をファスナー3としたが、マットレス2の窪み側上端を連結することができるものであれば何でもよく、例えば、その他押し釦や面ファスナー等で構成してもよい。
【産業上の利用可能性】
【0032】
折畳式マットレス1は、図示はしないが、二つ折りのマットレス2でも、第四又は第五それ以上のマットレス2を複数接続した場合でも、当該マットレス2の間に生じる窪みに対して、当該窪みの開口端に本考案のファスナー3等の連結部を適用することができる。
【0033】
1 折畳式マットレス
2 マットレス
2a 第一マットレス
2b 第二マットレス
2c 第三マットレス
3 ファスナー(連結部)
4 被覆布


(57)【要約】

【課題】極めて容易に就寝時等の姿勢を適切に維持し、腰痛や関節疾患等の予防又は解消することのできる折畳式ベッドを提供する。【解決手段】マットレス2が複数に分割されて折畳み可能に接続された収納型の折畳式マットレスであって、マットレス2の折畳み部に生じる窪みに対して、マットレス2の接続側で窪みの開口端の全部又は少なくとも一部に、窪みを開閉自在に連結するためのファスナー3等の連結部を設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):