(54)【考案の名称】シャツ類用襟芯

(51)【国際特許分類】

A41D 27/06 ・・補強片

(73)【実用新案権者】八商商事株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ワイシャツ、ブラウス、ポロシャツその他各種のシャツ類の襟羽根の襟先部分と、シャツ類の台襟とこの台襟に連なって折り返される前記襟羽根に沿って装着される襟芯に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
ワイシャツ、ブラウス、ポロシャツその他各種のシャツ類には、古くからその襟羽根の襟先部分の裏側にポケットを形成し、このポケットにプラスチックス製の襟芯を挿入したものや、襟先部分の内側にプラスチックス製の襟芯を縫い込んだものがある(例えば、特許文献1参照)。
【0003】

【効果】

【0017】
請求項1記載の考案によれば、襟芯の一部である襟先部材をシャツ類の襟羽根の襟先部分に位置させ、この襟先部材と略への字状に一体的に連なっている添装部材を、シャツ類の台襟とこの台襟に連なって折り返される襟羽根に沿って位置させることにより、前記襟先部材でシャツ類の襟羽根の襟先部分をピンと張った状態に保持でき、襟先部分の型崩れを防止することができる。また、この襟先部材に対して略への字状に一体的に連なっている前記添装部材により、台襟に連なって折り返される襟羽根の襟先以外の部分を台襟に沿わせてしっかり立たせることができる。
【0018】
請求項2記載の考案によれば、シャツ類の襟羽根の襟先部分に襟芯を挿入するためのポケットが設けられている場合には、このポケットに襟芯の一部である襟先部材を挿入し、この襟先部材に対して略への字状に一体的に連なっている添装部材を、シャツ類の台襟とこの台襟に連なって折り返される襟羽根との間に台襟に沿って挟むことにより、前記襟先部材でシャツ類の襟羽根の襟先部分をピンと張った状態に保持でき、襟先部分の型崩れを防止することができる。また、この襟先部材に対して略への字状に一体的に連なっている前記添装部材により、台襟に連なって折り返される襟羽根の襟先以外の部分を台襟に沿わせてしっかり立たせることができる。
【0019】
請求項3記載の考案によれば、シャツ類の襟羽根の襟先部分に襟芯を挿入するためのポケットを形成するべく、襟先部分の裏側にポケット形成布を重ね合わせてポケットを形成し、このポケットに襟芯の一部である襟先部材を挿入し、この襟先部材に対して略への字状に一体的に連なっている添装部材を、シャツ類の台襟とこの台襟に連なって折り返される襟羽根との間に台襟に沿って挟むことにより、前記襟先部材でシャツ類の襟羽根の襟先部分をピンと張った状態に保持でき、襟先部分の型崩れを防止することができる。また、この襟先部材に対して略への字状に一体的に連なっている前記添装部材により、台襟に連なって折り返される襟羽根の襟先以外の部分を台襟に沿わせてしっかり立たせることができる。
【0020】
請求項4記載の考案によれば、シャツ類の襟羽根の襟先部分にポケットが設けられていない場合には、シャツ類の台襟とこの台襟に連なって折り返される襟羽根内の襟先部分に襟芯の一部である襟先部材を、この襟先部材に対して略への字状に一体的に連なっている添装部材を、前記台襟に連なって折り返される襟羽根内において台襟に沿って縫い込むことにより、前記襟先部材でシャツ類の襟羽根の襟先部分をピンと張った状態に保持でき、襟先部分の型崩れを防止することができる。また、この襟先部材に対して略への字状に一体的に連なっている前記添装部材により、台襟に連なって折り返される襟羽根の襟先以外の部分を台襟に沿わせてしっかり立たせることができる。
【0021】
そして、請求項1〜4のいずれかに記載の考案によれば、襟芯の可撓性を利用して前記添装部材を任意の形状に変形させることにより、台襟に連なって折り返される襟羽根の襟先以外の部分を任意の形状に変形させることができる。したがって、自由な襟元を形作ることができる。
【0022】
請求項5記載の考案によれば、シャツ類の襟羽根の襟先部分に設けられたポケットに襟芯の一部である襟先部材を、あるいは、このポケットが襟羽根の襟先部分に設けられていない場合には、このポケットを形成するべく襟先の裏側にポケット形成布を重ね合わせることにより形成されたポケットに、襟芯の一部である襟先部材を挿入しやすい。
【図面の簡単な説明】
【0023】
【図1】本考案によるシャツ類用襟芯の一例を示す平面図である。
【図2】図1に示すシャツ類用襟芯の使用状態を示す平面図で、シャツ類の台襟に連なって折り返される襟羽根を折り返さない状態で示す。
【図3】図2の状態からシャツ類の台襟に連なる襟羽根を折り返した状態を正面から見たシャツ類の斜視図と、その一部を拡大して示す斜視図である。
【図4】襟羽根の襟先部分の裏側にポケットを形成し、このポケットにプラスチックス製の襟芯を挿入した従来のシャツ類を正面から見た斜視図である。

【0024】
本考案によるシャツ類用襟芯の一例を、図面に基づいて詳細に説明する。ここに例示するシャツ類用襟芯1は、ワイシャツ、ブラウス、ポロシャツその他各種のシャツ類Sの襟羽根sの襟先部分sと、シャツ類Sの台襟sとこの台襟sに連なって折り返される前記襟羽根sに沿って装着されるもので、可撓性を有する材料で形成されている。
【0025】
すなわち、この襟芯1の基本形態は、図1に示すように、シャツ類Sの襟羽根sの襟先部分sに位置させる襟先部材1aと、この襟先部材1aをシャツ類Sの襟先部分sに位置させたときシャツ類Sの台襟sとこの台襟sに連なって折り返される襟羽根sに沿って位置させる添装部材1bとからなっており、前記襟先部材1aと前記添装部材1bとを略への字状に一体的に連ねて形成されている。
【0026】
そして、この襟芯1の一部である襟先部材1aを、シャツ類Sの襟羽根sの襟先部分sに位置させ、この襟先部材1aと略への字状に一体的に連なっている添装部材1bを、シャツ類Sの台襟sとこの台襟sに連なって折り返される襟羽根sに沿って位置させる。すると、前記襟先部材1aでシャツ類Sの襟羽根sの襟先部分sをピンと張った状態に保持でき、襟先部分sの型崩れを防止することができる。また、この襟先部材1aに対して略への字状に一体的に連なっている前記添装部材1bにより、台襟sに連なって折り返される襟羽根sの襟先s以外の部分を台襟sに沿わせてしっかり立たせることができる。
【0027】
図2に示すように、シャツ類Sの襟羽根sの襟先部分sの裏側にポケット形成布2’を重ね合わせて襟芯1を挿入するためのポケット2が設けられている場合には、同図に示すように、このポケット2に襟芯1の一部である襟先部材1aを挿入し、この襟先部材1aに対して略への字状に一体的に連なっている添装部材1bを、シャツ類Sの台襟sとこの台襟sに連なって折り返される襟羽根sとの間に台襟sに沿って挟む。なお、図2では、シャツ類Sの台襟sに連なって折り返される襟羽根sを折り返さない状態で示してある。
【0028】
すなわち、図2に示すように、シャツ類Sの襟羽根sの襟先部分sに設けられたポケット2に襟芯1の一部である襟先部材1aを挿入し、この襟先部材1aに対して略への字状に一体的に連なっている添装部材1bを、シャツ類Sの台襟sとこの台襟sに連なって図3に拡大して示すように折り返される襟羽根sとの間に台襟sに沿って挟むように装着する。すると、図3において拡大して示すように、前記襟先部材1aでシャツ類Sの襟羽根sの襟先部分sをピンと張った状態に保持でき、襟先部分sの型崩れを防止することができる。また、この襟先部材1aに対して略への字状に一体的に連なっている前記添装部材1bにより、台襟sに連なって折り返される襟羽根sの襟先s以外の部分を台襟sに沿わせてしっかり立たせることができる。
【0029】
図面には示さないが、シャツ類Sの襟羽根sの襟先部分sに襟芯1を挿入するためのポケット(図2において符号2で示す)が設けられていない場合には、このポケットを形成するべく、襟先部分sの裏側に図2において符号2’で示すポケット形成布を重ね合わせ、襟先部材1aを挿入する部分を除いた縁を例えば熱接着により襟先部分sに接合して、図2において符号2で示すようにポケットを形成し、このポケット2に襟芯1の一部である襟先部材1aを挿入し、この襟先部材1aに対して略への字状に一体的に連なっている添装部材1bを、シャツ類Sの台襟sとこの台襟sに連なって折り返される襟羽根sとの間に台襟sに沿って挟むものとする。
なお、上記ポケット形成布を襟先部分sに接合する手段は、上述の熱接着以外の方法で行っても良い。
【0030】
すると、上記の場合と同様に、前記襟先部材1aでシャツ類Sの襟羽根sの襟先部分sをピンと張った状態に保持でき、襟先部分sの型崩れを防止することができる。また、この襟先部材1aに対して略への字状に一体的に連なっている前記添装部材1bにより、台襟sに連なって折り返される襟羽根sの襟先s以外の部分を台襟sに沿わせてしっかり立たせることができる。
【0031】
また、図面には示さないが、前記いずれかのポケット(図2において符号2で示す)がシャツ類Sの襟羽根sの襟先部分sに設けられていない場合には、シャツ類Sの台襟sとこの台襟sに連なって折り返される襟羽根s内の襟先部分sに襟芯1の一部である襟先部材1aを、この襟先部材1aに対して略への字状に一体的に連なっている添装部材1bを、前記台襟sに連なって折り返される襟羽根s内において台襟sに沿って縫い込むものとする。
【0032】
すると、上記の場合と同様に、前記襟先部材1aでシャツ類Sの襟羽根sの襟先部分sをピンと張った状態に保持でき、襟先部分sの型崩れを防止することができる。また、この襟先部材1aに対して略への字状に一体的に連なっている前記添装部材1bにより、台襟sに連なって折り返される襟羽根sの襟先s以外の部分を台襟sに沿わせてしっかり立たせることができる。
【0033】
そして、上記いずれの場合においても、襟芯1の可撓性を利用して前記添装部材1bを任意の形状に変形させることによって、台襟sに連なって折り返される襟羽根sの襟先s以外の部分を任意の形状に変形させることができる。したがって、自由な襟元を形作ることができる。
【0034】
ここには、襟先部材1aの先端1a’を、先に行くにしたがって細くした場合が例示されている。襟先部材1aの先端1a’をこのような形状にすることにより、シャツ類Sの襟羽根sの襟先部分sに設けられたポケット2に襟芯1の一部である襟先部材1aを、あるいは、このポケット2が襟羽根sの襟先部分sに設けられていない場合には、このポケット2を形成するべく、襟先sの裏側に図2において符号2’で示すポケット形成布を重ね合わせることにより形成されたポケット2に、襟芯1の一部である襟先部材1aを挿入しやすい。
【産業上の利用可能性】
【0035】
本考案のよるシャツ類用襟芯は、ワイシャツ、ブラウス、ポロシャツその他各種のシャツ類の襟羽根の襟先部分と、シャツ類の台襟とこの台襟に連なって折り返される前記襟羽根に沿って装着することができるものであり、その適用範囲は極めて広い。
【0036】
1…襟芯、1a…襟先部材、1a’…先端、1b…添装部材、2…ポケット、2’…ポケット形成布、S…シャツ類、s…襟羽根、s…襟先部分、s…台襟。

(57)【要約】

【課題】襟羽根の襟先部分をピンと張った状態に保持し、型崩れを防止することができ、また、襟羽根の襟先以外の部分をしっかり立たせるとともに、自由な襟元を形作ることができるシャツ類用襟芯を提供する。【解決手段】シャツ類用襟芯1は、可撓性を有する材料で形成されており、シャツ類の襟羽根s1の襟先部分s2に位置させる襟先部材1aと、シャツ類の台襟s3とこの台襟に連なって折り返される襟羽根に沿って位置させる添装部材1bとからなり、襟先部材1aと添装部材1bとを略への字状に一体的に連ねて形成したことを特徴とする。添装部材1bを任意の形状に変形されることにより、自由な襟元を作ることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):