(54)【考案の名称】新聞綴じ具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図7

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、新聞を二つ折り又は四つ折りの状態であっても、新聞綴じ具を伸長又は縮小することで、新聞を読み易くした新聞綴じ具に関する。

【従来の技術】

【0002】
一般的に、新聞は会社内又は家庭内で廻し読みされている。したがって、新聞の折り目がずれて不揃いになり、新聞の折り目がばらばらになるので体裁よく整理、保管することができなかった。
【0003】
例えば、新聞の折り目がずれないように綴じ合せるものとして、2個の断面略U字状のクリップ式綴じ具を使って、連結状態及び分離状態で新聞などを綴じ込むことができるものが提案されていた(例えば、特許文献1参照)。
【0004】
また、伸縮可能な指示棒の外周壁面に新聞を挟めるクリップを設け、そのクリップを新聞の折り目の上下に取り付けて使用するものが提案されていた(例えば、特許文献2参照)。
【0005】
さらに、新聞を綴じ込む把持部材の後端部に、新聞を支える棒状の支持部材を設け、新聞が四つ折りの状態で綴じられるものが提案されていた(例えば、特許文献3参照)。
【0006】

【効果】

【0019】
以上の説明から明らかなように、本考案にあっては次のような効果が得られる。
大径保持片の内周壁先端側に形設した隆起部と小径保持片の外周壁後端側に形設した隆起部とが相互に連結するため、内側保持片を引き延ばしても抜け落ちない。また、大径保持片の内周壁後端側に支持台が固着されているため、小径保持片は支持台で受け止められるので、大径保持片から抜け落ちることがない。したがって、大径保持カバーの内側において小径保持カバーを自在に伸縮させることできる。
【0020】
したがって、棒状の支杆で新聞の折り目を支え、小径保持片を伸長させて小径保持カバーと大径保持カバーとに設けた綴じ口で保持されるため、新聞を二つ折り又は四つ折りの状態で閲覧し、縮小した状態で体裁よく整理又は保管をすることができる。
【0021】
また、小径保持カバーを引き延ばすと、新聞は大径保持カバーと小径保持カバーとに設けられた底辺部の細い溝で挟まれた状態で、新聞は挟持片で保持されるので、新聞の折り目が不揃いになるのを阻止することができる。
【図面の簡単な説明】
【0022】
【図1】本考案の伸縮自在な小径保持カバーを最大に伸長した状態を示す正面図。
【図2】本考案の小径保持カバーを最小に縮めた状態を示す正面図。
【図3】伸縮自在な小径保持カバーを最大に伸長させた状態を示す平面図。
【図4】図1、図2で示した状態の左側面図。
【図5】図1、図2で示した状態の右側面図。
【図6】図3に示す小径保持カバーを最大に伸長させた状態を示す底面図。
【図7】図1に示す伸縮自在な小径保持カバーを最大に伸長した状態を示す断面図。

【0023】
本考案は、入れ子式の大径保持カバーと、その内側に入れる入れ子式の小径保持カバーとに相互連結手段を設けたことを特徴とする伸縮自在な新聞保持具であって、以下に、実施形態を示す図面に基づいて説明する。
【0024】
図1、図4及び図5において、入れ子式の大径保持カバー1は、新聞を四つ折りした縦辺よりも短く、弾性材料で横長の平板を成形し、当該平板の長手方向の中央部分に上辺部2を設け、当該上辺部2の両側辺を下向きに折り曲げて対向するスロープ状の大径保持片3、3aを形成し、当該大径保持片3、3aの下側辺を断面略直角状に折り曲げて底辺部4、4aを形成する。
【0025】
図6及び図7において、前記底辺部4、4aの長手方向の中央部分に、上記大径保持片3、3aの後端から長手方向に間隔を置いて略コの字状に切截された状態の綴じ口5を形成し、当該綴じ口5の先端に大径保持片3、3aと底辺部4、4aとで囲まれた状態の開口部6を設け、また、前記綴じ口5の後端に大径保持片3、3aと底辺部4、4aとで囲まれた状態の開口部7を設け、さらに、大径保持片3、3aの内周壁8の先端側に段差状の隆起部9を形設する。
【0026】
図4及び図7において、大径保持カバー1の内側に挿入する小径保持カバー11は、弾性材料で横長の平板を成形し、当該平板の長手方向の中央部分に上辺部12を設け、当該上辺部12の両側辺が左右対称に対向する状態に折り曲げられたスロープ状の小径保持片13、13aを形成し、当該小径保持片13、13aの下側辺を断面略直角状に折り曲げ底辺部14、14aを形成する。
【0027】
さらに、上記底辺部14、14aの中程から後端に向って長方状の綴じ口15を形成し、当該綴じ口15の先端には小径保持片13、13aと底辺部14、14aとで囲まれた状態の差込み口16を形成し、前記綴じ口15の後端に小径保持片13、13aと底辺部14、14aとで囲まれた状態の開口部17を設ける。
【0028】
図4及び図6において、上記小径保持片13、13aの下側辺が曲折形成された底辺部14、14aの差込み口15近傍に、底辺部14、14aから突出形成された挟持片18、18aを設け、当該挟持片18、18aで狭くなった細い溝19を底辺部14、14aの中央部分に設ける。
【0029】
図7において、小径保持片13、13aの外周壁20の後端側に段差状の隆起部21を形設することによって、前記隆起部21と大径保持片3、3aの内周壁8の先端側に形設された隆起部9とが相互に連結する相互連結手段を備えた、入れ子式小径保持カバーが形成される。
【0030】
なお、図7において、新聞を支える棒状の支杆22を形成し、当該支杆22は小径保持片13、13aと略同一形状に成形された支持台23の中心部分に設ける。
【0031】
上記した構成において、入れ子式の大径保持カバー1の内側に、小径保持カバー11の先端を大径保持片3、3a後端の開口部7から挿入し、小径保持片13、13aの内部に、新聞を支える支杆22を設けた支持台23を挿入し、当該支持台23の外周面を大径保持片3、3aと底辺部4、4aとで囲まれた後端側内周壁10に固着する。
【0032】
図2において、入れ子式の小径保持カバー11を縮小した状態にすると、大径保持カバー1の後端側内周壁10に固着された支持台23の支杆22が開口部6の先端から突き出た状態になる。前記支杆22を新聞の折り目に差し入れ、大径保持カバー1を新聞の折り目に沿って押し上げ、さらに、小径保持カバー11を新聞の折り目に沿って伸長させると、新聞の折り目は 大径保持カバー1と小径保持カバー11とに設けた綴じ口5、15で保持される。
【0033】
したがって、小径保持カバー11の底辺部14、14aに設けた細い溝19に差し込まれる新聞の折り目の部分は挟持片18、18aで保持されるため、新聞の折り目が不揃いになることを阻止することができる。
【0034】
1 大径保持カバー
2 上辺部
3、3a 大径保持片
4、4a 底辺部
5 綴じ口
6 開口部
7 開口部
8 内周壁
9 隆起部
10 後端側内周壁
11 小径保持カバー
12 上辺部
13、13a 小径保持片
14、14a 底辺部
15 綴じ口
16 差込み口
17 開口部
18、18a 挟持片
19 細い溝
20 外周壁
21 隆起部
22 支杆
23 支持台

(57)【要約】

【課題】新聞の廻し読みで折り目がずれて不揃いになるのを阻止し、閲覧し易く、体裁よく整理保管することができる、伸縮自在な新聞綴じ具を提供する。【解決手段】入れ子式大径保持カバー1の内側に入れ子式小径保持カバー11を挿入し、小径保持カバー11の内部に新聞を支える支杆22が設けられた支持台23を挿入し、当該支持台23を大径保持カバー1の後端側内周壁10に固着し、小径保持カバー11の底辺部14aに挟持片18aを形成し、大径保持カバー1の内周壁8の先端側と小径保持カバー11の外周壁20の後端側とに段差状の隆起部21を設けたことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):