(54)【考案の名称】電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置

(73)【実用新案権者】光碁科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、充電装置に関するものであり、さらに詳しくは、電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
生活の質向上と科学技術の発展に伴い、例えば、ノート型パソコン、スマートフォン、携帯音楽プレーヤ、携帯型スピーカなどの電子製品が様々なモバイル機器の形で次々と現れている。このようにモバイル機器は現代社会において非常に重要である。一般に、上述したモバイル機器は、内蔵バッテリにより電気供給され、電力が不足すると充電装置によりバッテリの充電を行う。上述した充電装置は、通常、充電装置本体を有し、この充電装置本体には電気コードが接続されている。この電気コードの他端には、モバイル機器を接続するために用いるコネクタが接続されている。しかし、電気コードは、ユーザが便利に使用できるように長さが1〜2メートルであり、この長さでは収納及び携帯の際には、取扱いの上、不便であった。
【0003】
特開2008−290788号公報には、機能部から引き出された電気コードが巻き掛けられたフック列と、このフック列に巻き掛けられた電気コードの余剰部分を保持させるための保持部を備え、機能部が自走体に搭載されたバッテリーを充電する機能を有する構成を含む電気コード収納部構造が記載されている。しかし、特許文献1には、電力センサー式の充電装置については開示がない。

【効果】

【0012】
本考案は上記の通りの構成からなり、後述のように、電気コードの巻き取りによる収納、携帯が容易であり、モバイル機能の充電も磁力による誘導コイルを用いることができるので、充電操作も極めて簡便に行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】図1は、本考案の一実施形態に係る電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置を示す分解斜視図である。
【図2】図2は、本考案の一実施形態に係る電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置を示す断面図である。
【図3】図3は、本考案の一実施形態に係る電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置を使用するときの状態を示す模式図である。
【図4】図4は、本考案の他の実施形態に係る電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置を使用するときの状態を示す模式図である。
【図5】図5は、本考案の一実施形態に係る電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置を使用するときの状態を示す模式図である。
【図6】図6は、本考案の他の実施形態に係る電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置を示す斜視図である。
【図7】図7は、本考案の他の実施形態に係る電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置を使用するときの状態を示す模式図である。

【0014】
以下、本考案の実施形態について図面に基づいて説明する。なお、これによって本考案が限定されるものではない。
【0015】
まず、図1及び図2を参照する。図1は、本考案の一実施形態に係る電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置を示す分解斜視図である。図2は、本考案の一実施形態に係る電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置を示す断面図である。図1及び図2に示すように、本考案の一実施形態に係る電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置は、少なくとも充電装置本体10、コード巻取盤20及び電気コード30から構成される。
【0016】
充電装置本体10は、ベース11を有する。ベース11の側部には第1の枢着部12が設けられる。第1の枢着部12は挿入口である。ベース11には収納槽13が形成される。収納槽13内にはプラグ14が枢着され、プラグ14は反転自在に収納槽13に収納または反転されてベース11から外側に露出してもよい。ベース11内には、電源変換ユニット15が配置されている。電源変換ユニット15は、一端にプラグ14が電気的に接続され、他端に第1のコイル16が電気的に接続されている。
【0017】
コード巻取盤20は、第1の側壁21を有する。第1の側壁21の側部中央部には接続部22が突設されている。接続部22の他端には、第1の側壁21と対をなす第2の側壁23が形成されている。第1の側壁21と第2の側壁23との間には、接続部22に周設されたコード巻取溝24が形成されている。本実施形態の接続部22は、円柱である。第1の側壁21の他側には、第2の枢着部25が形成されている。第2の枢着部25は、第1の枢着部12に枢着され、充電装置本体10に対してコード巻取盤20を回転させることが可能である。本実施形態の第2の枢着部25は、ピンである。第1の側壁21内には第2のコイル26が配設されるとともに、接続部22の環状側壁に接続ポート27が形成される。接続ポート27は、第2のコイル26と電気的に接続される上、第2の側壁23の外側に隣接した縁部には凹溝28が形成される。
【0018】
電気コード30は、コード巻取盤20が回転すると接続部22に巻き付けられ、コード巻取溝24内に収納される。電気コード30は、一端に第1のコネクタ31が取り付けられ、他端に第2のコイル26が電気的に接続される。本実施形態の電気コード30の他端には、第2のコネクタ32が取り付けられる。第2のコネクタ32は、接続ポート27に挿着され、接続ポート27を介して第2のコイル26と電気的に接続される。
【0019】
図3を併せて参照する。図3は、本考案の一実施形態に係る電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置を使用するときの状態を示す模式図である。図3に示すように、本考案の一実施形態に係る電力センサ式充電装置100を実際に使用する際、収納槽13内でプラグ14を回転させてベース11から露出させた後、プラグ14を外部プラグ受け200に接続してからコード巻取盤20を回転させて電気コード30を繰り出し、第1のコネクタ31をモバイル機器300に接続し、電力センサ式充電装置100を外部プラグ受け200とモバイル機器300との間に接続し、外部プラグ受け200により電力供給を行う。また、電源変換ユニット15によりモバイル機器300の規格に準拠した電源へ変換して第1のコイル16へ供給し、第1のコイル16により電力を磁力へ変換するとともに、コード巻取盤20上の第2のコイル26がファラデーの電磁誘導の法則により、受けた磁力から電気を発生させ、接続ポート27を介して電気を電気コード30へ伝送し、電気コード30を介して電気をモバイル機器300へ伝送してモバイル機器300の充電を行う。
【0020】
図4を参照する。図4は、本考案の他の実施形態に係る電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置を使用するときの状態を示す模式図である。図4に示すように、モバイル機器300は、誘導コイル301を有し、ユーザが充電装置本体10からコード巻取盤20を外してプラグ14を外部プラグ受け200に接続した後に、モバイル機器300を充電装置本体10上に設置すると、第1のコイル16の磁力により誘導コイル301が電気を発生させてモバイル機器300の充電を行う。
【0021】
図5を参照する。図5は、本考案の一実施形態に係る電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置を使用するときの状態を示す模式図である。図5に示すように、本考案の一実施形態に係る電力センサー式充電装置のモバイル機器300をユーザが充電した後、プラグ14を外部プラグ受け200から外して回転させると、プラグ14が収納槽13内に収納され、その後、第1のコネクタ31をモバイル機器300から取り外し、凹溝28を利用してコード巻取盤20を回転させると、コード巻取盤20の回転により接続部22に電気コード30が巻き付けられてコード巻取溝24内に収納される。そのためユーザは、容易に電気コード30を収納して携帯することができる。
【0022】
ここで電気は第1のコイル16及び第2のコイル26の電磁誘導方式を利用して充電装置本体10からコード巻取盤20へ無線方式により伝送することができるため、充電装置本体10とコード巻取盤20との間に設置する電力伝送部材(例えば、金属ピンなど)を省略することができる。
【0023】
ここで電気コード30は、第2のコネクタ32を介して接続ポート27に接続され、第2のコイル26と電気的に接続されるため、ユーザはコード巻取盤20から電気コード30を容易に外すことができる上、異なる充電規格を有する第1のコネクタ31の電気コード30を交換することができる。
【0024】
また本実施形態は、第1の枢着部12と第2の枢着部25との間に設けられた渦巻ばね(図示せず)により、電気ケーブルを自動的に巻き取ることができる。
【0025】
図6及び図7を参照する。図6は、本考案の他の実施形態に係る電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置を示す斜視図である。図7は、本考案の他の実施形態に係る電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置を使用するときの状態を示す模式図である。図6及び図7に示すように、一般に外部プラグ受け200が壁上に配設されているため、ユーザが充電装置本体10を利用し、誘導コイル301を有するモバイル機器300を無線方式での充電を行う場合、充電装置本体10をプラットフォーム上に平らに配設し、外部プラグ受け200と充電装置本体10とを延長線で接続することは、使用が非常に不便である。そのため、電気コード収納機能を有する電力センサ式充電装置100は、従来技術と異なり、ベース11上に搭載板17を枢着するとともに、ベース11の周側部に穿孔18が形成され、2つの開口181を有する。開口181には、挟持部材19がそれぞれ配置される。挟持部材19は、スライドロッド191を有する。スライドロッド191は、一端が穿孔18に摺設され、他端が開口181から外側へ突出され、伸縮可能な挟持アーム192が横向きに配置されている。そのため搭載板17及び挟持部材19により、充電装置本体10にモバイル機器300を挟持して固定し、壁に配設された外部プラグ受け200に充電装置本体10を直接挿設するだけで、ユーザは簡単に使用することができる。
【0026】
以上、本考案の好適な実施形態を前述の通り開示したが、これらは決して本考案を限定するものではない。本考案の主旨と領域を逸脱しない範囲内で各種の変更や修正を加えることができる。従って、本考案の実用新案登録請求の範囲は、このような変更や修正を含めて広く解釈されるべきである。
【0027】
10 充電装置本体
11 ベース
12 第1の枢着部
13 収納槽
14 プラグ
15 電源変換ユニット
16 第1のコイル
17 搭載板
18 穿孔
19 挟持部材
20 コード巻取盤
21 第1の側壁
22 接続部
23 第2の側壁
24 コード巻取溝
25 第2の枢着部
26 第2のコイル
27 接続ポート
28 凹溝
30 電気コード
31 第1のコネクタ
32 第2のコネクタ
100 電力センサ式充電装置
181 開口
191 スライドロッド
192 挟持アーム
200 外部プラグ受け
300 モバイル機器
301 誘導コイル

(57)【要約】

【課題】ユーザが容易に電気コードを収納したり携帯したりすることができる電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置を提供する。【解決手段】電気コード収納機能を有する電力センサー式充電装置100は、充電装置本体10、コード巻取盤20及び電気コード30を備える。充電装置本体10は、ベース11を有する。ベース11の側部には第1の枢着部12が設けられる。ベース11にはプラグ14が取り付けられる。コード巻取盤20は、第1の側壁21を有する。第1の側壁21の側部中央部には接続部が設けられる。接続部の他端には、第1の側壁21と対をなす第2の側壁23が形成される。第1の側壁21と第2の側壁23との間には、接続部に周設されたコード巻取溝24が形成される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):