(54)【考案の名称】簡易履物置き棚台

(73)【実用新案権者】株式会社馬場木工

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1−A

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は靴棚に関わり、特に組立てが簡単で、使いやすくスペースにより適当に設けられる靴棚のことである。靴の形状等に応じて、棚板を水平状態と前下がりの傾斜状態とで自在に位置替えでき、効率の良い収納を使い勝手良く行いうる下駄箱の構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
靴箱は、各家庭で重要な位置を占めるもので、通常一人は、用途に応じるため、革靴、レジャーシューズ、運動靴など、最低二、三足の靴があるが、着こなしを気にする若い女性達は、服の美しさに合わせるために、様々な色やスタイルが異なった靴(ハイヒール、平底靴、カジュアルシューズ等)をどんどん購入するので、十何足の靴を持つ若い女性は少なくないのである。
【0003】
従来の密閉式靴箱はサイズが大きく、スペースが掛かるほかに、靴が靴箱に長く置かれると、カビが発生しやすい。従来の靴箱や靴棚を利用する場合、大抵段分けに置かれるようになるが、しかし、靴の高さが違うので、各段のラックの距離が大きくなると、スペースの無駄使いになり、距離が狭いと、ブーツやハイヒールなどのような靴が置かれないという可能性がある。従って、それを改良する必要がある。
【0004】
基箱の側板間に、靴を載置する載置面を有する棚板を上下多段に架け渡してなり、該棚板は、前記側板の内面から突出する前、後の支持片に係止され、水平状態と前下がりの傾斜状態とで位置替え可能に支持される下駄箱の構造が提案されている(特許文献1参照)。
【0005】
集会所等で下足の受け渡しの混雑を大幅に緩和する場合に、直径1メートルの手で回す円盤1枚に10足の履物を円状に収納し、1機は10枚の水平に回転する円盤の重層構造である。10枚の円盤を十進法で階層を分類し、履物の所在を瞬時に見分けるようにして、1機で100足を収納する履物収納容器が提案されている(特許文献2参照)。
【0006】
複数の構造体からなる靴棚であり、底板が設けられており、その後ろ側に垂直中空柱があり、その内表面には歯部、上下突出リング及び仕切り板があり、その後ろ側に垂直中空結合柱があり、その外表面には歯部、上下コンケーブリング及び上下コンケーブリングがあり、上下突出リングと選択的に結合し、それにより、結合柱を中空柱へ差し込むと、底板と仕切り板との距離が調整されるようになる。また、それぞれ各構造体の底板及び仕切り板を貫通する位置決めバーが設けられることを特徴とする靴棚が提案されている(特許文献3参照)。
【0007】
前記文献においては、木製ではなく、樹脂製、金属製であって構造も複雑であって、履物収納容器としては、十分な用途を示していなく、さらに住宅などの設置においてデザイン性にも満足するものではない。
【0008】

【効果】

【0018】
棚板を水平状態と傾斜状態とで位置替え可能に支持しているため、使用者の要求に応じた効率の良い収納を使い勝手良く行うことができる。
本製品は、木製であって構造も簡単であって、履物収納容器としては、十分な用途を示し、さらに住宅などの設置においてデザイン性にも満足できるものであった。特にロングブーツなどの履物には適しており、女性用のブーツの置き場として適している。
【0019】
狭い玄関、あるいは部屋に、散乱している履物、あるいは小物を整列しておくことができて、装飾的家具にもなる。また履物の置き棚の代わりに装飾品の置き棚として使用できて、室内の装飾品として活用できるものである。
【図面の簡単な説明】
【0020】
【図1-A】簡易履物置き棚台(5段)の交互取り付けの斜視図。
【図1-B】簡易履物置き棚台(5段)の交互取り付けの斜視図。
【図1-C】簡易履物置き棚台(3段)の交互取り付けの斜視図。
【図1-D】簡易履物置き棚台(3段)の交互取り付けの斜視図。
【図2】履物置き棚における中心垂直板柱の状態図。A:左右交互 B:左右交互、取手口付き C:片側 D:片側、取手口付き
【図3】履物置き棚における切り込み入り棚板の図。A:R付き正方形 B:正方形
【図4】簡易履物置き棚台における台座の平面図。
【図5-A】簡易履物置き棚台(5段)の交互取り付けの正面図 A:縦側 B:横側
【図5-B】簡易履物置き棚台(3段)の片側、取手口付きの正面図 A:縦側 B:横側
【図6-A】簡易履物置き棚台(5段)における交互取り付けの履物置載図。
【図6-B】簡易履物置き棚台(5段)における左右交互、取手口付き履物搭載図。
【図7】簡易履物置き棚台(3段)における片側取り付けの履物置載図。

【0021】
以下、添付図面を参照して本考案の実施の形態を詳細に説明する。図1は簡易履物置き棚台(5段、3段)の斜視図、図2は、履物置き棚における中心垂直板柱の状態図、図3は履物置き棚における切り込み入り棚板の図、図4は簡易履物置き棚台座の正面図である。
【0022】
図1−A,Bに示すように、5段の組み立て構造体からなる靴棚であり底板台座が設けられており、その中心部に嵌め込み可能な切り込みを持った垂直板柱(図2−A,B)があり、その板柱の左右に間隔的に切り込みを設けて、図3に示すような棚板を嵌め込み可能にしており、嵌め込み棚板が5段設けられており、それにより、各中心垂直板柱(パイン材)の構造体に位置決め掘り込み口を左右交互に嵌め込みされている。履物置き棚は、無垢パイン材であって、厚さ13mmを使用した。
【0023】
前記取り付けた仕切り棚板は、履物を置くことができる広さで縦横280mmであって、一カ所に幅13mm、長さ100mmの掘り込みを持っていて、その表面にスリット状の溝を3個設けて、中心の垂直板柱に対して平行状態にした。前記中心垂直柱板は、底板台座上中心部に立てられており、当該の柱板の左右交互に掘り込みを設けて、前記切り込み仕切り棚板を嵌め込み、位置決め掘り込み口位置を交互に125mmの間隔に取り付けた。
【0024】
前記底板台座(縦400mm、横300mm、厚さ25mm)は、高さ870mmの、幅200mm、厚さ19mmの垂直柱板を安定に維持するために、平らな支え座であり、それにより、安定して地面に立つようにした。
図6Aに示すように靴、ステッキを置載して、履物の整理と、部屋内の美的な間隔を与えた。
【0025】
図1−C,Dに示すように、3段の組み立て構造体からなる靴棚であり底板台座が設けられており、その中心部に嵌め込み可能な切り込みを持った垂直板柱(図2−C,D)があり、その板柱の片側に間隔的に切り込みを設けて、図3に示すような棚板を嵌め込み可能にしており、嵌め込み棚板が3段設けられており、それにより、各中心垂直板柱(パイン材の木材)の構造体に位置決め掘り込み口を左右交互に嵌め込みされている。履物置き棚は、無垢パイン材の木材であって、厚さ13mmを使用した。
【0026】
前記取り付けた仕切り棚板は、履物を置くことができる広さで縦横250mmであって、一カ所に19mmの幅、長さ85mmの掘り込みを持っていて、その表面を平滑にして、中心の垂直板柱に対して若干に上向きに傾いた状態にした。前記中心垂直柱板は、底板台座上中心部に立てられており、当該の柱板の片側に切り込みを設けて、前記切り込み仕切り棚板を嵌め込み、位置決め掘り込み口位置を160mmの間隔に取り付けた。
【0027】
前記底板台座は、高さ780mmの、幅170mm、厚さ19mmの垂直柱板を安定に維持するために、平らな支え座であり、それにより、安定して地面に立つようにした。
図7に示すように靴を搭載して、履物の整理と、部屋内の美的な間隔を与えた。
【0028】
図1に示すように、7段の組み立て構造体からなる靴棚であり底板台座が設けられており、その中心部に嵌め込み可能な切り込みを持った垂直板柱(図2)があり、その板柱の左右に間隔的に切り込みを設けて、図3に示すような棚板を嵌め込み可能にしており、嵌め込み棚板が7段設けられており、それにより、各中心垂直板柱(ゴム材)の構造体に位置決め掘り込み口を左右交互に嵌め込みされている。履物置き棚は、無垢ゴム材の木材であって、厚さ10mm〜30mmのゴム材を使用している。
【0029】
前記取り付けた仕切り棚板は、履物を置くことができる広さで縦横280mmであって、一カ所に幅13mm、長さ100mmの掘り込みを持っていて、その表面にスリット状の溝を3個設けて、中心の垂直板柱に対して平行状態にした。前記中心垂直柱板は、底板台座上中心部に立てられており、当該の柱板の左右交互に掘り込みを設けて、前記切り込み仕切り棚板を嵌め込み、位置決め掘り込み口位置を交互に125mmの間隔に取り付けた。
【0030】
前記底板台座(縦400mm、横300mm、厚さ25mm)は、高さ1100mmの、幅200mm、厚さ19mmの垂直柱板を安定に維持するために、平らな支え座であり、それにより、安定して地面に立つようにした。
靴、ステッキを置載して、履物の整理と、部屋内の美的な間隔を与えた。
【0031】
1 棚板
2 底板台座
3 垂直板柱
4 溝
5 履物
6 嵌め込み
7 切り込み
8 履物置き棚
9 反り部
10 取手口
11 スッテキ
12 R付き

(57)【要約】

【課題】狭いスペースに設置空間を有効に利用できる履物置き棚を提供する。【解決手段】複数段の組み立て構造体からなる靴棚で、底板台座2を設けられており、その中心部に嵌め込み可能な切り込みを持った垂直板柱3を持っており、その板柱の両側に、又は片側のみに間隔的に切り込みを設けて、棚板1を嵌め込み可能にしており、嵌め込み棚板3〜10段設けられており、それにより、各中心垂直板柱の構造体に位置決め掘り込み口を左右交互に、又は片側のみに嵌め込みされ、先端部に取手口をもうけている履物置き棚である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):