(54)【考案の名称】カード等取出具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図13

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、使用者が、相手方にカード等を挟持していないかのように誤認させることが容易であり、かつ、使用者の簡単な動作で展開してカード等を飛び出させることができるカード等取出具に関する。本項案に係るカード取出具は、短時間で相手方に強い印象を与えることができるため、名刺入れ、手品具およびコミュニケーションツールとして好適なものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、ビジネスや自己紹介の場において、名刺交換を行う際には、蓋付きの箱や、縦または横方向に開く名刺入れから名刺を取り出すのが通常である。その際、相手方に強い印象を与えるために、名刺に工夫を凝らすことは通常行われている(例えば、特許文献1)。
【0003】

【効果】

【0013】
本考案のカード等取出具は、製作が容易であり、外観が自然な折り畳み構造なので、使用者が動作前に本考案のカード等取出具を相手方に見せた際に、相手方に本考案のカード等取出具には、カード等が挟持されていないかのように錯覚させることが容易であり、かつ、使用者の簡単な動作で展開してカード等を飛び出させることができる。これにより、相手方に意外性や驚きによって強い印象を与えることができ、使いまわしができるので大きなコストが不要であり、かつ、カード等取出具の意匠性やデザインの自由度に優れるものである。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】カード等取出面(カード等を入れておく側)から見たカード等取出具100の構成を示す略線図。
【図2】突出面を含むカード等取出具101の構成を示す略線図。
【図3】拡大折返面および対向保持面を含むカード等取出具102の構成を示す略線図。
【図4】展開前のカード等取出具(共通)およびカードの構成を示す斜視図。(カードが見える状態)
【図5】展開前のカード等取出具(共通)およびカードの構成を示す斜視図。(カードが完全に隠れた状態)
【図6】カード等取出面に文字が書かれたカード等取出具102の構成を示す略線図。
【図7】折返面を含むカード等取出面の対向面に図6とは異なる文字が書かれたカード等取出具102の構成を示す略線図。(図6を裏側から見た図)
【図8】カード等取出具102の折り畳みの説明に供する略線図(第1段階)。
【図9】カード等取出具102の折り畳みの説明に供する略線図(第2段階)。
【図10】カード等取出具102の折り畳みの説明に供する略線図(第3段階)。
【図11】カード等取出しの説明に供する略線図(カード等取出面の対向面が展開した状態)。
【図12】カード等取出しの説明に供する斜視図(カード等を取出す際の持ち方)。
【図13】カード等取出しの説明に供する略線図(カード等取出面が展開した状態)。
【図14】カード等収納面が正八角形のカード等取出具103の構成を示す略線図。

【0015】
以下、図面について、本考案の実施形態を詳述する。
【0016】
[カード等取出具の構成]
図1〜図3は、本実施の形態を示すものであり、折り畳まれる前のカード等取出具の構成を示すものである。カード等取出具100〜102は、突出面3を除き一枚の平面状部材から構成されている。また、各面の境界線となる折り目を点線で示している。また、以下、相手方から見てカード等が置かれる方向である、カード等取出面の側からみた場合には符号Aを、カード等取出面1Aの対向面からみた場合には符号Bを付して説明する。
【0017】
図1に示すように、折り畳まれる前のカード等取出具100は、カード等収納面11、拡大収納面12、カード等保持面13、拡大保持面14、折返面21を有する。ここで、カード等収納面11、拡大収納面12、カード等保持面13および拡大保持面14は、全体としてカード等取出面1Aを構成する。折返面21Aは、折り畳まれた状態で、本考案に係るカード等取出具の外面に表出し、カード等保持面(背面)13Bはその対向方向の外面に表出する。
【0018】
カード等収納面11Aは、収納するカード等より僅かに大きく形成されている。その大きさは、収納するカード等の大きさに応じて適宜選択可能であるが、収納するのが名刺サイズ(55×91mm)のカードであれば、縦:56〜70mm×横:92〜110mmの大きさが好ましい。
【0019】
本考案に係るカード等取出具は、各面に目立つ余白がなく、自然な形状に折り畳まれていることを特徴とする。このため、カード等収納面11Aの縦方向または横方向の長さを各々1としたときに、図1に示すカード等保持面13A、折返面21A、拡大収納面12Aおよび拡大保持面14Aの縦方向または横方向の長さが各々0.9〜1.1の範囲にあるように形成されていることが必要であり、全ての面が、カード等収納面11Aと実質的に等しい縦方向の長さおよび横方向の長さを有するように形成されていることが特に好ましい。
【0020】
カード等収納面11Aの縦方向または横方向の長さを各々1としたときに、前記の各面の縦方向または横方向の長さが各々1、1を超えると、折り畳んだ際にカード等取出具の縦方向または横方向に不自然な余白が生じて、外観上、本考案の技術的効果を達成できない。一方、カード等収納面11Aの縦方向または横方向の長さを各々1としたときに、前記の各面の縦方向または横方向の長さが各々0.9未満では、折り畳んだ際にカード等収納面を他の面が十分に覆い隠す事が出来ず、意外性や強い印象と言う本考案の技術的効果を達成できない。
【0021】
好適には、本考案に係るカード等取出具は、各面の縦横の長さが実質的に同一の平面形状を有しており、特に、各面の縦横の長さが等しく、各面の形状は、見る方向によって形状の変わらない長方形、正方形、正八角形などが好ましい。なお、各面の配置及び構成が本願所定の関係を満たす限り、ハート型や星型等の面形状を選択することもでき、後述する展開動作の際に注意を払う限り、本考案の技術的効果を損なうことなく使用できる。
【0022】
拡大収納面12Aは、横方向においてカード等収納面11Aから延設されており、カード等収納面11Aの横方向の長さを1としたとき、拡大収納面12Aの横方向の長さが0.9〜1.1の範囲にある。さらに、カード等収納面11Aの横方向と直交する縦方向の長さを1としたとき、拡大収納面12Aの縦方向の長さが0.9〜1.1の範囲にある。拡大収納面12Aが、カード等収納面11Aと縦横の長さが実質的に等しいことが特に好ましい。
【0023】
カード等保持面13Aは、横方向と直交する縦方向において、カード等収納面11Aから延設されており、カード等収納面11Aの横方向の長さを1としたとき、カード等保持面13Aの横方向の長さが0.9〜1.1の範囲にある。さらに、カード等収納面11Aの縦方向の長さを1としたとき、カード等保持面13Aの縦方向の長さが0.9〜1.1の範囲にある。カード等保持面13Aが、カード等収納面11Aと縦横の長さが実質的に等しいことが特に好ましい。
【0024】
拡大保持面14Aは、横方向においてカード等保持面13Aから延設されており、カード等収納面11Aの横方向の長さを1としたとき、拡大保持面14Aの横方向の長さが0.9〜1.1の範囲にある。さらに、カード等収納面11Aの縦方向の長さを1としたとき、拡大保持面14Aの縦方向の長さが0.9〜1.1の範囲にある。拡大保持面14Aが、カード等収納面11Aと縦横の長さが実質的に等しいことが特に好ましい。
【0025】
折返面21Aは、横方向と直交する縦方向において、前記カード等保持面と前記縦方向にカード等収納面11Aから延設されており、カード等収納面11Aの横方向の長さを1としたとき、折返面21Aの横方向の長さが0.9〜1.1の範囲にある。さらに、カード等収納面11Aの縦方向の長さを1としたとき、折返面21Aの縦方向の長さが0.9〜1.1の範囲にある。折返面21Aが、カード等収納面11Aと縦横の長さが実質的に等しいことが特に好ましい。
【0026】
図2に示すように、本考案に係るカード等取出具101は、任意で、カード等収納面11Aから縦方向の折返面側へ突出する突出面3Aを有することができる。
【0027】
この突出面3Aは、突出していない収納部31Aの裏面がカード等収納面11Aに貼り合わされると共に、突出する突出折返部32Aはいずれにも貼り合わされていない。この結果、突出折返部32Aを折り畳むとカード等収納面11A内に収納される一方、広げるとカード等収納面11Aから突出するように形成されている。
【0028】
図3に示すように、本考案に係るカード等取出具102は、任意で、拡大折返面22Aと対向保持面23Aとをさらに有することができる。ここで、カード等収納面(背面)11B、折返面(背面)21B、拡大折返面(背面)22Bおよび対向保持面(背面)23Bは、全体としてカード等取出面の対向面2Bを構成する。なお、図1のカード等取出具100または図2のカード等取出具101においては、カード等収納面(背面)11Bおよび折返面(背面)21Bが、全体としてカード等取出面の対向面2Bを構成する。ここで、拡大折返面および対向保持面は、本考案に係るカード等取出具102が、各面に目立つ余白がなく、自然な形状に折り畳めるように、各面の縦横の長さがカード等収納面11Aと実質的に等しい平面形状であることが好ましい。
【0029】
図4は、図1〜図3に係るカード等取出具にカード等を挟持して半ば折り畳んだ状態(=展開前の状態)の斜視図であり、名刺などのカード99はカード等収納面11Aと拡大収納面12Aの間隙に保持される。図4においては、保持状態を理解するためにカードが見えているが、実際の使用時には、図5に示す通り、カードはカード等収納面11Aと拡大収納面12Aの間隙に完全に隠され、使用者がカード等取出具を展開するまで、カードは見えない状態になる。
【0030】
なお、図2に示した突出面3Aを有するカード等取出具にあっては、名刺などのカード99は、突出折返部32Aと収納部31Aの間に挟持され、さらに、カード等収納面11Aと拡大収納面12Aの間隙に保持された状態となる他は、図4または図5と同様の状態でカード等取出具の内側に保持される。
【0031】
図6は図3に係るカード等取出具102において、前記のカード等取出面1Aに「Hello!」の文字情報が付与された形態である。
【0032】
図7は図3に係るカード等取出具102において、さらに、前記のカード等取出面1Aの対向面2Bに「???」の文字情報が付与された形態である。ここで、図6および図7は同一物品の裏表の関係にあって良い。
【0033】
カード等取出面1Aおよびカード等取出面の対向面2Bは、十分な大きさを有するため、ここに視覚により伝達される情報、例えば、絵、文字、図形、形状、色彩またはこれらの組み合わせからなる情報を付与することで、前記の印象をさらに強めたり、何らかのメッセージを伝達することができる。
【0034】
具体的には、本考案に係るカード等取出具は、対向面2Bを白紙にして、相手方に「カード等取出具には、カード等は挟持されておらず、何も書かれていない」と錯覚させた後に、カード等取出面1Aからカードを取出し、かつ、カード等取出面1Aの視覚的情報を伝達したり、任意で突出面3Aを飛び出させて見せたりすることができる。その際の対比、意外性および驚きにより、カード等を取出した際の相手方への印象をより強めることができる。
【0035】
同様に、本考案に係るカード等取出具は、前記の対向面2Bとカード等取出面1Aに異なる視覚的情報を付与することで、相手方に、使用者が何もない所からカード等を取出したという驚きを与えると同時に、一瞬で視覚情報の書き換えが行われたように錯覚させることができ、その際の対比および驚きにより、カード等を取出した際の相手方への印象をより強めることができる。
【0036】
例えば、図6と図7の視覚的情報を用いた場合、まず、前記の対向面2Bを、相手方の前で展開すると、相手方は「???」という文字情報と「カード等取出具には、カード等は挟持されておらず、何も書かれていない」と錯覚する。その後、後述の使用方法でカード等取出面1Aを展開して見せることで、相手方は何もない所からカード等を取出したという驚きを与えると同時に、「???」という文字情報が瞬時に「Hello!」という文字情報に書換えられたように錯覚し、その対比、意外性と驚きにより、強い印象を受けるものである。
【0037】
[カード等取出具の作製]
次に、本考案に係るカード等取出具の作製について、図3に係るカード等取出具102を例に説明する。
【0038】
まず、図8に示す通り、カード等収納面11にカード99を置き、拡大収納面12及び拡大保持面14を、カード等収納面11Aおよびカード等保持面13Aに重なるように折り畳む。図8で破線部分は、折り畳む前の拡大収納面12及び拡大保持面14の輪郭であり、矢印は拡大収納面12及び拡大保持面14を折り畳む方向を表す。収納されたカード99の輪郭は、便宜上、破線で示す。
【0039】
次に、図9に示す通り、図8の状態から、拡大保持面14およびカード等保持面13を、カード等収納面11Aおよび拡大収納面(背面)12Bに重なるように折り畳む。図9で破線部分は、折り畳む前の拡大保持面14およびカード等保持面13の輪郭であり、矢印は拡大保持面14およびカード等保持面13を折り畳む方向を表す。収納されたカード99の輪郭は、便宜上、破線で示す。
【0040】
続いて、図10に示す通り、図9の状態から、拡大折返面22および対向保持面23を折返面(背面)21Bおよびカード等収納面(背面)11Bに重なるように折り畳む。図10で破線部分は、折り畳む前の拡大折返面22および対向保持面23の輪郭であり、矢印は拡大折返面22および対向保持面23を折り畳む方向を表す。収納されたカード99の輪郭は、便宜上、破線で示す。
【0041】
最後に、図10の状態から、折返面21Aをカード等保持面(背面)13Bの対向方向に折り畳むことで、本考案に係るカード等取出具は完成する。
【0042】
図1に係るカード等取出具100は、拡大折返面22および対向保持面23の折返しが不要な他は、前記同様に作製できる。
【0043】
図2に係るカード等取出具101のように、本考案に係るカード等取出具が突出面3を有する場合には、最初に名刺などのカード99を、突出折返部32Aと収納部31Aの間に挟持する他は、前記同様に作製できる。
【0044】
本考案に係るカード等取出具は、上記の通り、平面状部材を用いて、容易に作製することができ、カード等取出具を構成する平面状部材も特に制限されるものではない。例えば、本考案に係るカード等取出具は、紙、プラスティック、金属箔、皮革、布、木皮などを自由に選択して用いることができる。さらに、前記のカード等取出面1Aや突出面3が滑らかに展開するように、各面の境界線に浅く切り込みを入れたり、弾性体や形状記憶性の部材を用いたりしても良い。さらに、本考案に係るカード等取出具は、デザインの自由度に優れるため、本考案の目的に反しない限り、透明部材の使用や、所望の色彩、模様等を付すこともできる。
【0045】
本考案に係るカード等取出具は、前記のカード等取出面1Aや突出面3が使用者の動作により展開する構造を有するので、カード等収納面11およびカード等保持面13を含む折り畳み構造をクリップや任意の保持部材(ストッパー)で予め押さえておくことで、不測の展開やカード等の落下を防止することもできる。しかしながら、これらのクリップやストッパーが目立つ態様であると、本考案に係るカード等取出具に何らかの仕掛け(ギミック)が施されていることが相手方に認識されやすくなるため、このような部材は設けないか、透明部材を用いるなど、可能な限り、目立たない態様とすることが好ましい。
【0046】
[カード等取出具の使用方法]
次に、本考案に係るカード等取出具102の使用方法を、図11〜13により、説明する。なお、カード等取出具100、カード等取出具101であっても、基本的な使用方法は共通である。
【0047】
図11に示す通り、カード等保持面13等が折り返された状態で、カード等収納面11Aと拡大収納面12Aの間に挟持されたカード99を与えたい相手方(以下、「カード等の受取人」という)に、前記のカード等取出面1Aの対向面2Bを開いて見せる。
【0048】
図11においては、構造を理解しやすくするために、対向面2Bには、図7同様に「???」の文字情報が付与されているが、使い方によっては白紙等であっても良い。また、この状態ではカード99はカード等の受取人には全く視認できないので、図11において、便宜上、カード99の輪郭を点線で示す。
【0049】
このとき、本考案に係るカード等取出具の使用者は、カード等の受取人に対して、口頭等で何らかのメッセージを伝えることが好ましい。例えば、「ここに、真っ白な紙があります。真っ白ですよね。」や「何も入っていませんよ」などと言った言葉をかけたり、対向面2Bの視覚的情報に対するコメントを述べても良い。
【0050】
次に、対向面2Bを折返面21Aが最上面に来るように折り畳む。より具体的には、前記の拡大折返面(背面)22Bおよび前記の対向保持面(背面)23Bを、折返面(背面)21Bおよびカード等収納面(背面)11Bに重なるように折り畳み、続いて、折返面21Aをカード等保持面(背面)13Bの対向方向に折り畳む。この際、使用者は、「このように折り畳みます」のように説明したり、相手方に何らかの予告あるいは意識をミスリードするようなコメントを述べても良い。
【0051】
本考案に係るカード等取出具が折り畳まれた状態で側面から斜視した様子を、図12に示す。点線で示されたカード99は、カード等収納面11Aと拡大収納面12Aの間に挟持されている。また、任意で、本考案に係るカード等取出具が突出面3を有する場合には、カードは、当該突出面3に挟持されていてもよい。図12において、任意の構成である突出面3は、便宜のため、破線で示している。
【0052】
図12に示す通り、カード99は、カード等収納面11Aと拡大収納面12Aの間に挟持されており、カード等の受取人はカード99を全く視認できない。この状態で、使用者は、矢印で示した指置位置FZを指でつまむ。この指置位置FZは、カード収納面11Aと折返面21Aを自然に挟み込むことができ、かつ、カード等収納面11、拡大収納面12、カード保持面13、拡大保持面14および任意で有する突出面3が重なっていない状態にある。
【0053】
使用者が、図12の矢印で示した指置位置FZにおいて、カード収納面11Aと折返面21Aを指で挟み込んだ状態でカード等取出具を振るうと、指置位置FZを起点に、カード等取出面1Aが縦方向および横方向に展開すると共に、カード等収納面11A上にカード99が現れる。また、任意で、突出面3を有する構造であれば、カード等取出面1Aから突出面3が突き出た状態になる。この際、指で挟まれた折返面21を含む対向面2Bはカード等取出面1Aの背面となってしまうので、カード等の受取人はその存在を認識できなくなる。
【0054】
図13は、上記の動作によって、本考案に係るカード等取出具が縦方向および横方向に展開してカードが現れた様子を示す図である。構造の理解のため、カード等取出面1Aには、図6同様に「Hello!」の文字情報が付与されているが、使い方によっては白紙等であっても良い。また、任意の構成である突出面3Aが展開した様子を併せて示すため、突出面3Aを、便宜のため、破線で示している。
【0055】
このように、本考案に係るカード等取出具を使用することにより、カード等の受取人は最初に見せられた対向面2Bに代わり、カード等取出面1Aとカード99および任意の突出面3Aを視認することになる。
【0056】
従って、カード等の受取人は何もない所から突然現れたカード等に大きな驚きと意外性を感じ、使用者に対して強い印象を抱くことになる。さらに、本考案に係るカード等取出具は、使いまわしができるので大きなコストが不要であり、かつ、カード等取出具の意匠性やデザインの自由度に優れるものである。
【0057】
さらに、本考案に係るカード等取出具は、カード等の収納面11Aを含むカード等取出面1Aに、カード以外の物品を挟持しておき、これらを何もない所から取出して見せるような使用方法が可能である。具体的には、本物品を使用する季節や目的に応じて、その他の薄手の物品(手品具等や金券など)、香料等をカードと共に、または独立に同カード等取出面1Aに挟持しておくことが可能である。
【0058】
上記のカード等取出面1Aは、使用者の動作により瞬間的に展開されるため、カードサイズに折り畳めるくす玉等の手品具、紙吹言、無形の香料等を同取出面1Aに挟持することで、カードと同時に華やかなくす玉を取り出す、良い香りが花弁や紙吹雪と共に飛散するなどの演出が可能になる。
【0059】
上記のカード等取出面1Aに薄手の物品は、秘匿性の点から厚さ5mm以下に折り畳め、かつ、カード等取出具に完全に覆われる大きさのものが好ましいが、その種類、色、物品の展開の形態、物品の飛散の形態等は特に制限されることなく、目的に応じて自由に選択することができる。また、香料も、秘匿性の点から、本発明に係る物品に浸透しにくく、カード等取出面1Aが展開されるまで香気が大量に拡散しないものが好ましい。
【0060】
[カード等取出具のその他の形態]
本考案に係るカード等取出具は、各面の縦横の長さが実質的に同一の平面形状を有していることが好ましく、例えば、図14に示すような、八角形の平面を用いても、同様に製作することができ、かつ、所定の技術的効果を奏することができる。
【0061】
上述した実施の形態においては、主に名刺等のカードを取り出す際にカード等取出具100〜102を使用する場合について述べた。しかしながら、本考案はこれに限らず、カード等取出具100〜102を単体で、例えば、手品具やコミュニケーションツールとして使用することも可能である。
【0062】
本考案に係るカード等取出具は、製造が容易でデザインの自由度が高いことを特徴の一つとする。このため、カード等取出面1A、対向面2Bに表示する視覚情報を、絵柄の着脱や用紙の入れ替えにより簡単に交換する部材をさらに有しても良い。また、任意の構成である突出面3を着脱式にしたり、カード等取出面1Aの展開を妨げない形態であれば、複数の突出面を設けたりすることも可能である。さらに、飛び出す絵本やくす玉のような、展開により立体的に立ち上がる部材をカード等取出面に設けても良い。
【産業上の利用可能性】
【0063】
本考案は、例えば、手品具、名刺交換の際に使用するカード取出具、名刺入れなどとして利用することができる。
【0064】
100・・・・・カード等収納具、
101・・・・・突出面を含むカード等収納具、
102・・・・・拡大折返面および対向保持面を含むカード等取出具、
101102・・・・・上記カード等取出具(100,101,102)の共通形態
103・・・・・各面が八角形のカード等収納具
99・・・・・カード
A・・・・・各面をカード等取出面1Aの側からみた場合
B・・・・・各面をカード等取出面1Aの対向面からみた場合(=背面)
1A・・・・・カード等取出し面、2B・・・・・対向面
11・・・・・カード等収納面、12・・・・・拡大収納面、13・・・・・カード等保持面、14・・・・・拡大保持面、21・・・・・折返面、22・・・・・拡大折返面、23・・・・・対向保持面、3・・・・・突出面、31・・・・・収納部、32・・・・・折返部

(57)【要約】

【課題】製造が容易であり、自然な外観を有し、かつ、使用者の簡単な動作で展開してカード等を飛び出させることができるので、相手に強い印象を与えるカード等取出具を提供する。【解決手段】カード等収納面11A、縦方向に連接されたカード等保持面13A、その反対側に連接された折返面、縦方向に直交する横方向において、カード等収納面から延設された拡大収納面12A、カード等保持面から延設された拡大保持面14Aとを有し、カード等収納面の縦または横の長さを1としたとき、各面の縦または横の長さが各々0.9〜1.1の範囲であり、カード等を取出す際に、カード等収納面を含むカード等取出面が、縦方向および横方向に展開する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):