(54)【考案の名称】脱着式多機能ポケット付きエプロン

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、脱着自在で、複数の機能を果たすことが可能な袋状ポケット付きエプロンに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
装着しているエプロンに鍋つかみを直接設置させることにより、調理の作業能率を高め、ポケットとしての役目をも果たすエプロンが提供されていた。
【0003】
実用新案登録第3109334号の『ポケット兼鍋つかみ付きエプロン』は、装着しているエプロンに鍋つかみを直接設置させることにより、使用の際、瞬時に利用が可能になり、時間のロスを少なくしている。台所の壁やシンク下の扉等のフックから外す手間が省け、機能的で、調理がしやすく、作業能率を高めるのに役立つ。また鍋つかみが楕円形をしているので、同時にポケットの機能をも備えている。

【効果】

【0006】
上述のように、本考案は設置時のポケット部分の不安定さを解消したため、安全性が高い。また、ポケットに手を入れ、ポケットの接着素材設置範囲とエプロン本体の接着素材設置範囲を付けたり引き離すだけで脱着自在としているので、ポケットから手を抜く必要がなく、瞬時にその機能性を発揮させることができる。またポケットとエプロン本体が脱時には鍋つかみ、鍋しき、保温カバー等として多様に使用でき、また、本体に着時はポケット本来の機能を果たすため利便性がある。さらにこのポケットは、エプロン本体からポケットの脱時には、エプロン本体をたたんで収納できる大きさであることから、外への持ち運びに便利な携帯用の袋として使用することもできる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】 正面図
【図2】 ポケットの脱着部分を示す概念図
【図3】 ポケットの概念図


(57)【要約】

【課題】鍋つかみ等の複数の機能を持つポケットが、接着時にしっかり固定され、安全性が高い脱着式多機能ポケット付きエプロンを提供する。【解決手段】装着しているエプロンに袋状のポケットを面ファスナー等を用いて広い接着面積で直接設置させ、瞬時に利用が可能としながら、しっかり接着させてポケットが動いてしまう不安定な状態を回避する。袋の素材を熱冷を軽減するものにすることで、鍋つかみの他に、鍋しき、保温カバーになり、機能的である。また、ポケットの容量をエプロン本体が入る大きさにすることで、携帯用袋としての機能も備えている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):