(54)【考案の名称】アタッチメント接続用部材

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、伸縮柄端に作業目的に沿ったアタッチメントを取り付ける場合に用いる、アタッチメント接続用の部材に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、種々の接続用部材が利用されているが、本案にて示すように、切除部分を有する回動可能な環体を有するものは見あたらない。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
高所個所に対する作業、例えば二階の窓外面の清掃時などには、三段伸縮柄の先にT型ワイパー等を取り付けて、路上から拭き取り清掃作業を行うことがある。
この伸縮柄とT型ワイパーとの接続手段として、接続用部材が必要である。一般には、この接続用部材部分とワイパー部分とが一体となったものが多用されている。
この接続用部材の一端は略筒状に形成され、他端はワイパー部分である。該筒状部分の上下側面には長穴が穿設されている。一方、伸縮柄の先端近傍には、上記長穴内に収容可能なサイズ形状のボタン状突起部分が突設されているが、この突起部分は柄内に装備されたスプリングの復帰弾力にて常に外方突出力が働いている。つまり外方からの押圧にてこの突起部分は柄内に一時的に収容可能である。従って、前記の接続部分を柄先端にかぶせて押し込むことにて、突起部分は柄内に引っ込むが、長穴部分が突起部分にさしかかると、外部押圧から解放されて、柄側面より突出し、柄に接続部が一時的に離脱不能に固定される。
【0004】
この状態にて高所作業が可能となる。柄からワイパー等を取り外すときは、指で前記突起部分を押し込んでワイパーを引くと、ワイパー部分の離脱を妨げるものがないために、容易にワイパー等を柄から取り外すことができる。
しかしながら、例えば作業中に何かの突起物がこの突起部分に触れて押圧することが起きると、柄からワイパー等が不用意に外れて落下する危険が想定されるのである。
しかしこの状態を回避する有力な手段が見つからないのが現状である。
本案は以上に鑑み、上記突起部分を人為的操作にて覆う手段を設けることにより、高所作業等を安全に行うための新規かつ有用なる部材を提供することを目的として開発されたものである。

【効果】

【0006】
本案によれば、柄に対するアタッチメントの着脱について、装着操作部分の人為的選択操作による保護が可能となって、作業中の不用意なアタッチメントの離脱落下を防止することができて、使用者の安全と保護に寄与しうる有用なる物品を得ることができる。
また、その操作も容易であるとともに、制作上の不利もない新規かつ有用なる手段を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】 本考案の平面図
【図2】 本考案の正面図
【図3】 本考案の左側面図
【図4】 A−A断面図
【図5】 本考案の回動環体の回動状態図(貫通孔閉塞)
【図6】 本考案の要部変化例図
【図7】 本考案の要部変化例図
【図8】 本考案の要部変化例図
【図9】 伸縮柄の正面図(略示・市販品)
【図10】 伸縮柄の左端構成拡大説明図
【図11】 本考案に用いるアタッチメント例図(伸縮柄装着状態)
【図12】 本考案に用いるアタッチメント例図(伸縮柄装着状態・全体図)

(57)【要約】

【課題】高所部分に対する作業に用いるアタッチメント接続のための安全な接続部材を提供する。【解決手段】筒体を主要部とした接続部材本体1を設け、その一端に接続部2を形成し、他端近傍位置において、筒体の外側面適所に貫通孔3を設けるとともに、貫通孔の露出と非露出を選択可能とするために、その外周の一部を所定巾にて切除してなる回動環体6を筒体所定位置に嵌装し、回動環体の位置制限のためのガイド環5を、回動環体の両端側位置に近接させて筒体に固定し、一方、筒体内側面適所に筒体長手方向に延びる線状凸部を設けたことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):