(54)【考案の名称】多方向無線電力供給装置

(73)【実用新案権者】光碁科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図9

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、多方向無線電力供給装置に関するものであり、さらに詳しくは、弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
科学技術の発展に伴い、日常生活で家電製品に頼る場面が日増しに増えている。一般に家電製品には、電線を介して必要な電気エネルギが供給される。言い換えると、従来の電気供給方式は、有線電気供給装置を介して電気を供給し、外部家電製品に必要な電気エネルギを供給する。上述の有線電気供給装置は、一般に外部電源と電気的に接続される導電性プラグを有する。この導電性プラグは、一般に電線を介して外部の家電製品と電気的に接続され、外部の家電製品に必要な電気エネルギを供給するために用いる。そのため、例えば、照明器具、スクリーンなどの従来の家電製品を使用する際、多方向に回転させると電線が回転によりねじ曲がったり断裂したりすることがあり、電気供給装置の電線により外部家電製品の使用角度が制限されるという問題があった。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
従って、本考案の課題は、家電製品等に電気エネルギーを供給する際に、電線等の接続手段により制限を受けずに他方向に自在に回転可能な電力供給装置を提供することにある。

【効果】

【0011】
本考案は、上記の通りの構成からなり、後述の如く、電線等の接続手段による制約を受けずに、自在に回転させることができ、また、取り外しも容易であり、外部家電製品の互換性を有するものであって、利便性に著しく優れたものである。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】図1は、本考案の第1実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置を示す斜視図である。
【図2】図2は、本考案の第1実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置を使用する状態を示す断面図である。
【図3】図3は、本考案の第1実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置を使用する状態を示す断面図である。
【図4】図4は、本考案の第1実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置を使用する状態を示す斜視図である。
【図5】図5は、本考案の第1実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置を示す斜視図である。
【図6】図6は、本考案の第2実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置の使用状態を示す断面図である。
【図7】図7は、本考案の第3実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置の使用状態を示す断面図である。
【図8】図8は、本考案の第3実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置の使用状態を示す断面図である。
【図9】図9は、本考案の第4実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置の使用状態を示す断面図である。

【0013】
以下、本考案の実施形態について図面に基づいて説明する。なお、これによって本考案が限定されるものではない。
【0014】
(第1実施形態)
図1及び図2を参照する。図1は、本考案の第1実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置を示す斜視図である。図2は、本考案の第1実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置を使用するときの状態を示す断面図である。図1及び図2に示すように、本考案の第1実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置100は、少なくともソケット10、導電性コンタクト20、電源変換ユニット30、一次コイル40及び複数の磁石50から構成される。
ソケット10は、ハウジング11を有する。ハウジング11の頂面は、弧面12に形成される。ハウジング11は、組み立てられた後、完全に密閉され、第1実施形態のハウジング11の頂面は凹弧面121に形成される。
【0015】
導電性コンタクト20は、ハウジング11上に取り付けられ、外部電源と電気的に接続される。第1実施形態の導電性コンタクト20はプラグである。
【0016】
電源変換ユニット30は、ハウジング11内に取り付けられ、一端が導電性コンタクト20と電気的に接続される。
【0017】
一次コイル40は、ハウジング11内でハウジング11頂面の内周壁上に配設されるとともに、ハウジング11の弧面に対応して弧状が形成され、一次コイル40が電源変換ユニット30の他端と電気的に接続される。
【0018】
複数の磁石50は、ハウジング11の頂面の内周壁上で、一次コイル40の外周にそれぞれ周設される。
【0019】
図3を参照する。図3は、本考案の第1実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置を使用するときの状態を示す断面図である。本考案の第1実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置の外部家電製品200は、凹弧面121上に配設され、外部家電製品200の凸弧面とハウジング11の凹弧面121とが対応して配設されて位置決めされ、この構成により外部家電製品200が凹弧面121上で自在に多方向回転することができる。外部家電製品200内に二次コイル201が配設される。二次コイル201の範囲が一次コイル40より小さいため、多方向回転の使用過程において、二次コイル201は一次コイル40に対応する。本考案の第1実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置100は、導電性コンタクト20を介して外部電源と電気的に接続され、必要な電気エネルギを供給するとともに、電源変換ユニット30を介して外部家電製品200の電源規格を満たす電源に変換した後、一次コイル40へ供給し、一次コイル40により電気エネルギを磁力へ変換し、同時に外部家電製品200内の二次コイル201が電磁誘導により電気エネルギを発生させ、電気エネルギを外部家電製品200へ供給してその必要性を満たすことができる。これにより外部家電製品200と導電性コンタクト20との間を接続する電線を省略し、外部家電製品200が制限を受けずに多方向で自在に回転することができる。さらに弧面12を介して外部家電製品200を弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置100に接続させ、外部家電製品200が一次コイル40の電磁誘導範囲内で多方向で自在に回転するようにして多方向の無線式電気供給を行う。
【0020】
ここで外部家電製品200は、蓄電池203を内蔵しているため、外部家電製品200を弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置100に接続すると、弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置100は、外部家電製品200へ電気を供給することができる上、蓄電池203に充電し、弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置100が外部家電製品200に対して電気を供給した後、蓄電池203を介して電気エネルギを供給して使用することができる。この構成により、弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置100と外部家電製品200とが着脱自在に接続され、外部家電製品200を携帯して使用することが可能となる。
【0021】
図3を参照する。図3に示すように、本考案の第一実施形態に係るハウジング11の頂面の内周壁上には、複数の磁石50が周設され、外部家電製品200内に周設された複数の磁石202と組み合わせ、外部家電製品200と凹弧面121とをより堅固に結合することができる。複数の磁石202は、外部家電製品200の多方向回転の必要に応じ、異なる角度・位置で磁石50を吸着させるが、他の実施形態では、外部家電製品200内の複数の磁石202を吸着する金属でもよい。
【0022】
ここで弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置100は、外部家電製品200と着脱自在に接続されているため、外部家電製品200を速やかに外すことができる。そのため、緊急時に速やかに外して外部家電製品200内に内蔵した蓄電池203に電気エネルギを供給し続けることができ、便利に携帯することができる。
【0023】
このように着脱自在に接続されているため、外部家電製品200を簡便に交換することができるだけでなく、外部家電製品200の互換性を高め、ユーザは、外部家電製品200の選択幅を広げることができる。
これ以外に、ハウジング11を組み立てた後、完全に密封され、電磁誘導により無線通信を行い、外部家電製品200と接続された構造が露出されていないため、漏電する虞がない上、完全密閉された構造により防水機能を得ることができる。
【0024】
図4を参照する。図4に示すように、本考案の第1実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置100は、図3を併せて参照すると分かるように、凹弧面121上にスクリーン300が配設され、凹弧面121上でスクリーン300が何ら制限を受けずに多方向回転を自在に行うことができる上、回転により電線が捻れたり断裂して損傷したりすることを防ぎながらスクリーン300を様々な方向に向けて使用することができる。
【0025】
図5を参照する。図5に示すように、本考案の第1実施形態に係るもう一つの実施例は、図3を併せて参照すると分かるように、弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置100の凹弧面121上には、ランプ400が配設され、凹弧面121上でランプ400は、何ら制限を受けずに自在に多方向回転させることができ、回転により電線が捻れたり断裂して損傷したりすることを防ぐことができる。この構成により、ランプ400を多方向照明として使用することができる上、ランプ400内部に蓄電池が配設されているため、容易に外して携帯したり、特定の行為を行うために使用したりすることができる。この特定の行為には、例えば、ランプ400を取り外して近距離で照明ランプとして利用したり、物を探すためにサーチライトとして使用したり、更には停電などの緊急時に速やかに取り外して携帯したりすることが含まれる。
【0026】
(第2実施形態)
図6を参照する。図6に示すように、本考案の第2実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置は、第1実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置と異なり、凹弧面121を覆う方式により、凸弧面を有する外部家電製品200を位置決めし、磁石の配設が省略されているが、外部家電製品200を多方向で回転させて使用することができる。
【0027】
(第3実施形態)
図7及び図8を参照する。図7及び図8に示すように、本考案の第3実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置は、第1実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置と異なり、ハウジング11の頂面が凸弧面122に形成される。本考案の第3実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置は、凹弧面を有する外部家電製品200を凸弧面122上に配設して位置決め効果を得ることができる。外部家電製品200内に周設された複数の磁石202により結合度を高め、凸弧面122上で外部家電製品200を多方向回転させることができる。外部家電製品200内に二次コイル201を設け、電磁誘導方式により電気エネルギを伝送し、二次コイル201の範囲が一次コイル40より大きいため、外部家電製品200が多方向で回転する際でも二次コイル201は一次コイル40に対応する。
【0028】
(第4実施形態)
図9を参照する。図9に示すように、本考案の第4実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置は、第3実施形態に係る弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置と異なり、導電性コンタクト20が螺合ヘッド21である。ソケット10底部に凹溝13が凹設され、凹溝13内に螺合ヘッド21が埋設されて白熱電球用のソケットに螺合されて商用電源が供給される。弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置100に結合された外部家電製品200を多方向で自在に回転させることができる。また、外部家電製品200は螺合されていないため、着脱を自在に行うことができる。外部家電製品200を外して交換することが容易であるが、弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置100と外部家電製品200との接続が外部に露出しない電気的接続構造であるため、漏電の虞がなく、外部家電製品200を外して安全に交換することができる。
【0029】
以上、本考案の好適な実施形態を前述の通り開示したが、これらは決して本考案を限定するものではない。本考案の主旨と領域を逸脱しない範囲内で各種の変更や修正を加えることができる。従って、本考案の実用新案登録請求の範囲は、このような変更や修正を含めて広く解釈されるべきである。
【0030】
10 ソケット
11 ハウジング
12 弧面
13 凹溝
20 導電性コンタクト
21 螺合ヘッド
30 電源変換ユニット
40 一次コイル
50 磁石
100 弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置
121 凹弧面
122 凸弧面
200 外部家電製品
201 二次コイル
202 磁石
203 蓄電池
300 スクリーン
400 ランプ

(57)【要約】

【課題】一次コイルの電磁誘導範囲内で外部家電製品を多方向回転させることができ、外部家電製品に多方向無線電力供給を行うことができる弧状コイルによる誘導電力を利用した多方向無線電力供給装置を提供する。【解決手段】ソケット10、導電性コンタクト20、電源変換ユニット30及び二次コイル201を備える。ソケット10は、頂面が弧面に形成されたハウジング11を有する。導電性コンタクト20は、ハウジング11上に取り付けられ、外部電源と電気的に接続される。電源変換ユニット30は、ハウジング11内に配設され、一端が導電性コンタクト20と電気的に接続される。二次コイル201は、ハウジング11内に取り付けられ、ハウジング11の弧面12に対応して弧状に形成されるとともに、電源変換ユニット30の他端と電気的に接続される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):