(54)【考案の名称】自転車用籠の連接部材

(73)【実用新案権者】統岳股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、自転車用籠の連接部材に関するものであり、さらに詳しくは、自転車用籠を自転車のハンドルに実装するための連接部材の構造に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の自転車用籠の連接構造は、図11のように、連接部材70と自転車用籠80とから構成されている。連接部材70は、平板71の先端を垂直に湾曲した固定片72を有するものであり、上記固定片72が、自転車用籠80の裏側にロックされ、平板71に、嵌合孔73が形成され、嵌合孔73に、自転車のハンドルの上管が嵌合される。また、前方の組み合わせセットが、緊密にロックされると、圧迫されて定位され、これにより、自転車用籠80が、連接部材70を介して、自転車のハンドルに実装されて固定される。
【0003】
しかしながら、上記の従来構造は、実用上、
1.連接部材70が、金属板材により、一体に彎折されているので、上記連接部材70だけで、実装する場合、支持力が不足する恐れがある。そのため、自転車用籠80が、容易に重力によって、自然に下垂し、上記現象が、負荷した時、より明白的になり、長期になると、自転車用籠80の重量により、連接部材70が湾曲変形する。
2.自転車用籠80が、連接部材70を介して、自転車のハンドルにロックされ、簡単に取り外すことができなく、手元の携行籠として使用できない、などの問題点がある。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
本考案の主な課題は、自転車用籠と連接部材全体とを支持でき、自転車用籠が、重力により、下垂することを防止できる自転車用籠の連接部材を提供することにある。
【0005】
本考案の他の課題は、自転車用籠と連接部材全体とを支持でき、自転車用籠と連接部材が、負荷することにより、下方へ押されて変形することなく、耐用寿命が向上する自転車用籠の連接部材を提供することにある。
【0006】
本考案の更に他の課題は、各種類の自転車の支持管の角度に応じて、適用できる自転車用籠の連接部材を提供することにある。
【0007】
本考案の更に他の課題は、迅速にかつ簡単に、自転車用籠を取り外すことができ、また、手元の携行籠として利用でき、使用上、より多様化され、また、利便性が向上する自転車用籠の連接部材を提供することにある。

(57)【要約】

【課題】自転車への取付け安定性に優れ、かつ取り外し容易な自転車用籠の連接部材を提供する。【解決手段】連接フレーム10と固定座20、取り外し容易な部材、掛けシート40及び自転車用籠50が備えられ、上記取り外し容易な部材が、摘み部と制御部材、摺動座及びバネからなる自転車用籠50の連接部材であって、連接フレーム10が、中心棒によって連設された二つの支持アーム11を有し、中心棒にスピンドルが貫設され、スピンドルの回転により自転車のハンドルに取り付けるように構成され、固定座20が二つの支持アームの間に結合され、摘み部が固定座20の上開放収納室に収容され、外周には係止ブロックが突出する。制御部材が固定座20の下収納室に収納される。摺動座とバネが固定座20の下収納室に収容される。掛けシートは自転車用籠50の裏側に結合される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):