(54)【考案の名称】油圧式パレットトラック

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、特に足で踏み込むことにより、快速上昇可能な油圧式パレットトラックに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
油圧式パレットトラックは、物を載せたボードを、量販店の店舗や倉庫などに搬送するのによく使用される。そのような従来の油圧式パレットトラックは、荷台を有し、この荷台には2つのアームが設けられ、その底部に車輪が取り付けられ、一端にプレートが設けられ、該プレートに従動油圧装置、主動油圧装置、加圧レバーが組み合わされ、その内、従動油圧装置のロッドは荷台に連結され、加圧レバーは主動油圧装置に連結され、該従動油圧装置と主動油圧装置との間に油圧ベースが介在されてそれらの油圧回路が連通される。
【0003】
前記荷台は常にトラックボードより低い位置にあり、使用する時は、アームをトラックボードの内部に挿入し、加圧レバーを何度も押し下げると、油圧装置のロッドが上昇して荷台を持ち上げ、底部の車輪により荷台上の物品を搬送する。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、従来の油圧式パレットトラックにおいて、加圧レバーを押し下げて荷台を持ち上げる場合、何度も繰り返して押さなければ、荷台を上げることが出来ないことから、無駄な力を費やさなければないらい上に、仕事の効率も悪く、改良する必要があった。

【効果】

【0012】
本考案は上記の構成を有することから、油圧式パレットトラックの荷台を短時間で所望の高さに上昇させる場合には、使用者がリフト部材のペダル部を踏込み、リフト部材の押上げ部材を上方へ移動させれば、押上げ部材22が荷台の当接部に当接しながら、荷台を直接に所望の高さに持ち上げることができ、即ち、この方法によれば、物品を搬送する時、使用者が一回、或いは二回程度加圧レバーを倒し込むことにより、荷台のアームによりトラックボードを短時間で所定の高さまで持ち上げることができるので、操作上の利便性が非常に高い。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本考案に係る油圧式パレットトラックの斜視図である。
【図2A】本考案に係る油圧式パレットトラックの側面断面図である。
【図2B】本考案に係る油圧式パレットトラックのペダル部を上方に枢転させた状態を示す側面断面図である。
【図2C】本考案に係る油圧式パレットトラックにおける一体成形のペダル部を示す側面断面図である。
【図3】本考案に係る油圧式パレットトラックの正面断面図である。
【図4】本考案に係る油圧式パレットトラックにおける油圧座の油圧通路の部分断面図である。
【図5】本考案に係る油圧式パレットトラックにおける油圧装置の部分拡大断面図である。
【図6】本考案に係る油圧式パレットトラックの荷台を持ち上げた状態を示す側面断面図である。

【0014】
以下、添付図面を参照して本考案の好適な実施の形態を詳細に説明する。尚、下記実施例は、本考案の好適な実施の形態を示したものにすぎず、本考案の技術的範囲は、下記実施例そのものに何ら限定されるものではない。
【0015】
図1乃至図2Aに示すように、本考案に係る油圧式パレットトラックは、荷台10と、リフト部材20と、油圧装置40と、加圧レバー30とを有する。
【0016】
そのうち、荷台10は、2つのアーム11と、2つの補助輪12と、フレーム13と、ベース14とを備え、該アーム11は平行に設置され、該補助輪12はアーム11の先端近傍の底部に設置される。尚、前記アーム11と補助輪12との組立構造は、既存の技術であるので、その説明は省略する。
【0017】
前記フレーム13は、前記アーム11の後端上側から斜め上方に向かって延設され、内部に湾曲状の当接部130が設けられ、その上部に接続板131が設けられると共に、底部に当接面が形成され、下方にスペースが形成される。
【0018】
前記ベース14は、接続板131の下方に位置するようにフレーム13に枢設され、底部に2つの車輪140が平行に設置され、両側にそれぞれフレーム13に枢設される連結アーム141が延設される。。
【0019】
図1、図2A、図2Bに示すように、リフト部材20の一端にペダル部21が設置され、該ペダル部21は、先端両側にそれぞれ枢設部材210が延設され、これら枢設部材210の間に軸211が挿設され、該軸211による踏み板212が枢設部材210に枢設される。この方法によれば、該踏み板212を下方に枢転させると、ベース14から突出して使用することができ(図2Aの如く)、或いは該踏み板212を上方に枢転させると、ベース14の内部に収納することが出来る(図2Bの如く)。
【0020】
本考案に係る油圧式パレットトラックを使用する時は、図2Aに示すように、踏み板212を展開してベース14から突出させることにより、踏み板212を踏み込んで操作する。一方、図2Bに示すように、不使用時に油圧式パレットトラックを箱に収納して搬送する場合には、踏み板212を上方に枢転させてベース14の内部に収納することにより、搬送することが簡単になる。
【0021】
尚、図2Cに示すように、リフト部材20のペダル部21は、ベース14から突出する一体成形のプレートであってもよく、使用者が踏み込むことができれば、如何なる形状、構造であってもよい。
【0022】
前記リフト部材20は、中央部が車輪140の間に位置するように、ベース14の下部に枢設され、その他端上側に押上げ部材22が設けられる。尚、この押上げ部材22は、車輪であってもよい。
【0023】
前記の構造によれば、そのリフト部材20における、ベース14から突出するペダル部21を踏み込むことにより、当接部130の下方のスペースに位置する押上げ部材22を当接部130の当接面に当接させながら上昇させることができる。
【0024】
図3乃至図5に示すように、前記油圧装置40は、油圧座41と、バルブ組み42と、主動シリンダ43と、従動シリンダ44と、油供給装置45とを有する。
【0025】
そのうち油圧座41はベース14に設置され、その上面両側にそれぞれ枢設板424が延設されると共に、内部に、第一空間410と、第二空間411と、第三空間412と、介在空間413と、第一装着溝414と、第二装着溝415と、連通孔416と、注入孔417と、シリンダー通路418と、タンク通路419と、油供給路420と、油補充路421とを備える油圧回路が形成される。
【0026】
図4及び図5に示すように、第一装着溝414は、油圧座41の上部に形成され、第一空間410は、一端が第一装着溝414の内側から延出するように、油圧座41の側部に向かって横方向に形成され、また、第一空間410は、油供給路420を介して連通孔416と連通すると共に、油補充路421を介して第一装着溝414の上部まで連通し、その油補充路421は、油圧座41において縦方向に形成され(図5の如く)、第一装着溝414の近傍に階段状の当接肩部が形成される。
【0027】
前記第二装着溝部415は、油圧座41の上部に形成され、通路を介して介在空間413と連通し、前記連通孔416は、第一装着溝414に形成され、油圧座41の上面及び下面を貫通し、前記第二空間411、第三空間412、介在空間413は、油圧座41を横方向に貫通するように形成され、そのうち、介在空間413は、第二空間411と第三空間412との間に位置し、該第二空間411は、シリンダ通路418を介して連通孔416と連通し、該第三空間412は、タンク通路419を介して第一装着溝部414の上面まで連通する。
【0028】
前記バルブ組み42は、油圧座41の第二空間411及び第三空間412に設置され、2つの棒状弁部材422及びボール423を備える。前記2つの棒状弁部材422はそれぞれ、移動可能に第二空間411及び第三空間412に設置され、内端が介在空間413に向かって突出し、外端にばねが周設され、前記ボール423は、移動可能に介在空間413に設置され、1つの棒状弁部材422の一端が加圧レバー30の解放ボタン31に連結される。
【0029】
前記バルブ組み42を使用する時は、ボール423を第二装着溝部415と介在空間413との油圧通路に位置させ、バルブ組み42を一方通行とし、ボール423を第二装着溝部415と介在空間413との油圧通路に位置させれば、バルブ組み42を両方の方向で流れることが出来るとする。尚、このバルブ組み42は、既存の技術であるので、作動原理または作動方式の説明は省略する。
【0030】
前記主動シリンダ43は既存の技術であり、油圧座41の上部における第二装着溝部415に設置され、該第二装着溝部415を介して介在空間413と連通し、主動油圧ロッドを備えるものである。
【0031】
一方、前記従動シリンダ44は、内部に液体を収容するためのタンク440と、従動チューブ441と、従動ロッド442とを備え、該タンク440は、油圧座41の第一装着溝部414に設置され、油圧座41の注入孔417及び油補充路421と連通する。
【0032】
前記従動チューブ441は、油圧座41の底部に取り付けられ、内部空間がシリンダ通路418及び油供給路420と連通し、内部空間に液体が収容される。また、前記リフト部材20は、従動チューブ441の下方に位置すると共に、前記2つの車輪140がそれぞれ従動チューブ441の両側に位置し、前記従動ロッド442は、上下摺動可能にタンク440、油圧座41、従動チューブ441に設置され、その上端は、タンク440の上部から突出して荷台10の接続板131の底面に連結される。
【0033】
図4及び図5に示すように、前記油供給装置45は、第一空間410及び油補充路421に設置され、押圧柱451と、プラグ452、453と、ボール454とを備え、該押圧柱451は逆T字形を呈し、その上端は、第一空間410を超えるように油補充路421に沿って設置され、外周面と油補充路421の壁との間に隙間が形成される。また、前記プラグ452は、押圧柱451の下方に位置し、油補充路421の開口を封止するものである。一方、プラグ453は、第一空間410の開口に詰められて封止され、該ボール454は、移動可能に油補充路421の当接肩部と押圧柱451の上端との間に位置する。
【0034】
前記油供給装置45を使用する時は、タンク440と従動チューブ441との圧力差によって、ボール454を移動させ、ボール454が油補充路421の当接肩部に当接すると、該油補充路421の通路が封止され、一方、ボール454が油補充路421の当接肩部から離れると、油補充路421の通路が解放される。
【0035】
前記加圧レバー30は、既存の技術であり、解放ボタン31を備え、その底端が油圧座41の枢設板424に取り付けられ、且つ主動シリンダ43の主動油圧ロッドに連結され、該解放ボタン31は、バルブ組み42の第三空間412に設置された棒状弁部材422の外端に連結される。
【0036】
図1及び図2Aに示すように、パレットトラックを使用する時は、加圧レバー30を押し下げて主動シリンダ43を駆動させ、荷台10のアーム11によりトラックボード50を上昇させる。
【0037】
また、図3及び図4に示すように、タンク440の液体は、順に、主動シリンダ43及びバルブ組み42により、注入孔417、タンク440、タンク通路419、第三空間412、介在空間413、第二空間411、シリンダ通路418を介して従動チューブ441の内部に注入され、これにより、従動チューブ441の内部の液体が従動ロッド442の底端を押し上げて、荷台10を所定の高さに持ち上げる。
【0038】
そして、加圧レバー30を何度も繰り返して押し下げると、荷台10を所望の高さまで持ち上げることができ、この時、アーム11は、トラックボード50の内部底面に当接されながらトラックボード50を床から上昇させるので、補助輪12及び車輪14によって、簡単にトラックボード50に乗せた物品を搬送することが出来る。
【0039】
図1、図2、図6に示すように、荷台10を早く所望の高さまで上昇させる場合には、リフト部材20のペダル部21を踏み込み、リフト部材20の押上げ部材22を上方へ移動させると、押上げ部材22が荷台10の当接部130に当接すると共に、荷物台10を直接に所望の高さに上昇させる。また、この時、前記荷台10のアーム11は、トラックボード50の底面51に当接しながら、荷台10の接続板131が従動ロッド442に伴なって上昇する。
【0040】
図3乃至図5に示すように、従動ロッド442を上昇すると、従動ロッド442が従動チューブ441に占めた体積は減少するため、従動チューブ441内部の油圧がタンク440内部の油圧より小さくなることから、油補給装置45の油補助通路420側の油圧も油補充路421側の油圧より小さくなる。これにより、油圧がタンク440側からの圧力によりボール454を押して通路を解放し、タンク440内の液体が順に、油補充路421、第一空間410、油供給路420を介して従動チューブ441に流入する。タンク440内部と従動チューブ441内部との油圧をバランスになると、荷台10を上昇させて所望の高さに維持することが出来る。
【0041】
尚、前記の方法によれば、使用者が一回、二回程度加圧レバー30を押し下げると、荷台10のアーム11によるトラックボード50を早く所定の高さまで上昇させることができるので、操作が非常に簡単である。
【0042】
図1及び図4に示すように、荷台10を復位させる場合には、加圧レバー30の解放ボタン31を押せば、解放ボタン31がバルブ組み42を駆動させて第三空間412に位置した棒状弁部材422を移動させ、バルブ組み42の内部の油圧回路を両方の方向で流れることが出来る状態となる。そうすると、従動チューブ441にある液体がタンク440に戻り、従動ロッド442及び荷台10が元の位置に復位する。
【0043】
10 荷台
11 アーム
12 補助輪
13 フレーム
130 当接部
131 接続板
14 ベース
140 車輪
141 連結アーム
20 リフト部材
21 ペダル部
210 枢設部材
211 軸
212 踏み板
22 押上げ部材
30 加圧レバー
31 解放ボタン
40 油圧装置
41 油圧座
410 第一空間
411 第二空間
412 第三空間
413 介在空間
414 第一装着溝部
415 第二装着溝部
416 連通孔
417 注入孔
418 シリンダ通路
419 タンク通路
420 油供給路
42 バルブ組み
420 油供給路
421 油補充路
422 棒状弁部材
423 ボール
424 枢設板
43 主動シリンダ
44 従動シリンダ
440 タンク
441 従動チューブ
442 従動ロッド
45 油補給装置
451 押圧柱
452、453 プラグ
454 ボール
50 トラックボード

(57)【要約】

【課題】足で踏み込むことにより、快速的に上昇可能な油圧式パレットトラックを提供する。【解決手段】内部に当接部130が設けられ、上部に接続板131が設けられるフレーム13と、該接続板の下方に位置するようにフレームに枢設され、底部に2つの車輪を有するベース14とを備える荷台10と、一端にペダル部21が設置され、他端上側における、前記当接部の下方に押上げ部材22が設けられ、中央部が前記ベースの下部に枢設されるリフト部材20と、前記ベースに設置される油圧装置40と、前記油圧装置に枢設され、該油圧装置と連結される加圧レバー30と、を有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):