(54)【考案の名称】ペンダント

(73)【実用新案権者】株式会社 ハイビック

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、貴金属製品の内、ペンダント、ネックレスに該当するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の技術では、ペンダントトップの上部にバチカンを設けるまたは、ペンダントトップに環を設けペンダントチェーンを切断し加工したものをペンダントトップに取り付ける、もしくは、ダイヤモンド等の石とこれを留める地金の石座との空間にペンダントチェーンを通すことによって、ペンダントトップにペンダントチェーンを通してきた。
【0003】

【効果】

【0006】
本考案により、ペンダントトップは中国独楽の様にペンダントチェーン上に乗っかっている状態を維持出来る為、ペンダントチェーン上を滑るように移動することが可能となる。よって身に付けた際に、ペンダントチェーンの留具が首の裏からずれてしまった場合でも、ペンダントトップは自らの荷重により、何時でも同じ位置で安定する効果が得られる。また見た目の表現に関しても、ペンダントトップの側面をペンダントチェーンが通っているので、ペンダントトップとペンダントチェーンの金属色を変えることで2トーンでの色表現を可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】ダイヤモンド等の石を留める前段階の状態を表した図であり、ダイヤモンド等の石を留める為の石座部(1.)、ペンダントチェーンを通すための溝部(2.)、ペンダントチェーンを通した後、ペンダントチェーンからペンダントトップが外れないようにするストッパー(3.)の機構を持つペンダントトップを示した説明図である。
【図2】図1の説明図にペンダントチェーンを通した状態を示す説明図である。

(57)【要約】

【課題】これまで実現できなかった効果と見え方の表現を可能とする、ペンダントトップへのペンダントチェーンの新しい通し方を特徴とするペンダントを提供する。【解決手段】ペンダントトップの側面部全体、もしくは側面部の一部に、ペンダントチェーンが十分に通せる幅と高さを持つ溝2を作製し、ペンダントチェーンをこの溝2に通した状態時にペンダントトップがペンダントチェーンから外れないようにストッパー3を2か所以上に設けたことにより、既存のペンダントトップとペンダントチェーンの通し方とは異なる表現方法と機能を実現している。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):