(54)【考案の名称】レジ袋用手提げ具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【従来の技術】

【0002】
スーパー,量販店などでレジ袋に商品などを入れて持ち運びすると,レジ袋の手掛けがひも,の様に細くなり指に負担が掛かっていた。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
本考案のレジ袋用手提げ具を使用する事で前述の欠点を解決しようとするものである。

【効果】

【0005】
上述の様に本考案のレジ袋用手提げ具を,ケース入れて携帯していれば,いつでもどこでも使用することで大いに役に立つ。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】 本考案アーチ形のレジ袋用手提げ具の平面図
【図2】 1の切断面
【図3】 2の断面図
【図4】 レジ袋用手提げ具の立面図
【図5】 レジ袋と手提げ具の全体図
【図6】 レジ袋用手提げ具ケースの立面図
【図7】 6の切断面

【0007】
以下添付図面に従って説明をする。手提げ具本体は耐久性プラスチックス等適宣素材にて一体化形成されたレジ袋用手提げ具,1はレジ袋手掛け外れ止メ,2はレジ袋手かけ掛け部,3又3aは手提げ具握り部,4は3aと連がる手提げ具の支え,5又6は手提げ具収納ケース蓋,7又8は手提げ具の収納ケース本体で,レジ袋用手提げ具と手提げ具収納ケースを一対とする。
【0008】
1 アーチ形上部両内側
2 レジ袋手かけ掛け床部
3 3と3aは手提げ具握り部
4 3aと連がる手提げ具の支え
5 5と6は収納ケースの蓋
6 同上
7 7と8は手提げ具収納ケース本体

(57)【要約】

【課題】レジ袋の荷を持つ運ぶ際、指に負担をかけず、持ち運び易くしたレジ袋用手提げ具を提供する。【解決手段】床部面と、床部面の両側部から立設する2つの壁部1と、をU字形のアーチとし、各壁部の内側面間に、レジ袋の手掛けが係合する空間を備えアーチの両端部間に支え部材4を設けたことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):