(54)【考案の名称】コマ付ポリ製型枠受具

(51)【国際特許分類】

E04G 17/075

(73)【実用新案権者】株式会社京都スペーサー

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、建築型枠用セパレーターの特に躯体鉄筋のかぶり部分を捩じり切って除去する埋設型のポリ製型枠受具を装着したセパレーターに関する。

【従来の技術】

【0002】
従前、上述のかぶり部分を捩じり切って除去する型のセパレーターは、型枠内面と該セパレーターを捩じり切るくびれ部との間の鋼線が剥き出しのままであると打設された生コンの収縮等の圧力によって生じる摩擦力のために該鋼線部分を捩じり切ることができなくなるのでこれを防止するためにかぶり部分にポリ製型枠受具を装着している。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
上述のごとくセパレーターの切除しようとする鋼線部分は、ポリ製型枠受具で覆われているが、型枠の外部締め付け金具であるホンタイを締め付けると該受具の型枠受部が型枠のコンパネに食い込んでくる。その結果、型枠を解体したときには該受具のコンパネに食い込んだ部分がコンクリート面から突出してしまうためクロス貼り等の内装工事に支障をきたしている。

【効果】

【0006】
本考案によるポリ製型枠受具を使用すれば型枠解体後の該型枠受部のコンクリート外面からの型枠受具の突出が解消され、その後の内装工事に支障をきたすことがない。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】 本考案によるポリ製型枠受具のイメージ図。
【図2】 本考案によるポリ製型枠受具のセット時の断面図。
【図3】 回り止めの突起があるときのセット時の断面図。

【0008】
転造盤による両端部の螺旋加工等所定の加工を終えたセパレーターの鋼線の端部からまずポリ製型枠受具4を押し込み、続いてコマ2を捩じ込んで装着が完了する。
【産業上の利用可能性】
【0009】
本考案によるコマ付ポリ製型枠受具を装着したセパレーターを使用すれば型枠解体後の後処理が容易であり、その後の内装工事でも支障をきたすことがないので産業上の利用価値は大きいと考えられる。
【0010】
1, 外部に向かって広がる勾配
2, コマ
3, 受部
4, 受具本体
5, 孔加工部
6, セパレーターの撤去部分
7, ワッシャー
8, ホンタイ
9, クビレ部
10,螺旋加工部
11,型枠のコンパネ
12,回り止め突起
13,溝加工

(57)【要約】

【課題】型枠の外部締め付け金具であるホンタイを締め付けることで、セパレーターの埋設型の型枠受具が型枠のコンパネに食い込み、型枠を解体したとき食い込み部分がコンクリート外面から突出することにより、クロス貼りなどの内装工事において支障をきたすため、この突出部を簡単に撤去できるコマ付ポリ製型枠受具を提供する。【解決手段】コンパネ11に食い込む深さと同じかそれより若干厚く外周面が外部に向かって広がる勾配を成すリング状のコマ2を型枠受具4の外部に向かって狭くなる勾配を成す型枠接触面3に重ねた構造とした上で施工し、型枠解体後にコマを撤去する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):